岩波ブックレット<br> 裁量労働制はなぜ危険か―「働き方改革」の闇

個数:

岩波ブックレット
裁量労働制はなぜ危険か―「働き方改革」の闇

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月16日 05時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002709802
  • NDC分類 366.32
  • Cコード C0336

内容説明

長時間労働の是正は絵に描いた餅に?「高度プロフェッショナル制度」にくらべ、世間でほとんど知られていない「裁量労働制」の大幅規制緩和が、「働き方改革」の本丸だ。「残業代不払いの最後の砦」となっている同制度について、運用実態をもとに警鐘を鳴らす。法的権利行使のための労働相談対応マニュアル、あなたの働き方を点検するためのチェックシートも掲載。

目次

第1章 「働き方改革」と裁量労働制
第2章 裁量労働制とは何か―法的観点から
第3章 裁量労働制の何が問題か?
第4章 裁量労働制の運用と労働組合
第5章 裁量労働制の労働相談対応マニュアル

著者等紹介

今野晴貴[コンノハルキ]
1983年生まれ。NPO法人POSSE代表、ブラック企業対策プロジェクト共同代表。著書に『ブラック企業―日本を食いつぶす妖怪』(文春新書、大佛次郎論壇賞)など

嶋〓量[シマサキチカラ]
1975年生まれ。弁護士。神奈川総合法律事務所所属。日本労働弁護団常任幹事、ブラック企業対策弁護団副事務局長、ブラック企業対策プロジェクト事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現在進められている「働き方改革」の本丸である「裁量労働制」大幅規制緩和の危険性を、その目的、法律と裁判例、運用実態から解説。法的権利行使のためのマニュアルとチェックリストを付す決定版。