【新宿本店】 「少女のための性の話」(ミツイパブリッシング)刊行記念 三砂ちづるさんトーク&サイン会(2018年8月23日)

『少女のための性の話』(ミツイパブリッシング)刊行を記念して
三砂ちづるさんトーク&サイン会を開催致します。


ミツイパブリッシング.jpg


毎月の生理、恋愛、パートナー選び、妊娠・出産から性感染症や生殖技術のこと。親や学校も伝えにくい性の話を、国際母子保健の専門家であり、女子大で教鞭をとる三砂ちづるがわかりやすく伝えます。あふれる情報の中で、本当に必要な性の話を中高生や保護者向けに、お話しします。女の子としての自己肯定感を育む性教育のお話です。

日 時|2018年8月23日(木) 14:00開演  13:30開場

会 場|紀伊國屋書店新宿本店9階イベントスペース

参加料|◆500円

受 付|8月2日(木)午前10時よりお電話にてご予約を受付いたします。(先着50名様)



ご予約電話番号:03-3354-0131
新宿本店代表番号(10:00~21:00)

※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。


★プロフィール★

web用.jpg
鈴木俊介撮影

三砂 ちづる(みさご ちづる)
1958年山口県生まれ。兵庫県西宮育ち。 津田塾大学国際関係学科教授、作家。京都薬科大学卒業、ロンドン大学Ph.D.(疫学)。ロンドン大学衛生熱帯医学院リサーチ・フェロー、JICAの疫学専門家として約15年間、疫学研究を続けながら国際協力活動に携わる。著書に『昔の女性はできていた』(宝島文庫)、『きものは、からだにとてもいい』(講談社+α文庫)、『女が女になること』(藤原書店)、『死にゆく人のかたわらで』(幻冬舎)、『五感を育てるおむつなし育児』(主婦の友社)他多数。


◆注意事項◆

*お席は当日お並び頂いた順にご案内いたします。
*定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
*トーク終了後、サイン会を開催いたします。
『少女のための性の話』(発行ミツイパブリッシング/発売トランスビュー)税込み1,836円を
   6階又は当日会場でご購入の方にご参加頂けます。

*イベント会場での録音は一切お断り致します。
*お電話でご予約のお客様が不参加の場合、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。

少女のための性の話

少女のための性の話

三砂ちづる / ミツイパブリッシング
2018/05出版
ISBN : 9784907364090
価格:¥1,836(本体¥1,700)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

生理なんて来なくていい? 誰とでも寝ていいの? 避妊はどうして必要?
恋愛、パートナー選び、妊娠、出産、生殖技術との向き合い方まで。
国際母子保健の専門家であり、日本の伝統的な身体作法にも詳しい著者が次世代女子に贈る、
ココロもカラダも女子力アップするための虎の巻エッセー。
オトナ一歩手前の女の子とお母さんが一緒に読むにも最適の性教育本。【WEBストアより引用】

2018.08.02 イベントに行こう  くらし まなび!!