【新宿本店】 「ミッドナイト・イン・パリ」公開記念フェア「パリ──狂乱の20年代」(~2012年6月30日)



「ミッドナイト・イン・パリ」公開記念フェア
「パリ──狂乱の20年代」




DSC_0318.jpg


ウディ・アレン監督最新作「ミッドナイト・イン・パリ」では、数多くの天才たちが集まった1920年代のパリが舞台となっています。

ここでは、多彩な人々の交流から生まれた20年代パリの文化と芸術を知るための本を集めました。


*     *     *

ヨーロッパとアメリカの1920年代、それは別名を「モダン・エイジ」「ジャズ・エイジ」「ローリング・トゥエンティーズ(狂乱の20年代)」「レ・ザネ・フォール(狂気の時代)」などと呼ばれる、きらびやかな喧噪に満ちた時代でした。

第一次大戦後の好景気に浮かれた人々は自動車や豪華客船に乗って自由に世界を巡り、新聞や雑誌やポスターを見て世界中のニュースや流行を知り、最新のファッションを身に付けてパーティーに繰り出しました。女性たちはコルセットを脱ぎ捨て、化粧をしてシガレットを吸い、旅行やスポーツに出かけ、それまで男たちのものだった社会へと徐々に進出して行きました。あらゆるものが新しく、「モダン」になり、人々もまたこぞってそれを追い求めるようになったのです。この時代において、現代の都市生活の形がほぼ出来上がったのだと言えるでしょう。

また一方で、第一次大戦の衝撃はそれまでの西欧世界の価値を乗り越えようとする様々な動きを生みました。その一端は未来派、ダダ、シュルレアリスムといった過激なモダニズムの芸術運動となって世界へと広がり、20世紀のもう一つの姿を作って行きます。そこには近代という時代の新しさと矛盾がともに現れていました。

そして、パリという都市はこのような時代の中心でした。万博と百貨店とパサージュ(アーケード付き商店街)で形作られた文化と商業の都を、世界中から集まった芸術家たちや、禁酒法時代のアメリカから逃れて来た裕福なアメリカ人たちがさらに賑やかにしていました。彼らは夜な夜なカフェやサロンに集まり、最新の流行を作り出したり、芸術による世界の革命を目論んだりしていたのです。

この度公開されるウディ・アレン監督最新作「ミッドナイト・イン・パリ」
は、そんな20年代のパリに対する監督の深い愛によって作られた映画です。その公開を記念して、今回は20年代のパリを徹底的に味わってもらうためのフェアを企画しました。映画とともにお楽しみいただければ幸いです。

紀伊國屋書店新宿本店
第二課 藤本浩介

映画「ミッドナイト・イン・パリ」公式ホームページ

「ミッドナイト・イン・パリ」公開記念フェア「パリ──狂乱の20年代
場所:紀伊國屋書店新宿本店 3階フェア台

会期:2012年5月21日~6月30日(終了)

選書一覧


近代都市としてのパリ
産業革命の到来による都市化と、それに続く第二帝政時代における市街の大改造によって、パリは「19世紀の首都」と呼ばれる近代都市へと生まれ変わった。


パリ歴史事典

パリ歴史事典

アルフレッド・フィエロ、鹿島茂 / 白水社
2011/07出版
ISBN : 9784560081570
価格:¥5,076(本体¥4,700)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

文化・政治・宗教から芸術・風俗習慣まで、600の項目で浮かび上がる千年の都パリの日常。
和文・欧文それぞれの項目索引も付いて、さらに引きやすくなったコンパクト版。
[Bookweb書誌より]

パリのパサ-ジュ 過ぎ去った夢の痕跡

パリのパサ-ジュ 過ぎ去った夢の痕跡

鹿島茂 / 平凡社
2008/02出版
ISBN : 9784582634358
価格:¥1,728(本体¥1,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

十九世紀のままのパサージュから、再生なった人気スポットまで。
全十九カ所を巡る魅惑の時間旅行。
[Bookweb書誌より]

近代都市パリの誕生 鉄道・メトロ時代の熱狂

近代都市パリの誕生 鉄道・メトロ時代の熱狂

北河大次郎 / 河出書房新社
2010/06出版
ISBN : 9784309624174
価格:¥1,404(本体¥1,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

かつて人々が鉄道に夢を託し熱狂した時代があった。
それは変化を求める人々の高揚感が社会を支配した、文明史の一つの高潮期であった。
鉄道はその姿形によって、人々を無邪気に興奮させただけではない。
従来の国土政策や経済社会の仕組みにさまざまな変革をもたらしながら、物質社会の繁栄を生み出した。
官vs民、サン=シモン主義者vsフーリエ主義者、地下vs高架、蒸気vs電気、エンジニアvs建築家─鉄道整備をめぐって浮き彫りとなったさまざまな葛藤の歴史を経て、パリは初めて現在のような都市としての個性を獲得するのである。
[Bookweb書誌より]

夢の消費革命 パリ万博と大衆消費の興隆

夢の消費革命 パリ万博と大衆消費の興隆

ロザリンド・H.ウィリアムズ、吉田典子 / 工作舎
1996/03出版
ISBN : 9784875022626
価格:¥5,184(本体¥4,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

一九世紀末のパリ。
エッフェル塔ではエレベータが驚く観衆を天空に運び、大アーチの機械ギャラリーでは紡ぎ車がうなり、トロカデロ広場ではベリーダンサーが身をくねらせ世界各地の魅惑の事物が所せましとひしめきあう。
万博のエキゾチスムあふれる興奮を取り込んだデパートの出現は、歴史上初めてめくるめく消費の楽しみを大衆にもたらした。
贅沢の民主化の賛美、浪費の堕落の糾弾、まがいものの流布にあらがうダンディズム、新たなアート運動、消費者を基盤とする共同体構想など、モラリストの伝統の豊かな地で、今日なお示唆に富む思想的・実践的ムーヴメントがくりひろげられる。
[Bookweb書誌より]

パリの異邦人

パリの異邦人

鹿島茂 / 中央公論新社
2011/05出版
ISBN : 9784122054837
価格:¥720(本体¥667)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

リルケ、ヘミングウェイ、オーウェル...触媒都市・パリに魅せられ、パリを愛した20世紀の異邦人たち。
膨大な資料をひき、作品にあらわれた「パリ」を紹介しながら、彼らの人となりを浮き彫りにする。
文庫化に際し、ルソー、アンデルセン、レーニン、ケルアックなど9名のポルトレ(肖像)を新たに収載。
[Bookweb書誌より]

パリの秘密

パリの秘密

鹿島茂 / 中央公論新社
2010/03出版
ISBN : 9784122052970
価格:¥679(本体¥629)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

パリに居座るゲニウス・ロキ(地霊)は、多くの秘密を生む─エッフェル塔、モンマルトルの丘から名もなき通りの片隅まで。
数百年の時を経てなお、パリに満ちる「秘密」の香りは遊歩者(フラヌール)を惹きつけてやまない。
夢の名残を追って現代と過去を行き来する、瀟洒なエッセイ集。
[Bookweb書誌より]

蕩尽王、パリをゆく 薩摩治郎八伝

蕩尽王、パリをゆく 薩摩治郎八伝

鹿島茂 / 新潮社
2011/11出版
ISBN : 9784106036934
価格:¥1,512(本体¥1,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

