アメリカの伝統行事、サンクスギビングを美味しく楽しむ






ハロウィーンが終わって一息つく暇もなく、サンクスギビング、クリスマス(ハヌカ)と、ホリデーシーズンに突入していくアメリカの秋から初冬。さて、次なる祝日、サンクスギビングの由来は意外と知られていないものです。

1620年の11月、メイフラワー号に乗った清教徒が、祖国イギリスから2ヶ月余りの厳しい航海を経てアメリカ大陸(今のマサチューセッツ州プリムス)に、渡ってきた初めての年。新天地を求めてやってきた一団を待ち受けていたのは、厳しい初めての冬でした。食べるものにも困った一団に、食糧を分け与え、農作物の種を譲って作り方を伝授したり、大自然の暮らしの様々なノウハウを教えたのは先住民であるネイティブ・アメリカンでした。春がくるまでに半数の仲間を失いながらも、清教徒たちは、先住民にならって勤勉に働き、翌年1621年の11月に、お世話になったネイティブ・アメリカンたちを招いて、初めて収穫した作物や山で獲った野生の七面鳥(ターキー)、そしてタラやマスなど、近くの海の幸を食卓に載せてお祝いの席を開き、友人と神の恵みに感謝(サンクスギビング)した、という史実よるものです。

今では、毎年11月の第4土曜日がサンクスギビングデーの祝日とされ、アメリカ人は家族や親しい友人と、ご馳走を囲みます。この日に併せて全米で繰り広げられる帰省ラッシュに、伝統メニューにのっとったご馳走作り…と、どこか日本のお正月を思わせる盛り上がりをみせます。

この日に誰しもがこだわるのは「サンクスギビング・ディナー」と呼ばれる伝統のご馳走。その家に伝わる味があり、「スタッフィングは何をいれる?」「グレービーの味付けは?」「うちの定番は…」と、日頃はあまり料理にこだわらないような人でも、この日ばかりは大変な力の入れよう。そして、何は無くても主役はターキーのロースト!ということで、冷凍ターキーの解凍方法から段取りまで電話一本でアドバイスしてくれる「ターキーお助けダイアル」なども開設されます。そして、家庭の味の出しどころは「スタッフィング」という詰め物。甘酸っぱいクランベリーのソースや、ヤム芋の甘露煮、サイドディッシュの季節の野菜料理、そして締めくくりにはパンプキン・パイ、といったところが一通りの基本。さらにほとんどの場合、お客さまを招くディナーになるので、定番に加えてちょっとしたパーティーメニューも必要です。

そんなことで、今並んでいるアメリカのマガジンはサンクスギビング・ディナーのアイディアでいっぱい。失敗なしのターキー、美味しすぎるグレービー、後で楽々段取り裏ワザ、究極のディナ-・レシピ、そして低脂肪のご馳走レシピ&メニュー作り…と、男性・女性にかかわらず料理を担当する人の心をぐっと掴んで離さないタイトルが、どーんと見事に黄金に輝くターキーの写真とともに表紙を飾ります。どれも編集部が一年かけて考えた力作揃い。保存版として取って置く価値も大アリです。最近では日本でも、おしゃれなスーパーに冷凍ターキーが並ぶようにもなってきています。工夫次第でチキンに応用してみたり、レシピを一つだけでもトライしてみればサンクスギビング気分が盛り上ります。

ここで耳よりの速報をひとつ。ディナーは大抵午後からですが、この日の朝9時(東部時間)からニューヨークはブロードウェイを巨大な風船が練り歩く「メイシーズ・サンクスギビング・パレード」の放送がはじまります。丁度お節料理を作りながら見る紅白のように、この放送をみながらターキーの焼き具合や、料理の整い具合を計るというのも伝統の一つになっているようです。

そしてこの祝宴とともにはじまるのが、「ホリデー・シーズン」。クリスマス(ユダヤ教のハヌカ)からニューイヤーズ・デーに続く、一年でもっとも華やぐ季節の到来です。ほとんどの雑誌では、ホリデー企画と銘打って、サンクスギビング&クリスマスのアイディアが満載されていますので、お楽しみに。

楽しさいっぱいの海外イベント、今年はみなさんもご家庭で一緒に楽しんでみませんか?