水の家系第27代陰陽師 指南 念

個数:1
紙書籍版価格
¥1,870
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

水の家系第27代陰陽師 指南 念

  • 著者名:安倍成道【著】
  • 価格 ¥1,496(本体¥1,360)
  • アールズ出版(2018/11発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 325pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784862042798

ファイル: /

内容説明

念の専門家、正統・陰陽師による“念の指南書”です。
人の欲が生みだす「念」には、あなたの願いを実現させる力強い念もあれば、出口が見えない迷路へと導く困った念や、悩み、もがき、あなたが苦悩の底へおちる怖い念もあります。そして知らぬ間に悪意を宿して他者に向けて飛んでいくびっくりするような念もあります。さらに、特定の相手を意図して攻撃する念(呪い)の存在も……。
人の心が生みおとす念の不可思議な世界と向き合って千有余年。念の専門家である陰陽師がそのすべてを解き明かす注目の書です。念の仕組みはもとより、念の姿かたち、さまざまな念が織りなすとりどりの光景を読者に届けます。また念に秘められた驚くべきパワーの源泉がどこにあるかをひも解きます。
そしてなによりも、わたしたちが、日々生きていくうえで、夢や願いを叶える念をもつためにはどうしたらよいのかを考えます。心を迷わす念にどう対処したらいいのでしょう。あなたを翻弄する荒ぶる念をどう抑え、鎮めたらよいのでしょうか。
本書は始祖・安倍清明に発する正統、陰陽師の手によって初めて明らかにされる、念の取り扱いの書、いわば“念のトリセツ”です。