昭和初期、正真正銘の「セレブ」として、パリの社交界で輝いていた日本人がいた。
木綿で巨利を得た貿易商の家に生まれ、ロンドン留学。
全盛期のパリに移り、イザドラ・ダンカン、ラヴェル、藤田嗣治ら著名文化人と交流し、千代子夫人のファッションはパリ中の注目の的。
さらに、フランス政府にパリ日本館の建設費まで寄贈した「東洋のロックフェラー」一代記。
[Bookweb書誌より]


フランシス・スコット・フィッツジェラルド
1896-1940 アメリカ
「ロスト・ジェネレーション」と呼ばれるアメリカ人作家たちの中でも代表的な存在で、狂乱の20年代を象徴する作家。妻ゼルダとともに何度も20年代のパリを訪れ、「グレート・ギャツビー」などの印税を湯水のように使って豪遊した。


グレ-ト・ギャツビ-

グレ-ト・ギャツビ-

フランシス・スコット・フィッツジェラルド、村上春樹 / 中央公論新社
2006/11出版
ISBN : 9784124035049
価格:¥885(本体¥820)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

村上春樹が人生で巡り会った、最も大切な小説を、あなたに。
新しい翻訳で二十一世紀に鮮やかに甦る、哀しくも美しい、ひと夏の物語─。
読書家として夢中になり、小説家として目標のひとつとしてきたフィッツジェラルドの傑作に、翻訳家として挑む、構想二十年、満を持しての訳業。
[Bookweb書誌より]

グレ-ト・ギャッツビ-

グレ-ト・ギャッツビ-

フランシス・スコット・フィッツジェラルド、小川高義 / 光文社
2009/09出版
ISBN : 9784334751890
価格:¥820(本体¥760)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

絢爛豪華な邸宅に贅沢な車を持ち、夜ごと盛大なパーティを開く男、ギャッツビーがここまで富を築き上げてきたのは、すべて、かつての恋人を取り戻すためだった。
だが、異常なまでのその一途な愛は、やがて悲劇を招く。
過去は取り返せる─そう信じて夢に砕けた男の物語。
[Bookweb書誌より]

グレ-ト・ギャツビ-

グレ-ト・ギャツビ-

フランシス・スコット・フィッツジェラルド、野崎孝 / 新潮社
2010/05出版
ISBN : 9784102063019
価格:¥561(本体¥520)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

豪奢な邸宅に住み、絢爛たる栄華に生きる謎の男ギャツビーの胸の中には、一途に愛情を捧げ、そして失った恋人デイズィを取りもどそうとする異常な執念が育まれていた......。第一次大戦後のニューヨーク郊外を舞台に、狂おしいまでにひたむきな情熱に駆られた男の悲劇的な生涯を描いて、滅びゆくものの美しさと、青春の光と影がただよう憂愁の世界をはなやかに謳いあげる。[出版元webより]

フィツジェラルド短編集

フィツジェラルド短編集

フランシス・スコット・フィッツジェラルド、野崎孝 / 新潮社
1990/08出版
ISBN : 9784102063026
価格:¥555(本体¥514)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

抜群の感受性で時代の寵児となり、真摯に人生の理想を追った人フィツジェラルド。
「人生は崩壊の過程である」となぜ彼は書くことになるのか。
ニューヨークの上流家庭に生まれた青年アンスンを憧れと揶揄をもって描いた「金持の御曹子」、大恐慌後、パリに静かな悔恨と不屈の魂で佇むチャーリーに熱い思いを託した「バビロン再訪」等、彼自身と当時のアメリカを彷彿とさせて魅力的な6編。
[Bookweb書誌より]

マイ・ロスト・シティ-

マイ・ロスト・シティ-

フランシス・スコット・フィッツジェラルド、村上春樹 / 中央公論新社
2006/05出版
ISBN : 9784124034981
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

優しさと、傲慢さと、抗いがたい自己破壊への欲望。
一九二〇年代の寵児の魅力を余すところなく伝え、翻訳者・村上春樹の出発点ともなった作品集をライブラリーのために改訳。
『哀しみの孔雀』のもうひとつのエンディング、「ニューヨーク・ポスト」紙のインタヴューを新収録。
[Bookweb書誌より]

冬の夢

冬の夢

フランシス・スコット・フィッツジェラルド、村上春樹 / 中央公論新社
2011/11出版
ISBN : 9784124035339
価格:¥1,188(本体¥1,100)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

天衣無縫に、鮮やかに、そして痛切に─八十年の時を越えて今も読む者の心を打つ、二十代の天才的作家の瑞々しい筆致。
フィッツジェラルドのベスト短篇の一つに訳者が挙げる表題作ほか、来るべき長篇小説の原型を成す「プレ・ギャツビー」期の五篇をセレクトした"若き日の名作集"。
[Bookweb書誌より]

ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック

ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック

村上春樹 / 中央公論新社
2007/07出版
ISBN : 9784124035124
価格:¥1,296(本体¥1,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

それは『グレート・ギャツビー』翻訳への長い旅の始まりでもあった─生地セント・ポールから魂の眠るロックヴィルまで、ゆかりの各地を訪ねる紀行のほか、類い稀なヴァイタリティーでスコットを翻弄した妻ゼルダの伝記など全八篇のエッセイと、村上訳の二短篇、ライブラリー版のための新訳エッセイも収録。
[Bookweb書誌より]

ゼルダ・フィッツジェラルド全作品

ゼルダ・フィッツジェラルド全作品

ゼルダ・フィッツジェラルド、マシュ-・J.ブルッコリ / 新潮社
2001/03出版
ISBN : 9784105406011
価格:¥8,424(本体¥7,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

死後半世紀を経て甦る幻の作品群。
ゼルダの迷宮へ誘う世界初の決定版全集!20年代ジャズ・エイジを夫スコットとともに駆け抜け、溢れる才気に押し潰されるかのように狂気のなか死んだゼルダ・フィッツジェラルド。
その伝説の影に置き去りにされてきた「作家ゼルダ」の全貌が、いま初めて明らかになる。
目眩くイメージの連なり、鮮やかなウィット、五感を刺激する描写─。
類まれな才能を証す画期的全集。
[Bookweb書誌より]

アーネスト・ヘミングウェイ
1899-1961 アメリカ
「ロスト・ジェネレーション」を代表する作家のひとり。1921年、新聞社の特派員としてパリを訪れ、ガートルード・スタインの勧めにより文学を志す。同じくパリに滞在していたフィッツジェラルドと親交を結んだ。


日はまた昇る

日はまた昇る

ア-ネスト・ヘミングウェイ、土屋政雄 / 早川書房
2012/03出版
ISBN : 9784151200694
価格:¥712(本体¥660)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

第一次世界大戦後のパリ。
芸術家が享楽的な日々を送るこの街で、アメリカ人ジェイク・バーンズは特派員として働いていた。
彼は魅惑的な女性ブレットと親しくしていたが、彼女は離婚手続き中で別の男との再婚を控えている。
そして夏、ブレットや友人らと赴いたスペイン、パンプローナの牛追い祭り。
七日間つづく祭りの狂乱のなかで様々な思いが交錯する─ヘミングウェイの第一長篇にして初期の代表作。
[Bookweb書誌より]

