• ポイントキャンペーン

いま、教育基本法を読む―歴史・争点・再発見

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000221269
  • NDC分類 373.2
  • Cコード C0037

出版社内容情報

改憲論と連動しながら,いま初めて本格的な「改正」論議の対象となっている教育基本法.そこには何が書かれ,何が争点となっているのか.今日の子どもと学校の深刻な状況と重ねながら,その積極的な価値を照らし出す.

内容説明

戦後教育の基本理念をうたった教育基本法が、いま改憲論と連動しながら、初めて本格的な「改正」論議の対象となっている。全11条からなるこの法律には何が書かれ、何が争点となっているのか。制定時とその後の議論をふり返り、今日の子どもと学校の深刻な状況を見すえながら、これからの地球時代におけるその積極的な価値を照らし出す。

目次

地球時代を拓く
第1部 教育改革と教育基本法(教育基本法「改正」をめぐる状況;戦後改革と教育基本法;戦後史の中の教育基本法)
第2部 教育基本法とはどんな法律か(はじめに―三つの視点;教育基本法をどう読むか―逐条解説)
教育基本法を生かす教育改革を

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Takao

4
2002年12月18日発行(2003年2月14日、第2刷)。2002年11月14日、中央教育審議会が「教育基本法改正」の中間報告を出したことを受けての緊急出版。2003年3月20日には答申が出された。序章「地球時代を拓く」、第1部「教育改革と教育基本法」、第2部「教育基本法はどんな法律か」、終章「教育基本法を生かす教育改革を」という構成。第1部までは書き込みをしながら読んだ形跡があるが、最後まで読み終えずにいた。教育基本法が「改悪」されて10年、あらためて基本法の理念に立ち返ってみたい。2016/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/654119

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。