【新宿本店】 【4階】再読!モダニズム建築フェア(~2017年6月15日まで)

彰国社|鹿島出版会が強力タッグ!
老舗建築書出版社によるフェアがスタートしました。

【画像】彰国×鹿島①.jpg

20世紀の初頭にモダニズムというムーブメントが世界中に広まりました。
当時の最新技術を建築に取り入れるために、
建築家は何を考え、どのように実現したのか。
そして、欧米から始まったこの流れが、どのように日本にまで
広まっていったのかを関連書から読み解きます。

【画像】彰国×鹿島③.jpgのサムネール画像【画像】彰国×鹿島④.jpg

今年、東京都歴史的建造物として選定された
前川國男設計の"紀伊國屋ビルディング"というモダニズム建築の中で、
お気に入りの1冊を見つけにお越しくださいませ。
店頭ではなかなか手に取ることが出来なくなった
『堀口捨己の「日本」』(彰国社)などの
希少な本も特別に取り揃えてお待ちいたしております!
彰国社|鹿島出版会

〇開催期間
2017年5月11日(木)~6月15日(木)
〇開催場所
4階カウンター前C14フェア台

H.W.

モダニスト再考 建築の20世紀はここから始まった

モダニスト再考 建築の20世紀はここから始まった

彰国社 / 彰国社
2016/12出版
ISBN : 9784395320806
価格:¥3,240(本体¥3,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

いまだわれわれを触発してやまないモダニズム建築。
その生成の現場へ!
[目次から]
オットー・ヴァーグナー―装飾と価値真空
ルドルフ・シュタイナー―神殿の世俗化
フランク・ロイド・ライト―クリティカル・リージョナリズム以後
チャールズ・レニー・マッキントッシュ―マッキントッシュ神話とデザインの地政学
ペーター・ベーレンス―芸術/技術、その切断の狭間で
アドルフ・ロース―ポチョムキン文化への加重暴行
ピート・モンドリアン―新造形主義の夢想
オーギュスト・ペレ―2の葛藤
アイリーン・グレイ―「ヒンジ的なるもの」による「模様のうちなる白紙」
テオ・ファン・ドゥースブルフ―協働と対立の狭間〔ほか〕

モダニスト再考 日本編

モダニスト再考 日本編

彰国社 / 彰国社
2017/02出版
ISBN : 9784395320868
価格:¥3,564(本体¥3,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

いまだわれわれを触発してやまないモダニズム建築。
[目次から]
中村達太郎―亀裂の保存
佐野利器―都市・テクノロジー・ナショナリズム
角南隆―技術官僚の神域:機能主義・地域主義と"国魂神"
藤井厚二―藤井厚二という不安
今和次郎―ノート~『日本の民家』を中心として
アントニン・レーモンド―表現と表出と表象
村野藤吾―「社会的芸術」として構想されたもうひとつのモニュメンタリティの射程
小山正和―日本的モダニズムの雑誌編集人
上野伊三郎―さまよえる建築工芸
石本喜久治―「建築美」、その転換という作為〔ほか〕

日本近代建築家列伝 生き続ける建築

日本近代建築家列伝 生き続ける建築

丸山雅子 / 鹿島出版会
2017/01出版
ISBN : 9784306046450
価格:¥5,184(本体¥4,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

黎明期を背負った建築家35人の評伝。
コンドル、辰野金吾から村野藤吾まで、日本の近代を生きた35人の建築家の生涯と作品を、これほどわかりやすく丁寧に伝える本はこれまでなかった。
世界的に注目される現代日本の建築界の源泉はここにある。
――藤森照信
第I部 西洋建築の導入
J. コンドル  鈴木博之
辰野金吾  藤森照信
曾禰達蔵  平井ゆか
片山東熊  浅羽英男
妻木頼黄  青木祐介
J.M. ガーディナー(1857-1925)  松波秀子
鉄川与助  川上秀人

第II部 西洋建築の習得と自立
伊東忠太  倉方俊輔
長野宇平治  松波秀子
櫻井小太郎  河東義之
鈴木禎次  瀬口哲夫
武田五一  石田潤一郎
森山松之介  古田智久
保岡勝也  内田青藏
佐藤功一  米山 勇
田辺淳吉  松波秀子

第III部 様式百花繚乱
W.M. ヴォーリズ  山形政昭
J.H. モーガン  水沼淑子
中村與資平  西澤泰彦
岡田信一郎  本橋仁・中谷礼仁
内田祥三  速水清孝
渡邊 節  坂本勝比古
安井武雄  石田潤一郎
木子七郎  山形政昭
渡辺 仁  大川三雄
高橋貞太郎  砂本文彦
松田軍平  丸山雅子

第IV部 モダンデザインの先駆
本野精吾  笠原一人
藤井厚二  松隈 章
遠藤新  井上祐一
A. レーモンド  三沢 浩
蔵田周忠  大川三雄
山田 守  岩岡竜夫
堀口捨己  藤岡洋保
村野藤吾  長谷川堯

メタル建築史 もうひとつの近代建築史

メタル建築史 もうひとつの近代建築史

難波和彦 / 鹿島出版会
2016/11出版
ISBN : 9784306052680
価格:¥2,592(本体¥2,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

技術史から見たモダニズム建築。
材料と構法からエネルギー設備、建築類型から形態と空間に至る、総合的な建築デザイン思想を解析。
[目次から]
序章 建築の四層構造―メタル建築を総合的にとらえるマトリクス
第1章 技術の世紀末
第2章 一九世紀―芸術から技術へ
第3章 モダニズム建築運動―技術の建築化
第4章 盛期モダニズム―技術の世界化
第5章 ポストモダニズムからハイテックへ―技術の成熟化
第6章 ハイテックからエコテックへ―技術のサステイナブル化
補論1 アルミニウム建築―もうひとつのメタル建築
補論2 ミース問題―コンポジションとコンストラクション
補論3 システム化と工業化の目的―構法と機能

2017.05.11 イベントに行こう