【新宿本店】 『12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと』(光文社新書)刊行記念 モカさん・高野真吾さん トーク&サイン会(2019年5月8日)

『12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと』(光文社新書)刊行記念
モカさん・高野真吾さん トーク&サイン会

12階から飛び降りて_書影RGB.jpg
     日  時|2019年5月8日(水)  19:00開始 18:40開場

     会  場|紀伊國屋書店新宿本店9階 イベントスペース

     参加方法|参加には整理券(先着30名)が必要です。

     対象書籍|『12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと』(光文社新書 税込993円)

     ※今回のイベントは、なるべく多くのお客様にご覧いただけるようお席の数を減らし、立ち見でのご案内もできるようにしております。ご了承くださいませ。

     ※整理券はお1人様1枚までとさせていただきます。

      ※整理券の数には限りがございます。なくなり次第、配布を終了させていただきます。

【整理券受付】
○店頭配布:4月16日(火)10:00より2階レジカウンターにて、『12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと』(光文社新書 税込993円)をお買い上げの方に整理券をお渡しします。
○電話予約:お電話でのご予約は残部がある場合に限り4月17日(水)10:00より承ります。
2階売場直通TEL:03-3354-5702(10:00-21:00)

お電話で予約されたお客様はイベント当日までに2階レジカウンターで『12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと』(光文社新書 税込993円)をお買い上げのうえ整理券をお受け取りください。

※当店に繋がる他の電話番号にかけられても整理券のご予約は承れませんのでご注意下さい。
※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。




【プロフィール】
モカ
1986年東京都生まれ。経営者、漫画家、元男性のトランスジェンダー。幼少期から性別への違和感を抱え、10代半ばから東京・新宿二丁目に出入りする。銀座ホステス、ウェブデザイン制作会社勤務を経て、2007年に女装イベント「プロパガンダ」創設。日本最大規模の女装イベントに育て、年収1千万円を超す。女装バーを複数経営するなど仕事面では順調だったが、躁鬱病が悪化。2015年秋、マンション屋上から飛び降りる。奇跡的に生還後は、社会への「貢献」を意識し、以後600人以上の人に無償でお悩み相談をしている。

高野真吾
1976年埼玉県生まれ。朝日新聞記者。オピニオン編集部や経済部などで勤務。
デジタル編集部時代の2018年2月、モカさんの半生を朝日新聞社のニュースサイト「withnews」で連載。その後も取材を続ける。



*定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。終了のご案内は当HPおよびツイッターにて速やかに行います。
*ご入場の際はお並び頂いた方からご案内いたします。
*席は自由席になります。
*トーク終了後、サイン会を開催いたします。参加ご希望の方は、当日は整理券と一緒に『12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと』をお持ちくださいませ。
*イベント会場での撮影・録音は一切お断り致します。
*お電話でご予約のお客様が不参加の場合、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。

2019.04.15 イベントに行こう  東京 関東