目次

プロローグ 念の不思議な世界
夢を叶える念、迷路へ誘いこむ念、苦悩を与える念/念の形と色の話/念は他者に向かって飛ぶことがある
/ファン五万人の念を一身に受けとめるアーティスト/念を身近な存在としてセンシティブにとらえる日本人/その悩みの根っこにあなたが気づかない念の存在が……/陰陽師が「念の専門家」である理由/行き場のない欲望が念となって人の心を悩ませる/「思えば、叶う」──念の基本的な理
1章 念のしくみと念に宿るパワーの秘密
■あなたの「願い」と「御度」のふたつが「念」をつくる
念を理解するためにまず御度について知ろう/あなたの願いが念の方向を定め、あなたの御度が念に宿るパワーを決める
■御度はこんな場面で計り知れない力を発揮する
針の穴に糸を通すとき御度がはたす役割/一流の職人は御度のパワーを使って身体と道具を一体にする/ターゲットを見つけた瞬間に攻撃を開始した女詐欺師の念/御度のパワーが間違った方向に作用すると罪を犯すことも/「感動した!」と声を挙げるときあなたの御度になにが起きる?/人を生かしもすれば殺しもする「大衆の念」
■異能者の御度と念の特殊な使い方
念を伸ばして相手の思考を読みとるテレパス/超能力を可能にするのは御度と念のこんな動き/陰陽師は御度を自在に操り、念に高めて術をなす
2章 念をもてない人、念の暴走を招く人
■御度が薄いと念をもつことができない
草食系男子は御度の色が薄い?/御度は色濃いときもあれば、薄くなるときもある/引きこもり七年で御度を霞のように薄くした青年の話/薄い御度を色濃く変える方法
■心から望むものに目をむけないと雑念に迷い、妄念が育つ
念の変化に気づかぬまま不倫へ走った女性の話/心の奥底でひっそり育まれる本来の念/不倫相手に執着する妄念が暴走した理由/妄念や怨念だけでなく「生霊」を飛ばしていたら……
■パワフルな御度をもつと念のコントロールがむずかしい
自殺した父親の“最期の真実”を知りたいと願う母娘の思い/力強い御度をもつ人が“初志”を見失うとき
■憤怒の激情が生みだす怨念の底知れぬパワー
「人を殺しに行く」といって鑑定室を訪れた男性の話/父親の怨念を押しとどめた幼子の一念/怨念に火をつけた荒ぶる御度に静けさが戻るとき
3章 あなたの「願い」がなかなか実現しない理由
■「思えば、叶う」は、ほんとうか?
目で見ることができなくても、あなたは御度を感じている /「思えば、叶う」──。裏を返すと、「思わざれば、叶わず」/夢に近づけない人にはそれなりのワケがある
■衰弱した御度の回復術を知らないと負のスパイラルに陥って、念は消えていく
御度が極端に薄く巡りが悪いと念の元になる欲が生まれない/どんなに御度が弱っても回復すれば念はかならず育つ/「どうしたんだろう……。やる気が出ない……」/あなたの御度が外部へ失われるとき/御度が弱まるとネガティブなエネルギーに対抗できません/自然の御度はあなたにどんどん入るが、出ていくのも早い
■御度を集中させる技術が未熟だと御度の力が念に宿らず、夢は叶うことなく念は霧散する
いわゆる集中力ってなんだ?/御度を正しく集中させるとあなたの集中力は未体験ゾーンに/御度の集中レベルを間違うと苦手意識が生まれる
■人は御度を宿すべき芯念を見失いやすく、ときに御度を雑念に宿し、振り回される
だれもが欲求をたくさん抱えている/いちばん優先順位の高い欲求はどれですか?/快感が生み出す「もっと……」が、雑念に宿る御度をさらに活気づける/さまざまな雑念に埋もれる芯念に目を向けよう
■負の感情が御度に爆発的なエネルギーを与えるとき、念のパワーはMAXになる
怒りや屈辱、苦痛などの負の感情に御度が敏感に反応する理由/激しい感情が消えるとき、並外れたパワーを発揮した御度も消失する/御度の爆発的なパワーが芯念に宿るとき奇跡が起きる/激しい負の感情を心に溜めることができないと、念の暴走がはじまる
4章 あなたの念を強化するヒント
■念を強化するヒントは陰陽師の「術」にあり
陰陽師は「欲」が生みだす念にどう対処してきたか/念はコントロールして育むもの/あなたの心の奥底にある「欲」を肯定しよう
■心の奥底にある本来の欲求──「芯念」を知る
あなたが心奥望んでいるものはなんだろう!?/芯念にたどり着くコツ/心の奥底に眠る「芯念」に気がつくと錯綜する雑念から開放される
■夢の実現に一歩ずつ近づくために
たんなる計画を「念入りな計画」に変える方法/会社に宿る念をパワーアップする方法/後付けでOK。会社の理念がなぜ大切か
■恋の願望を成就させるために
恋に落ちると、御度が動く/御度の色が同色系だと相性がよい?/反対色同士のペアがいい関係をつくるには/相性よりももっと大切なこと
■御度の運びをよくするために
季節の巡りに合わせてよい御度を招き入れよう/自然石を使って御度の外部流出を防ぐ
「浄化」とはあなたの御度を健全に保つ環境を整えること
呪詛を祓う/寺と神社が果たす浄化装置としての役割/がんじがらめで身動きが取れないと感じたら/憑かれやすい体質を変えよう
■念のパワーを最大限まで高める呪術的「念の強化法」
贄の発想/御度や念を溜めやすい動物を活用する
5章 念トレで心と身体を整えよう
■陰陽師の修行に学ぶ念と御度
霊的な感性は修行によって高まる/守護霊・三代目成道から受け継いだもの/陰陽師の修行は御度を見るところからはじまった
■御度を感じる感性を磨こう
日々の積み重ねがあなたの人生を好転させる/《念トレ1》御度を感じるトレーニング/《念トレ2》御度を動かすトレーニング/《念トレ3》御度を回すトレーニング/《念トレ4》御度を一カ所に留めるトレーニング
■あなたもきっと御度が見えるようになる!
《念トレ5》手かざしで自分の御度を見てみよう/《念トレ6》陰陽師の修行「水鏡」に挑戦してみよう
■弱った御度を活性化させる方法
《念トレ7》波呼吸を身につけよう
■あなたの念を強化する日常的なトレーニン
《念トレ8》言葉の力を使ってあなた自身に「呪」をかけてみよう
■あなた本来の念を知り、念の暴走を防ぐトレーニング
《念トレ9》「御度日記」があなたの芯念を教えてくれる
6章 あなたを襲う生霊と呪いから身を守る方法
■攻撃的な負のエネルギーにどう対処するか
「呪い」とは念に悪意をこめて意図的に飛ばすこと/念に似て非なるもの──「生霊」とはなんだろう
■生霊を飛ばしやすい人、生霊が憑きやすい人
生霊を何度も飛ばすと魂は傷だらけ/「生成り」になりかけた女性の話/霊の意のままに操られる恐怖
■生霊をやみくもに恐れる必要はない
生霊の実害を受けるのは生霊を憑けた人の二割/生霊を憑けることでカリスマ性が増すことも/霊と無縁でいられるのは一〇人に一人
■殺意をもつ生霊は除霊する以外に道なし
死霊には消霊を施し、生霊はガラス瓶に封じこめる/左肩の上で生霊が企んだこと/生霊の約八割が女性。より危険なのは男性の生霊
■霊にとり憑かれないために
霊を受け入れにくい、霊を引き寄せない体質づくり/霊を引き寄せやすいモノを身近においていませんか?/生霊や死霊、攻撃的な念からあなたを守るモノ/霊をはね返す術法具──陰陽道一〇〇〇年の知恵
■呪いがあなたを襲うとき
陰陽道の呪術「藁呪業式神」から生まれた「丑の刻参り」/屋根裏にそっと置かれた“呪いの小箱”/贄が呪いの力を強大にする/時間と生死を超越する呪力のパワー/山岳宗教系の呪術「蠱毒」に狙われた一家/呪いを打ち破って呪詛の報いを受けさせる
エピローグ 想念の話
耳元に響いた切迫した声/想念を受けとったら感謝の気持ちを伝えよう
あとがきにかえて