移動祝祭日

移動祝祭日

ア-ネスト・ヘミングウェイ、高見浩 / 新潮社
2009/02出版
ISBN : 9784102100158
価格:¥637(本体¥590)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1920年代、パリ。
未来の文豪はささやかなアパートメントとカフェを往き来し、執筆に励んでいた。
創作の苦楽、副業との訣別、"ロスト・ジェネレーション"と呼ばれる友人たちとの交遊と軋轢、そして愛する妻の失態によって被った打撃。
30年余りを経て回想する青春の日々は、痛ましくも麗しい─。
死後に発表され、世界中で論議の渦を巻き起こした事実上の遺作、満を持して新訳で復活。
[Bookweb書誌より]

われらの時代/男だけの世界 ヘミングウェイ全短編 1

われらの時代/男だけの世界 ヘミングウェイ全短編 1

ア-ネスト・ヘミングウェイ、高見浩 / 新潮社
1995/10出版
ISBN : 9784102100103
価格:¥810(本体¥750)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1921年、一人のアメリカ人青年がパリにやってきた。
地位もなく名声もなく、ただ文学への志に燃えたアーネスト・ヘミングウェイという名の青年は、このパリ時代に「雨のなかの猫」「二つの心臓の大きな川」「殺し屋」など、珠玉の名編を次々に発表する。
本書は、彼の文学の核心を成すこれらの初期作品31編を収録。
ヘミングウェイの全短編を画期的な新訳で刊行する全3巻の第1巻。
[Bookweb書誌より]

勝者に報酬はない/キリマンジャロの雪 ヘミングウェイ全短編 2

勝者に報酬はない/キリマンジャロの雪 ヘミングウェイ全短編 2

ア-ネスト・ヘミングウェイ、高見浩 / 新潮社
1996/07出版
ISBN : 9784102100110
価格:¥723(本体¥670)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1928年、28歳のヘミングウェイは、キー・ウエストに居を移した。
戦争と革命と大恐慌の'30年代、陽光降り注ぐこの小島に腰を据え、気鋭の小説家は時代と人間を冷徹に捉えた数数の名作を放ってゆく。
本書は、経験と思考の全てを注ぎ込んだ珠玉短編集『勝者に報酬はない』、短編小説史に聳える名編「キリマンジャロの雪」など17編を収録。
絶賛を浴びた、新訳による全短編シリーズ第2巻。
[Bookweb書誌より]

ヘミングウェイ短篇集

ヘミングウェイ短篇集

ア-ネスト・ヘミングウェイ、西崎憲 / 筑摩書房
2010/03出版
ISBN : 9784480426840
価格:¥950(本体¥880)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

マッチョなイメージの強いヘミングウェイだが、彼はモダニズムの作家として、繊細でおそろしいほどの切れ味をもつ短篇を生みだした。
彼は、女たちをひじょうに優しい手つきで描く。
弱く寂しい男たち、冷静で寛大な女たちを登場させて描きだしたのは、「人間のなかで人間であることの孤独」だった。
ジョイスが完璧と賞賛した「清潔で明るい場所」をはじめ、14作を新訳・新編集で贈る。
[Bookweb書誌より]

フィッツジェラルド/ヘミングウェイ往復書簡集

フィッツジェラルド/ヘミングウェイ往復書簡集

F.スコット・フィツジェラルド、ア-ネスト・ヘミングウェイ / ダイナミックセラーズ出版
2006/12出版
ISBN : 9784884933098
価格:¥1,512(本体¥1,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

20世紀米文学を代表するS・フィッツジェラルドとE・ヘミングウェイが1925~40年の間に交わした47通の書簡集
作家としての絶頂期から下降線を辿っていくフィッツジェラルドと、無名ながらも徐々に頭角を現していく若きヘミングウェイの知られざるエピソードが満載。書簡でだからこそ吐露できた率直な思いは、文学論、恋愛論、人生論に及ぶ。2度の行き違いを経ながらも、1940年にフィッツジェラルドが44歳で急死するまで続いた2人の友情の深さと、ロスト・ジェネレーションの真実の姿を伝える貴重な資料。[出版元webより]

ガートルード・スタイン
1874-1946アメリカ
1903年よりパリに住んでフォーヴィズムやキュビズムの先駆的な絵画を蒐集し、そのサロンには前衛的な芸術家たちが集まった。20年代には海外から作家たちが多く訪れ、アメリカから来た一団はそこで「ロスト・ジェネレーション(失われた世代)」と名付けられたとされる。彼らは第一次世界大戦の経験により西欧世界の伝統的なモラルの崩壊を味わった世代である。


ガ-トル-ド・スタイン 20世紀文学の母

ガ-トル-ド・スタイン 20世紀文学の母

ナツコ・ウィルソン / 未来社
2001/01出版
ISBN : 9784624501303
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

言葉の可能性を追求し、ことばの実験に大胆に挑み、なにものにもとらわれない独創的な表現で20世紀を代表する作家として不滅の地位を築いた文学の母の生涯。
[Bookweb書誌より]

地球はまあるい

地球はまあるい

ガ-トル-ド・スタイン、ぱくきょんみ / 書肆山田
2005/03出版
ISBN : 9784879951489
価格:¥2,160(本体¥2,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

〈バラはバラはバラ......〉というフレーズを含む物語。ローズとウィリーとライオンたちが世界を発見してゆく童話[出版元webより]

反復する声音 ガ-トル-ド・スタインの遍歴

反復する声音 ガ-トル-ド・スタインの遍歴

三芳康義 / 言叢社
2007/03出版
ISBN : 9784862090164
価格:¥1,944(本体¥1,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

◎処女作『Q.E.D.』から出発し、「メランクサ]を経て、表現の実験は、小説、散文詩から戯曲、オペラへと拡大していった。
◎セザンヌ・ピカソと同時代を共有し、その前衛思考に触発されながら、言語実験へむかった。最後に到達した「反復する声音」。初原の世界へと反転する遍歴を描く。
[Bookweb書誌より]


エズラ・パウンド
1885-1972 アメリカ
T.S.エリオットと並ぶモダニズム詩の第一人者。1920年より移住したパリでは、ガートルード・スタインと並ぶ顔役としてヘミングウェイやジョイスら様々な芸術家を支援した。


パウンド詩集

パウンド詩集

エズラ・ル-ミス・パウンド、城戸朱理 / 思潮社
1998/09出版
ISBN : 9784783725107
価格:¥1,258(本体¥1,165)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

本書では、イマジスムの結実としての『仮面』の初期詩篇から、翻訳の詩学の先駆的実践『中国』全篇、そして『詩篇』中の絶唱『ピサ詩篇』までを抄録、巨星の全容の通覧をはかった。
アメリカ現代詩の源流と見なされながら、祖国アメリカから反逆罪に問われた20世紀のオデュッセウス、パウンド。
永遠の放浪者にして文明の感受性の変革者。
その芸術的冒険の独創と卓越は、いまだに解かれえぬ20世紀の謎、未来への波動である。
[Bookweb書誌より]


T.S.エリオット
1888-1965 イギリス
20世紀を代表する詩人。パリに滞在した際、エズラ・パウンドによってジェイムズ・ジョイスと引き合わされたが話は弾まなかったという。


荒地

荒地

トマス・スタ-ンズ・エリオット、岩崎宗治 / 岩波書店
2010/08出版
ISBN : 9784003225820
価格:¥907(本体¥840)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

