福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書

個数:
  • 電書あり

福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書

  • ウェブストアに在庫がございます。通常2-3日以内に発送いたします。
    ※在庫情報は、前日の営業終了時のものです。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合がございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、2-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B5判/ページ数 403p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784799311585
  • NDC分類 543.5

目次

第1部 事故・被害の経緯(福島第一原子力発電所の被災直後からの対応;環境中に放出された放射性物質の影響とその対応)
第2部 原発事故への対応(官邸における原子力災害への対応;リスクコミュニケーション;現地における原子力災害への対応)
第3部 歴史的・構造的要因の分析(原子力安全のための技術的思想;福島原発事故にかかわる原子力安全規制の課題;安全規制のガバナンス;「安全神話」の社会的背景)
第4部 グローバル・コンテクスト(核セキュリティへのインプリケーション;原子力安全レジームの中の日本;原発事故対応をめぐる日米関係;福島第一原発事故の教訓―復元力をめざして)

出版社内容情報

2/28、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)が発表し、大きな反響を呼んだ「調査・検証報告書」
を緊急出版!当初非売品として限定部数作成されたが、「国民の視点からの検証」という報告書の性質上、
広く世に届けたいとディスカヴァーからの発売が決定。
【内容より】「平行連鎖原災」「防護服姿の作業員はみな、顔面蒼白だった」「最悪シナリオの公表」
「SPEEDI公表の遅れ」「安全をダメにした安全神話」「安全規制ガバナンス」など