紀伊國屋書店
HOMEENGLISH
紀伊國屋書店新宿本店
店頭在庫検索 

三 十

沼 野 充 義

世 界 文 学 の 現 在 と 未 来

テーマをクリック! 関連書籍リストにリンクしています。
トップページ
沼野充義さんエッセイ「世界なんて知らないよ、という前に」
沼野充義さんプロフィール
「世界文学の現在と未来」
1.小さな場所から2.越境・亡命・多言語3.騒がしく痛ましい20世紀4.21世紀にむけて想像力を鍛える番外
<現代文芸論>研究室の創設について
じんぶんやバックナンバー

※アメリカやフランスの売れ筋の人気作家はあえて入れませんでした。
いろんな地域の文学を一冊ずつご紹介します。

1.小さな場所から

僕とおばあさんとイリコとイラリオン 僕とおばあさんとイリコとイラリオン

ノダル・ドゥンバゼ【著】、児島康宏【訳・解説】
未知谷(2004-03-10出版)
ISBN:9784896420951

〔グルジア〕

コーカサスの小国、グルジアの人気作家による、愉快で抒情的な小説。おそらく日本で初めて、グルジア語の原典から翻訳された文学作品である。幼年時代から初恋まで。懐かしさにむせかえりそうな世界がここにある。この作品を読んでグルジアが好きにならない人がいるとは思えない。

チェゲムのサンドロおじさん チェゲムのサンドロおじさん

ファジリ・イスカンデル【著】、浦 雅春、安岡治子【訳】
国書刊行会(2002-01-25出版)
ISBN:9784336039576

〔アブハジア〕

コーカサスの小国グルジアの、そのまた中にあるもっと小さい国アブハジアを舞台にした、愉快で豪快で牧歌的で(少し政治の不吉な影も感じられる)一大叙事詩的連作小説。イスカンデルはコーカサスのガルシア=マルケスなどとも言われる。どうしてノーベル賞が授与されないのか、不思議でならない。大好きな作家の、すばらしい翻訳です(本当は自分も翻訳に加わりたかったのだけれども……)。

誰がドルンチナを連れ戻したか 誰がドルンチナを連れ戻したか

イスマイル・カダレ【著】、平岡 敦【訳】
白水社(1994-01-25出版)
ISBN:9784560043172

〔アルバニア〕

中世アルバニアを舞台にし、死んだ恋人が甦るという伝説のモチーフを使った幻想的小説。東西両陣営にはさまれた小国アルバニアの運命を寓意的に描いた政治小説とも、推理小説とも、ユートピア小説とも読める。カダレは小国アルバニアが生んだ大作家で、国際ブッカー賞受賞、主要著作はすべてフランス語に訳されている。

ミゲル・ストリート ミゲル・ストリート

V・S・ナイポール【著】、小沢自然・小野正嗣【訳】
岩波書店(2005-02-24出版)
ISBN:9784000022088

〔西インド諸島=イギリス〕

カリブ海の小島トリニダード出身のノーベル賞作家、ナイポールが世に出る前に、最初に書き上げた作品。ナイポールは後に、西側に身を置くかのようにして第三世界を厳しく批判するようになり、その姿勢はどうも好きになれないのだが、この作品において、彼は様々な人種が触れあい交差する文明の「周縁」の島で過ごした、貧しくも豊かな時間を魔法のように蘇えらせている。いまでもとれたての果実のように新鮮な作品だ。

マンゴー通り、ときどきさよなら マンゴー通り、ときどきさよなら

サンドラ・シスネロス【著】、くぼたのぞみ【訳】
晶文社(1996-10-20出版)
ISBN:9784794962843

〔チカノ〕

シスネロスはシカゴ育ちのチカーナ(メキシコ系アメリカ人)作家。詩人でもあるが、『マンゴー通り、ときどきさよなら』は、彼女の名前を決定的に有名にした最初の長編(というか、実質的には連作短編集)だ。スペイン語を話す貧しい移民たちの住む街を舞台に、精一杯生きようとする多感な少女エスペランサの視点から、この街に生きる人々の夢と挫折と希望をみずみずしく描き出している。設定といい、雰囲気といい、ナイポールの『ミゲル・ストリート』に似ているのは、やはりどちらの作品も「最初の輝き」を発しているからだろうか。