「四月は最も残酷な月...」と鮮烈な言葉で始まる『荒地』は、20世紀モダニズム詩の金字塔である。
本書には、『プルーフロックその他の観察』から『荒地』までのエリオット(1888‐1965)の主要な詩を収録し、前期の詩作の歩みをたどれるようにした。
引用と引喩を駆使し重層性を持った詩を味読できるよう詳細な訳注を付す。[Bookweb書誌より]

四つの四重奏

四つの四重奏

トマス・スタ-ンズ・エリオット、岩崎宗治 / 岩波書店
2011/04出版
ISBN : 9784003225837
価格:¥907(本体¥840)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

『荒地』を発表した後、1927年にエリオットはアングロ・カトリックに改宗し、次第に宗教色を前面に出し始めるようになった。
それはモダニズムからの"後退"だったのか、それとも"円熟"だったのか。
「空ろな人間たち」から『灰の水曜日』、そして『四つの四重奏』へと至る後期の詩作の歩みを、詳細な訳注とともにたどる。[Bookweb書誌より]

ジョージ・ガーシュウィン
1898-1937 アメリカ
クラシック、ジャズ、大衆音楽と広い分野に才能を発揮し、「アメリカ音楽」の生みの親とされる。1928年に発表した「パリのアメリカ人」は、まさに多くのアメリカ人が活躍した20年代のパリの姿を表現した曲である。


ラプソディ・イン・ブル- ガ-シュインとジャズ精神の行方

ラプソディ・イン・ブル- ガ-シュインとジャズ精神の行方

末延芳晴 / 平凡社
2003/07出版
ISBN : 9784582831702
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ラグタイムという視点から「ジャズ・エイジ」を捉え直し、新しいガーシュインへ。
ガーシュインが切り拓いたクロスオーヴァーの地平を聴け。
[Bookweb書誌より]


シェイクスピア・アンド・カンパニー/シルヴィア・ビーチ
1919年開業。シルヴィア・ビーチを店主とする書店兼サロン。主に英語圏の人々を顧客とし、様々な出会いの場となった。ガートルード・スタイン、ジェイムス・ジョイス、ヘミングウェイ、フィッツジェラルドらが常連。またアメリカで発禁となったジョイスの「ユリシーズ」の発行元でもある。


シェイクスピア・アンド・カンパニイ書店

シェイクスピア・アンド・カンパニイ書店

シルヴィア・ビ-チ、中山末喜 / 河出書房新社
2011/06出版
ISBN : 9784309205670
価格:¥2,808(本体¥2,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ジョイス『ユリシーズ』の出版者として名高いパリのオデオン通りにあった伝説的な書店の主人が綴る20世紀文学の舞台裏。
[Bookweb書誌より]

オデオン通り アドリエンヌ・モニエの書店

オデオン通り アドリエンヌ・モニエの書店

アドリエンヌ・モニエ、岩崎力 / 河出書房新社
2011/06出版
ISBN : 9784309205663
価格:¥2,808(本体¥2,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ジョイス、ヴァレリー、ベンヤミン、ブルトン...パリのオデオン通りに集う偉大な文学者たちにとって重要な役割を果たした"本の友の家"書店の主人による貴重な回想録。
[Bookweb書誌より]


マン・レイ
1890-1976 アメリカ
ニューヨークでマルセル・デュシャンとともに活動した後、21年からパリに渡る。写真を始めとして絵画、映画、オブジェなどあらゆる手法を駆使し、ダダイズム、シュルレアリスム、さらにはファッション写真の世界にも関わる多彩な芸術活動を行った。


マン・レイ写真と恋とカフェの日々

マン・レイ写真と恋とカフェの日々

ハ-バ-ト・R.ロットマン、木下哲夫 / 白水社
2003/05出版
ISBN : 9784560038932
価格:¥2,700(本体¥2,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ピカソ、デュシャン、ブルトン、キキとの友情や恋愛が、写真の名作を生んだ。
大戦間の「モンパルナス」の息吹を、エピソード満載で伝える読物。
[Bookweb書誌より]

マン・レイ自伝 セルフ・ポ-トレイト

マン・レイ自伝 セルフ・ポ-トレイト

マン・レイ、千葉成夫 / 文遊社
2007/11出版
ISBN : 9784892570551
価格:¥4,104(本体¥3,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ピカソ、デュシャン、ダリ、キキ、フルトンらとの交遊を交えて綴られた決定版自伝!写真作品95点収録。
[Bookweb書誌より]

マン・レイ

マン・レイ

マン・レ-、野村春久 / 創元社(大阪)
2010/05出版
ISBN : 9784422700830
価格:¥1,512(本体¥1,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

マン・レイの代表作約60点を収録。
年譜、展覧会の情報や参考文献付き。
[Bookweb書誌より]

バレエ・リュス/ディアギレフ
「バレエ・リュス」は「ロシア・バレエ団」の意。1909年にパリでの初公演を行って以来、その斬新な音楽・ダンス・美術の力やニジンスキーら伝説的なダンサーの魅力によって絶大な人気を博し、20世紀の芸術の流れを基礎づけた。カリスマ的/山師的首謀者ディアギレフの采配のもと、ストラヴィンスキー、サティ、ピカソ、シャネル、コクトーら多くの芸術家達が参加。20年代文化/アール・デコの原点のひとつ。


バレエ・リュスその魅力のすべて

バレエ・リュスその魅力のすべて

芳賀直子 / 国書刊行会
2009/09出版
ISBN : 9784336051158
価格:¥3,888(本体¥3,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ピカソ、ローランサンが美術、コクトーが台本、シャネルが衣裳をデザイン制作、ストラヴィンスキー、サティが新曲を書き下ろし、ニジンスキーの跳躍が伝説となった─。
奇跡のバレエ団、バレエ・リュスの全貌。
[Bookweb書誌より]

ディアギレフ 芸術に捧げた生涯

ディアギレフ 芸術に捧げた生涯

シェング・スヘイエン、鈴木晶 / みすず書房
2012/02出版
ISBN : 9784622076544
価格:¥8,208(本体¥7,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ドビュッシーに「石をも踊らせる恐ろしいが魅力的な男」と言わせた美の魔術師。
20世紀芸術を方向づけたバレエ・リュスの生みの親ディアギレフの、華麗にして悲劇的な人生を描く画期的な評伝。
[Bookweb書誌より]

ディアギレフ・バレエ年代記1909-1929

ディアギレフ・バレエ年代記1909-1929

セルゲイ・グリゴリエフ、薄井憲二 / 平凡社
2014/07出版
ISBN : 9784582836653
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

100年前、バレエ・リュスの全期間を通じディアギレフのもとで芸術監督を務めた著者による記録。
生の声を知る貴重な記録。
[ウェブストア書誌より]

ココ・シャネル
1883-1971 フランス
1910年に帽子店を開業、10年代からデザイナーとして頭角を現す。20年代には親友ミシア・セルトのサロンでコクトー、ピカソ、ストラヴィンスキーなどと交流、パトロンヌとしても活躍する。バレエ・リュスが大作「春の祭典」を再演する際の資金援助を秘密裏に行い、ディアギレフの死をヴェネツィアで看取った。


シャネルスタイルと人生

シャネルスタイルと人生

ジャネット・ウォラック、中野香織 / 文化出版局
2002/10出版
ISBN : 9784579304028
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

シャネルのモードスタイルと魅惑的な一生
人々がシャネルにあこがれ、共感するのはなぜか。ファッション界に限らず、女性たちに人気のあるシャネルのスタイルを、魅惑的でドラマティックな彼女の一生を通して語り継ぐ一冊。
[Bookweb書誌より]

