【新宿本店】 南直哉さん講演会 『刺さる言葉―「恐山あれこれ日記」抄』(筑摩選書)刊行記念(2015年5月25日)
※定員満了につき受付終了いたしました。

恐山菩提寺院代(住職代理)が、足掛け10年にわたって記してきたブログ「恐山あれこれ日記」を抜粋し、一冊にまとめました。本書の刊行を記念して、講演会を開催します。テーマは「心に刺さる言葉」です。
※講演終了後、サイン会を行います。

『刺さる言葉』オビつき.jpg

日時:2015年5月25日(月) 19:00~20:30(開場18:30)
場所:新宿本店8階イベントスペース
定員:50名 ※予定数満了につき、イベント受付は終了致しました。
入場料:1000円
お問合せ:03-3354-5703
南直哉師.jpg
プロフィール:南直哉 みなみ・じきさい

1958八年長野県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。一般企業を経て、84年曹洞宗において出家得度。大本山永平寺に上山、約20年に及ぶ修行生活を送る。現在、福井県霊泉寺住職、青森県恐山菩提寺院代(住職代理)。著書に『語る禅僧』(ちくま文庫)、『日常生活のなかの禅』『『正法眼蔵』を読む』(講談社選書メチエ)、『老師と少年』『なぜこんなに生きにくいのか』(新潮文庫)、『賭ける仏教』(春秋社)、『恐山』(新潮新書)、『自分をみつめる禅問答』(角川ソフィア文庫)、『善の根拠』(講談社現代新書)など。ほかに玄侑宗久、スマナサーラ、茂木健一郎らとの対談・共著多数。

2015.05.09 イベントに行こう  あの人が来る!