コーヒーの水 コーヒーの水

ラファエル・コンフィアン【著】、塚本昌則【訳】
紀伊國屋書店(1999-10-20出版)
ISBN:9784314008570

〔マルチニック〕

マルチニック島出身のクレオール文学の旗手によるマジック・リアリズム的長編。「コーヒーの水」と呼ばれる勝気な女性、海から生まれたのではないかと思われる謎の美少女などを中心に、熱く、混沌とした豊穣な物語世界が展開して圧倒的。訳文も見事。クレオールとは一般に、植民地で現地語と植民者の言語が混成してできた言語だが、カリブ海地域を中心としたフランス系クレオール文学が最近ではよく知られるようになり、フランス文学の「カノン」(正典目録)を揺さぶっている。コンフィアンには、シャモワゾーと共著で、クレオール文学の歴史を三百年以上にわたって振り返った『クレオールとは何か』(邦訳は西谷修訳、平凡社)というたいへんいい概説書もある。

ブルーリア ブルーリア

ダヴッド・シャハル【著】、母袋夏生【訳】
国書刊行会(1998-10-20出版)
ISBN:9784336040275

〔イスラエル〕

イェルサレムを舞台とした、静かなリリシズムとそこはかとないユーモアをたたえながら、存在そのものの奇妙さに迫るような力がある短編集。深夜の精神病院で出会った謎めいた女性患者、「小さな神」と呼ばれていた変人、両親の夫婦喧嘩のせいでいたたまれなくなった真夜中に家を飛び出した少年……。いずれも一読忘れがたい。ちなみにシャハルは「イスラエルのプルースト」とも呼ばれるほどフランスで高く評価されている作家だという。


2.越境・亡命・多言語

かばん かばん

セルゲイ・ドナートヴィチ・ドヴラートフ【著】、ペトロフ=守屋 愛【訳】
成文社(2000-12-25出版)
ISBN:9784915730276

〔ロシア=アメリカ〕

旧ソ連レニングラードで育ち、アメリカに亡命、ニューヨークで惜しくも若くして亡くなった、わが偏愛する作家、ドヴラートフの代表作。亡命の際に「かばん」に詰めて持ち出した品物の一つ一つの由来を説明する連作短編集になっている。いずれも繊細なユーモアとアイロニー、そして飄々たる感じがとても懐かしく、読んでいると笑いたくなったり、泣きたくなったりする。

ロリータ
ロリータ(文庫版)
『ロリータ』

ウラジーミル・ナボコフ【著】、若島 正【訳】

単行本
新潮社(2005-11-30出版)
ISBN:9784105056056

文庫
新潮社(2006-11-01出版)
ISBN:9784102105023

〔ロシア=アメリカ〕

いわずと知れた英露バイリンガル作家にして言葉の魔術師、ナボコフが英語で書いた代表作。ナボコフの文章を読みぬいた若島正の新訳のおかげで、ロリータが現代的な少女として生き生きとよみがえった。「ロリコン」の元祖くらいにしかこの作品のことを知らない読者は、ともかくこの本を手にとって、ナボコフの言葉の技に感嘆してほしい。同じナボコフがロシア語で書いた長編の最高峰『賜物』も、ロシア語からいい新訳が早く出ないものか。

トランス=アトランティック トランス=アトランティック

ヴィトルド・ゴンブローヴィッチ【著】、西 成彦【訳】
国書刊行会(2004-09-30出版)
ISBN:9784336035943

〔ポーランド=アルゼンチン〕

20世紀ポーランドが生んだ鬼才ゴンブローヴィチが、アルゼンチンの亡命時代に書いた長編。ゴンブローヴィチの作品の中でも一番大胆な実験的文体で書かれており、ほとんど翻訳不可能と思われたが、原著者と同じくらいユニークな思想家である訳者がその文体に肉薄し、亡命と言語をめぐる恐怖と笑いのドラマが日本語で動き出す。