シャネル20世紀のスタイル

シャネル20世紀のスタイル

秦早穂子 / 文化出版局
1990/12出版
ISBN : 9784579303229
価格:¥1,836(本体¥1,700)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

過去を破壊して、可能性に賭けたシャネル。
自由に生きるために、自らの手でつかみとった富、名声、そして男たち。
激しい怒りをもって生きた一生は、ひとつの革命であった。
それがシャネルの真実であり、その炎が新しい世紀にふさわしい"永遠のシャネル・スタイル"へとかりたてた。
[Bookweb書誌より]

ジャン・コクトー
1889-1963 フランス
詩、小説、音楽、演劇、映画、評論など多彩な芸術活動でその才能を発揮したマルチタレント。20年代パリの文化の中心に位置する人物である。彼が主催したキャバレー/カフェである「屋根の上の牡牛」には夜ごと多くの芸術家が訪れ、20年代の伝説となった。


ぼく自身あるいは困難な存在

ぼく自身あるいは困難な存在

ジャン・コクト-、秋山和夫 / 筑摩書房
1996/07出版
ISBN : 9784480082947
価格:¥1,188(本体¥1,100)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

本書の執筆時に、コクトーは五十七歳だった。
第二次大戦が終結して間もない、占領下の陰惨な記憶も鮮やかな時点で、自身の死を意識しつつ書かれた本書は、ラディゲ、サティ、プルースト、ディアギレフら、その多くは世を去っている親しい友人たちの的確で魅力的な人物論がちりばめられ、エスプリにみちたコクトーの姿と透徹した芸術観が浮かびあがってくる。
「死について」「言葉について」「美について」「線について」など、「射撃姿勢をとらずに凝っと狙いを定め、何としてでも的を射抜く」というその手並みを味わいながら、読者は、コクトーの真摯さとそこに寄り添っている孤独の深さに導かれることだろう。
[Bookweb書誌より]

恐るべき子供たち

恐るべき子供たち

ジャン・コクト-、中条省平 / 光文社
2007/02出版
ISBN : 9784334751227
価格:¥669(本体¥620)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

14歳のポールは、憧れの生徒ダルジュロスの投げた雪玉で負傷し、友人のジェラールに部屋まで送られる。
そこはポールと姉エリザベートの「ふたりだけの部屋」だった。
そしてダルジュロスにそっくりの少女、アガートの登場。
愛するがゆえに傷つけ合う4人の交友が始まった。
[Bookweb書誌より]

美と王妃たち

美と王妃たち

ジャン・コクト-、高橋洋一(フランス文学) / 河出書房新社
2004/05出版
ISBN : 9784309204093
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

美しく高貴な女性と、来たるべき女性。
現代美とモードとファッションの哲学を切り拓いた天才詩人による珠玉のエッセイ。
[Bookweb書誌より]

ポトマック

ポトマック

ジャン・コクト-、澁澤龍彦 / 河出書房新社
2000/02出版
ISBN : 9784309461922
価格:¥734(本体¥680)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ロマネスクな筋や構成を全く無視して、全篇を一種の散文詩、寓話、アネクドット、対話、アフォリズムのようなものから成り立たしめているのが、この変ったスタイルの小説『ポトマック』の第一の特徴であろう。
さらに本文と同時に描かれた、六十四のデッサンがこれに加わって、この風変りな小説はいよいよユニークなものとなる。
[Bookweb書誌より]

レーモン・ラディゲ
1903-1923 フランス
コクトーに才能を見出され、20歳で発表した「肉体の悪魔」がベストセラーになり時代の寵児となるが、同年腸チフスによって死去。意気消沈したコクトーを励ましたのが親友のシャネルだった。


肉体の悪魔

肉体の悪魔

レ-モン・ラディゲ、中条省平 / 光文社
2008/01出版
ISBN : 9784334751487
価格:¥604(本体¥560)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

第一次大戦下のフランス。
パリの学校に通う15歳の「僕」は、ある日、19歳の美しい人妻マルトと出会う。
二人は年齢の差を超えて愛し合い、マルトの新居でともに過ごすようになる。
やがてマルトの妊娠が判明したことから、二人の愛は破滅に向かって進んでいく...。
[Bookweb書誌より]

ドルジェル伯の舞踏会

ドルジェル伯の舞踏会

レ-モン・ラディゲ、生島遼一 / 新潮社
2007/05出版
ISBN : 9784102094013
価格:¥464(本体¥430)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

夫以外の男性との恋愛など考えたこともなかった貞淑な女性、ドルジェル伯爵夫人マオは、夫とサーカス見物に出かけたとき知りあった青年フランソワに恋心をいだくようになる。燃え上がる情念を自制しようと苦悩するマオと青年の一途な慕情のからみあいを、20歳の天才ラディゲが、あたかも盤上のチェス駒を動かすかのような端麗なる筆致で描きあげた"最も淫らな最も貞潔な恋愛小説"。[出版元webより]


エリック・サティ
1866-1925 フランス
「音楽界の異端児」と呼ばれた前衛的な作曲家/ピアニスト。「屋根の上の牡牛」の常連で、フランス六人組と呼ばれる若い音楽家たちの師匠格だった。1917年、バレエ・リュスによるバレエ「パラード」の音楽を作曲。脚本はコクトー、美術はピカソが手がけた。


エリック・サティ展

エリック・サティ展

オルネラ・ヴォルタ / 谷口事務所
2000/11出版
ISBN : 9784843301838
価格:¥2,700(本体¥2,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

本書は、サティの生涯と芸術活動に焦点をあてたものであると同時に、サティを通してみるピカソ、コクトー、マン・レイら同時代の様々な芸術家たちの展覧会でもあります。
[Bookweb書誌より]

エリック・サティ文集

エリック・サティ文集

エリック・サティ、オルネラ・ヴォルタ / 白水社
1997/01出版
ISBN : 9784560037270
価格:¥8,178(本体¥7,573)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

現代芸術のための、ユーモアあふれる福音書。
「家具の音楽」で知られるエリック・サティが書き遺した数多くの文章とデッサンを詳細な注釈つきで網羅。
[Bookweb書誌より]


ジェイムズ・ジョイス
1882-1941 アイルランド
20世紀の前衛文学の巨匠。1920年にエズラ・パウンドに招かれてパリを訪れ、シェイクスピア・アンド・カンパニーのシルヴィア・ビーチの助けにより「ユリシーズ」を出版。大作「フィネガンズ・ウェイク」はパリで執筆された。


フィネガンズ・ウェイク 1

フィネガンズ・ウェイク 1

ジェ-ムズ・ジョイス、柳瀬尚紀 / 河出書房新社
2004/01出版
ISBN : 9784309462349
価格:¥1,296(本体¥1,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

数千年の人類の全歴史を酒場の家族の一夜の夢に圧縮した抱腹絶倒、複雑怪奇な傑作の幕開き。
[Bookweb書誌より]

フィネガンズ・ウェイク 2

フィネガンズ・ウェイク 2

ジェ-ムズ・ジョイス、柳瀬尚紀 / 河出書房新社
2004/02出版
ISBN : 9784309462356
価格:¥1,296(本体¥1,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

夢言語とも祝祭言語とも酩酊言語ともいわれ、無数の小宇宙を内包する大宇宙にもたとえられる巨大な言語の建造物『フィネガン』は、死と再生、墜落と上昇の航跡をさらに進めて行く。
[Bookweb書誌より]

フィネガンズ・ウェイク 3・4

フィネガンズ・ウェイク 3・4

ジェ-ムズ・ジョイス、柳瀬尚紀 / 河出書房新社
2004/03出版
ISBN : 9784309462363
価格:¥1,404(本体¥1,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

海に流れこむアナ・リヴィアの限りなく美しい独白でこの極北の文学は閉じられる。
無限の循還と回帰を内包しながら─。
[Bookweb書誌より]

マルセル・プルースト
1871-1922 フランス
学生時代よりパリの社交界に出入りし、その経験をもとに大作「失われた時を求めて」を執筆した。1922年、死の床においてコクトーのカフェである「屋根の上の牡牛」に行きたいと漏らしたという。


消え去ったアルベルチ-ヌ

消え去ったアルベルチ-ヌ

マルセル・プル-スト、高遠弘美 / 光文社
2008/05出版
ISBN : 9784334751562
価格:¥761(本体¥705)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

プルーストが生涯をかけて執筆し、20世紀最高の文学と評される『失われた時を求めて』。
本書は"大伽藍"とも形容される超大作の第六篇にあたり、シリーズを通じての主要登場人物アルベルチーヌと、語り手である「私」の関係に結末をつける、重要な一篇である。
[Bookweb書誌より]

アール・デコ
1920年代に流行した装飾スタイル。「新しい装飾」を意味し、1925年にパリで開催された「現代装飾・産業美術国際博覧会(アール・デコ展)」にちなんでそう呼ばれる。フォーヴィズム絵画やバレエ・リュスの舞台美術、ウィーン分離派やマッキントッシュの建築、エジブトやアステカの美術等に影響を受けて生まれ、新たな都市生活のスタイルに対応して発展した。30年代に世界へ伝播。


ア-ル・デコの時代

ア-ル・デコの時代

海野弘 / 中央公論新社
2005/04出版
ISBN : 9784122045217
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

一九二〇年代、退嬰的な十九世紀末芸術アール・ヌーヴォーの後に、明るく花開いた装飾様式、アール・デコ。
ジャズ、ダンス、ファッション、パーティ、車、そして摩天楼─祝祭的で都会的な美が第一次世界大戦で疲弊した欧州から生まれ、瞬く間に世界を席巻する。
[Bookweb書誌より]

図説ア-ル・デコ建築 グロ-バル・モダンの力と誇り

図説ア-ル・デコ建築 グロ-バル・モダンの力と誇り

吉田鋼市 / 河出書房新社
2010/10出版
ISBN : 9784309761510
価格:¥1,944(本体¥1,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ニューヨークの摩天楼、上海、マイアミ、フランス、チェコ、ロシア、チュニジア、そして日本。
1920~30年代に世界中を席巻し、人々を魅了した、地球的規模で広がった最初の建築スタイル。
世界中を歩いた建築の専門家が記す永久保存版。
[Bookweb書誌より]

ア-ル・デコの建築

ア-ル・デコの建築

日本放送協会 / NHK出版
2008/01出版
ISBN : 9784140812112
価格:¥1,026(本体¥950)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1920年代に花咲いた近代的な美の様式「アール・デコ」。
そこには来るべき新しい時代への夢が込められていた...。
その魅力のツボ。
アート鑑賞マニュアル。
[Bookweb書誌より]

タマラ・ド・レンピッカ

タマラ・ド・レンピッカ

タマラ・ド・レンピツカ、シュテファニ-・ペンク / 岩波書店
2009/11出版
ISBN : 9784000089913
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

硬質な肖像画に写し取ったアール・デコ時代のパリ社交界。
[Bookweb書誌より]

エルテ 幻想の世界を生きたア-ルデコの寵児

エルテ 幻想の世界を生きたア-ルデコの寵児

永滝達治 / 六耀社
2000/09出版
ISBN : 9784897373799
価格:¥1,944(本体¥1,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

めくるめく幻想のアールデコ。
近代ファッションの父=ポール・ポワレに見出され、およそ一世紀におよぶ生涯を通じて、蠱惑的な夢の世界を創作し続けた永遠の少年=エルテの魅力を読み説く待望の作品集。
ファッション誌「ハーパース・バザール」の表紙からアルファベット・シリーズ、晩年のリトグラフ作品を含む百二十五点を収録。
[Bookweb書誌より]

幻想の挿絵画家カイ・ニ-ルセン

幻想の挿絵画家カイ・ニ-ルセン

カイ・ニ-ルセン、海野弘 / マール社
2010/11出版
ISBN : 9784837304395
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

世紀末アール・ヌーボー&アール・デコの時代を生きた最後のイラストレーター、カイ・ニールセンの挿絵画集。
日本国内では入手しづらい図版や、ミニカットを含めた珍しいモノクロ図版も多数収録し、合わせて150点近くの名品イラストを集めた。
また、挿絵の元となった物語の簡単なあらすじも楽しめる。
[Bookweb書誌より]

ジョルジュ・バルビエ
1882-1932 フランス
20年代フランスで活躍した、アール・デコ最高の挿絵画家/デザイナー。写真の印刷術が未発達だった当時は彼らのような挿絵画家がファッションやデザインの伝達において重要な役割を果たした。バレエ・リュスの公演に大きな影響を受ける。


バルビエ×ラブル-ル ア-ル・デコ、色彩と線描のイラストレ-ション

バルビエ×ラブル-ル ア-ル・デコ、色彩と線描のイラストレ-ション

ジョルジュ・バルビエ、ジャン・エミ-ル・ラブル-ル / 求龍堂
2012/04出版
ISBN : 9784763012159
価格:¥3,564(本体¥3,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

20世紀というモダン・エイジを象徴する2人のフランス人芸術家、バルビエとラブルール。
彼等の作品との出会いは、まさに一目惚れ。
あとは地獄の果てまでも...フランス文学者鹿島茂の膨大なコレクションを書き下ろし文章とともに紹介する第2弾。
[Bookweb書誌より]

永遠のエレガンスを求めて ジョルジュ・バルビエ画集

永遠のエレガンスを求めて ジョルジュ・バルビエ画集

ジョルジュ・バルビエ、鹿島茂 / 六耀社
2008/03出版
ISBN : 9784897376042
価格:¥3,780(本体¥3,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1 エレガンスを求めて(ロシア・バレエ;ギリシャ趣味;モード ほか)
2 バルビエ・コレクション(ジュルナル・デ・ダム・エ・デ・モード;ガゼット・デュ・ボン・トン 芸術、モード、および流行;ヴァーツラフ・ニジンスキーのダンスを描いたジョルジュ・バルビエのデッサン ほか)
3 バルビエの生涯と年譜(ジョルジュ・バルビエの生涯;ジョルジュ・バルビエ年譜;著者略歴)
アール・デコの時代を代表するイラストレーター=ジョルジュ・バルビエの魅力を、フランス文学者・鹿島茂がテーマごとに紹介・解説する画集。鹿島氏所蔵の挿絵図版約200点を掲載。
[Bookweb書誌より]

バルビエのポストカ-ドブック

バルビエのポストカ-ドブック

ジョルジュ・バルビエ、海野弘 / パイインターナショナル
2011/12出版
ISBN : 9784756242044
価格:¥1,490(本体¥1,380)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