シカゴ育ち シカゴ育ち

ステュアート・ダイベック【著】、柴田元幸【訳】
白水社(2003-07出版)
ISBN:9784560071434

〔ポーランド系アメリカ〕

「ウィンディ・シティ」(風の町)シカゴに、風に吹かれるようにしては集まり、また散って行く様々な移民たちの織りなす、多彩でちょっと物悲しい人生模様を浮かび上がらせる短編集。決して帰れない故郷オデッサの市街図を壁にはっている老ロシア人教師。世界中を放浪して歩いてきたポーランド人の「ジャ=ジャ」(おじいちゃん)。眠りながら笑い声をあげるギリシャ系の女の子……。翻訳の巨匠、柴田元幸の仕事は多すぎてとてもフォローしきれないが、アメリカでもさほど有名ではないこの作家を発見したことは、彼の大きな手柄の一つだと思う。

book 救われた舌―ある青春の物語

エリアス・カネッティ【著】、岩田行一【訳】
法政大学出版局(1981-10出版)
ISBN:9784588120466

〔東欧ユダヤ〕

エリアス・カネッティはユダヤ系の多言語性と越境性を一身に背負った作家である。セファルディ(スペイン系ユダヤ人)の血を引き、ブルガリアに生まれ、ウィーンに学び、ロンドンに移住してイギリス市民権を取りながら、ドイツ語で書き続け、晩年はチューリッヒで暮らした。ラディノ語、ブルガリア語、英独仏語に通じていた。『救われた舌』はこの稀有の「世界市民」がいかに形成されたか、その原点を探るかのように幼時から青年期までを回想したもの。「舌」は文字通り、危うく切り取られそうになった物理的な意味での器官であると同時に、コトバそのもののことでもある。

悪童日記 悪童日記

アゴタ・クリストフ【著】、堀 茂樹【訳】
早川書房(2001-05-31出版)
ISBN:9784151200021

〔ハンガリー=スイス〕

アゴタ・クリストフはハンガリー人女性だが、1956年にハンガリー動乱を逃れ、乳飲み子を連れて亡命した。そして、スイスに住んで働きながらフランス語を習得し、この作品でデビューしてセンセーションを呼んだ。双子の兄弟「ぼくら」が、まるで作文の練習のようなたどたどしい文体で綴ったこの「日記」は、戦時下に疎開して、そこで悪に直面しながら非情に生き延びていく姿を浮き彫りにする。しかし、謎めいた部分が多く残され、それは続編の『ふたりの証拠』『第三の嘘』で解明されていく。亡命者が亡命後、執筆言語を切り替えて母語以外の外国語で作品を書く、というのは、じつは多くの場合、恵まれたインテリの場合だが(ナボコフ、クンデラなど)、クリストフはその対極のケースといえるだろう。

移民たち―四つの長い物語 移民たち―四つの長い物語

W・G・ゼーバルト【著】、鈴木仁子【訳】
白水社(2005-10-10出版)
ISBN:9784560027295

〔ドイツ=イギリス〕

ゼーバルトはドイツ生まれだが、20代でイギリスに渡り、そこで大学教師をしながら小説をドイツ語で書き続けた。2001年、57歳の若さで交通事故のせいで急逝、作家本来の可能性を出し尽くさずに亡くなってしまった感があるが、それでも残された作品を見ると、20世紀末にもっともよい小説を書いていた一人だということがわかる。長編『アウステルリッツ』でも、4人の登場人物の生を追った『移民たち』でも、写真や記事、メモといった小道具が多用され、フィクションとノンフィクションの間の境界も曖昧しながら、主人公たちは越境を続ける。知的に構築された文章は必ずしもとっつきやすいものではないが、鈴木仁子さんの訳文は見事で、きっと原文と同じくらいの水準なのだろうな、と思ってしまう。

容疑者の夜行列車 容疑者の夜行列車

多和田葉子【著】
青土社(2002-07-07出版)
ISBN:9784791759736

〔日本=ドイツ〕

多和田葉子はドイツに住み、日本語とドイツ語の両方で創作をするバイリンガル作家である。そして世界中を飛び回って朗読やパフォーマンスを行い、「エクソフォニー」(母語の外に出る旅)を精力的に実践してきた。長編『容疑者の夜行列車』の主人公「あなた」もまた、「永遠の乗車券」を持って「雲や水のように、土地から土地へと流れ」ていく。「みんな、ここにいながら、ここにいないまま、それぞれ、ばらばらに走っていくんです」。現代の人間のあり方、小説のあり方の本質をついた小さな傑作。

←BACK NEXT→


back
Copyright by KINOKUNIYA COMPANY LTD.