豪華ポストカード24枚+解説付き。
[Bookweb書誌より]

ジョルジュ・バルビエ 優美と幻想のイラストレ-タ-

ジョルジュ・バルビエ 優美と幻想のイラストレ-タ-

ジョルジュ・バルビエ、海野弘 / パイインターナショナル
2011/10出版
ISBN : 9784756241443
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

花咲く乙女たちの夢幻の空間。
優雅でモダンなファッション画、物語挿絵、ロマンチックなバレエ・コスチュームなど、約270点収録した珠玉の作品集。
[Bookweb書誌より]


ジョセフィン・ベイカー
1906-1975 アメリカ
1925年、パリのシャンゼリゼ劇場に登場した「レビュー・ネグロ(黒いレビュー)」の黒人ダンサーで、その魅力はパリ中を虜にした。「黒いヴィーナス」と呼ばれる。


黒いヴィ-ナス ジョセフィン・ベイカ- 狂瀾の1920年代、パリ

黒いヴィ-ナス ジョセフィン・ベイカ- 狂瀾の1920年代、パリ

猪俣良樹 / 青土社
2006/08出版
ISBN : 9784791762866
価格:¥2,052(本体¥1,900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

アール・デコとチャールストンに沸く時代、ピカソ、フジタ、ルソーといった著名人をはじめ、パリ中を虜にした一人のダンサーは、同時に「人間動物園」で「展示」されていた人種でもあった─、生誕100周年、はじめて明かされるその全像。
[Bookweb書誌より]

歌姫あるいは闘士ジョセフィン・ベイカ-

歌姫あるいは闘士ジョセフィン・ベイカ-

荒このみ / 講談社
2007/06出版
ISBN : 9784062140782
価格:¥1,944(本体¥1,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1920年代、パリを熱狂させた「野生の踊り」。
ナチ占領下、自由フランスの戦士。
米政府を敵に回し、公民権運動を大支援。
肌の色、宗教の異なる12人の養子からなる「虹の部族」のママン...。
無一文の踊り子が、世界一の金持ちとなって、破産し、ステージで死ぬまでの68年10ヵ月。
[Bookweb書誌より]


パブロ・ピカソ
1881-1973 スペイン
1902年よりパリに住む。1916年にバレエ・リュスの舞台美術を担当したことをきっかけにダンサーのオルガ・コクローヴァと結婚。同時期にキュビズムから脱却し、新古典主義の時代に入る。1929年にマリー=テレーズ・ヴァルテールと不倫関係に。


パブロ・ピカソ

パブロ・ピカソ

/ 青土社
2008/10出版
ISBN : 9784791701858
価格:¥1,337(本体¥1,238)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら


ピカソの世紀 1881-1937

ピカソの世紀 1881-1937

ピエ-ル・カバンヌ、中村隆夫(美術史) / 西村書店(新潟)
2008/11出版
ISBN : 9784890136056
価格:¥5,940(本体¥5,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

その偉大さゆえに、しばしば伝記作家たちにより誇大評価され、ゆがめられてきたピカソ像。
それらをフランス美術界の精鋭P・カバンヌが、冷静に問い直し検証。
実際に取材して集められた証言の数々、生き生きとした会話の再現により浮かび上がる、みずみずしい真実のピカソ伝。
[Bookweb書誌より]

ピカソ ピカソ講義

ピカソ ピカソ講義

岡本太郎、宗左近 / 筑摩書房
2009/09出版
ISBN : 9784480092434
価格:¥972(本体¥900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

講義は岡本がフランスに渡り、そこでピカソの抽象画に出会うところから始まる。
「身体中が熱くなって、その絵の前で、心身が爆発するような思いだった」という言葉のまま、岡本はピカソをナマ身に抱き、闘い、そして一体感をもって語りつくす。
それは目の前にそびえ立つ強烈な存在を全身全霊で乗り越えていく岡本の苦闘の軌跡でもある。
本書はピカソ絵画を多数収録。
宗の巧みな導きにより、ピカソ作品の具体的な魅力を紹介しながら、その創造の本質にせまる。
情熱と感動と深い洞察により天才の真の姿が今蘇る。
[Bookweb書誌より]

ピカソ描かれた恋 8つの恋心で読み解くピカソの魅力

ピカソ描かれた恋 8つの恋心で読み解くピカソの魅力

結城昌子 / 小学館
2008/10出版
ISBN : 9784096060285
価格:¥1,944(本体¥1,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

20世紀を夢中にさせた天才芸術家、変貌するピカソの楽しみ方。
[Bookweb書誌より]

女たちが変えたピカソ

女たちが変えたピカソ

木島俊介 / 中央公論新社
1998/02出版
ISBN : 9784122030664
価格:¥946(本体¥876)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

二十世紀最大の画家ピカソ。
だが彼の作品の多くは、今日まで数々の謎に包まれた「わからない美術」であった。
ピカソが生涯描きつづけたものは何だったのか─著者は、最新の研究成果を踏まえつつ、大胆な推理を試みる。
ピカソの女性関係を軸に、九三点の作品を通して芸術創造の軌跡を辿り、ピカソの実像を解明する、刺激的美術論。
[Bookweb書誌より]

ゲルニカ ピカソ、故国への愛

ゲルニカ ピカソ、故国への愛

アラン・セ-ル、松島京子 / 冨山房インターナショナル
2012/04出版
ISBN : 9784905194323
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ピカソの生い立ち、子供時代、少年時代、戦争、爆撃、ゲルニカの制作過程をたどりながら、世界の色彩が勝利をおさめる日を見てみよう。
[Bookweb書誌より]

アンリ・マティス
1869-1954 フランス
野獣派(フォーヴィズム)を代表する画家。ガートルード・スタインによって早くから評価される。


アンリ・マティス ジャズ

アンリ・マティス ジャズ

アンリ・マティス、カトリン・ヴィ-テゲ / 岩波書店
2009/01出版
ISBN : 9784000089852
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ジャズさながらの臨場感と即興性に溢れるマティス晩年の傑作版画集。[Bookweb書誌より]

マティスを追いかけて

マティスを追いかけて

ジェ-ムズ・モ-ガン、山岡万里子 / アスペクト
2006/06出版
ISBN : 9784757212497
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

初老に差し掛かった男が豪奢な生活を捨て、家を売り、妻とともに画家マティスの足跡をたどる1年間の旅に出た。
彼の半生の回想録であり、フランス各地をめぐる旅行記であり、マティスの伝記でもある本書は、人生の再発見や芸術の重要性について教えてくれる。
[Bookweb書誌より]

サルバドール・ダリ
1904-1989 スペイン
シュルレアリスムの代表的な画家。1929年にパリを訪れた際、ピカソによってガートルード・スタインに紹介された。


ダリ シュルレアリスムを超えて

ダリ シュルレアリスムを超えて

ジャン・ルイ・ガイユマン、遠藤ゆかり / 創元社(大阪)
2006/10出版
ISBN : 9784422211909
価格:¥1,728(本体¥1,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

第1章 カタルニアでの少年時代
第2章 ダリ、ロルカ、ブニュエル
第3章 オートマティスムに対抗する偏執狂的実験
第4章 『大自慰者』から『ナルシスの変身』へ
第5章 社交界と装飾・オブジェ・建築
第6章 古典主義に立ちもどった「ドル亡者」
資料篇[Bookweb書誌より]

贋作王ダリ シュ-ルでスキャンダラスな天才画家の真実

贋作王ダリ シュ-ルでスキャンダラスな天才画家の真実

スタン・ラウリセンス、楡井浩一 / アスペクト
2008/10出版
ISBN : 9784757215603
価格:¥2,052(本体¥1,900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ダリ専門美術商兼詐欺師だった著者が明かす、画家サルバドール・ダリの波乱万丈の生涯。
欲望と狂気とスキャンダル渦巻く美術界を描いた驚愕のノンフィクション。
[Bookweb書誌より]


ルイス・ブニュエル
1900-1983 スペイン
1925年よりパリに滞在し、1928年にシュルレアリスム映画の傑作「アンダルシアの犬」をダリと共作する。


ルイス・ブニュエル著作集成

ルイス・ブニュエル著作集成

ルイス・ブニュエル、杉浦勉 / 思潮社
2006/06出版
ISBN : 9784783728641
価格:¥5,184(本体¥4,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

幻の詩集『アンダルシーアの犬』草稿、映画作家ブニュエルの真髄を伝える映画論(ラング、ドライヤー、キートン)、シュルレアリスム時代を代表する実験的創作群(ブニュエル版「ハムレット」)、人形劇の歴史を縦横に語りつくす講演「ギニョル」、未映画化のシナリオやシノプシス(「アルバ公爵夫人とゴヤ」、「フルートの息子イレヒブレ」)、絶筆となったエッセイなどブニュエル映画の秘密を解き明かすテキスト、及び詳細年譜・フィルモグラフィーを完全収録。
[Bookweb書誌より]

ブニュエル,ロルカ,ダリ 果てしなき謎

ブニュエル,ロルカ,ダリ 果てしなき謎

アグスティン・サンチェス・ビダル、野谷文昭 / 白水社
1998/08出版
ISBN : 9784560038727
価格:¥6,696(本体¥6,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

二十世紀のスペインが生んだ天才たちの複雑に絡み合った人生!「学生館」とよばれる寄宿学校で出会い、愛情とライバル意識と、ときに敵意をかわしながら映像・文学・美術という異なる世界を制した彼らの足跡を、大量の新資料を駆使してたどる決定版。
1988年度エスペホ・デ・エスパーニャ賞受賞作。
[Bookweb書誌より]


ダダ
1910年代半ばにヨーロッパ各地で発生し、世界中へ飛び火した前衛芸術運動。1916年にチューリッヒでトリスタン・ツァラが命名したとされる。既成のあらゆる秩序への攻撃、破壊を特徴としており、その過激さゆえに運動自体は短命に終わった。アンドレ・ブルトンらが1919年にツァラをパリに呼んだことにより、パリ・ダダが開始される。


ダダ・シュルレアリスムの時代

ダダ・シュルレアリスムの時代

塚原史 / 筑摩書房
2003/09出版
ISBN : 9784480087850
価格:¥1,404(本体¥1,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

人間存在の意味とその営為を根本的に変化させてしまった二十世紀。
その時代とともにあったダダ、シュルレアリスム運動は、既成の芸術運動をはるかにこえ、時代の"意識"を最前線にたって変革していく思想運動だった。
トリスタン・ツァラ、アンドレ・ブルトン、ジョルジュ・バタイユら、時代を体現した前衛芸術家たちの活動を通して、現代の思想とアートの一大パースペクティヴのなかで捉えなおされる、衝撃的な二十世紀思想・文化史としての、ダダ・シュルレアリスム論。
[Bookweb書誌より]

ダダ 前衛芸術の誕生

ダダ 前衛芸術の誕生

マルク・ダシ-、遠藤ゆかり / 創元社(大阪)
2008/06出版
ISBN : 9784422211985
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

「ダダ」とは、1916年に抽象絵画および前衛詩の分野で起きた突発的事件である。
それは、あらゆる「主義」の枠組みを超えた、すべての芸術的価値に対する反乱だった。
この熱狂的で過激な反乱は、やがて登場するすべての「前衛芸術(アヴァンギャルド)」の模範となることになった。
[Bookweb書誌より]

パリのダダ

パリのダダ

ミッシェル・サヌイエ、安堂信也 / 白水社
2007/05出版
ISBN : 9784560027141
価格:¥7,020(本体¥6,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

一九一五‐一九二五年にかけてヨーロッパで猛威をふるったダダ。
この前衛運動を文学・芸術・思想の中心であるパリという都市で捉え、「シュルレアリスムはダダのフランス的形態である」と規定した、世界的権威による必読基本図書。
[Bookweb書誌より]

ムッシュ-・アンチピリンの宣言 ダダ宣言集

ムッシュ-・アンチピリンの宣言 ダダ宣言集

トリスタン・ツァラ、塚原史 / 光文社
2010/08出版
ISBN : 9784334752095
価格:¥972(本体¥900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1916年、第一次世界大戦を避け、チューリッヒに集まった若者たち。
彼らは社会への嫌悪感、未来への不安を共有しつつ、新たな生を模索しようとした。
その一人トリスタン・ツァラはダダ運動を創始。
世界中に飛び火し、今日まで人々を震撼させてきた。
そのエッセンスを抜粋。
[Bookweb書誌より]


マルセル・デュシャン
1887-1968 フランス
パリからニューヨークへ渡り、「ニューヨーク・ダダ」の中心人物としてマン・レイらとともに活動。20年代はパリとニューヨークが互いに影響を与え合った時代でもあった。


デュシャンは語る

デュシャンは語る

マルセル・デュシャン、ピエ-ル・カバンヌ / 筑摩書房
1999/05出版
ISBN : 9784480084897
価格:¥1,026(本体¥950)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

論理的な説明をこえ、自由で知的な作品を展開し続けたマルセル・デュシャン。
革新的な作品の数々はもちろん、その思想や問題提起に触発され豊かな実りを生んだ芸術家はジョン・ケージら数知れない。
「幸運にめぐまれました」にはじまり、「私は幸せです」に終わるこのインタヴューは、希代の芸術家の生き方と感情、創造に向かって生きた言葉で開かれている。
なぜ作品制作を放棄したのか、ガラスを使うというアイデアはどこから生まれたのか、もっとも親しかった友人は...。
複雑で簡明、常識的で崇高、不思議と明るく、あっけらかんとした生の展開を通して、ある高度な精神的態度が力強く貫かれていく軌跡。
[Bookweb書誌より]

マルセル・デュシャン

マルセル・デュシャン

カルヴィン・トムキンズ、木下哲夫 / みすず書房
2003/01出版
ISBN : 9784622070207
価格:¥10,476(本体¥9,700)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

20世紀の芸術にもっとも大きな影響を与えたデュシャンのはじめての本格的な伝記。
創作の秘密、ユーモア、独創性、人間的魅力、そして女性たち。
人と作品の巨大な謎にせまる、息もつかせぬ30章。
[Bookweb書誌より]

マルセル・デュシャン論

マルセル・デュシャン論

オクタビオ・パス、宮川淳 / 書肆風の薔薇
1991/01出版
ISBN : 9784891762384
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1990年度のノーベル文学賞をうけたメキシコの詩人が、『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』、『落ちる水、照明用ガス、が与えられたとせよ』という今世紀の美術の最も謎めいた二つの作品によって、あまりにも有名なマルセル・デュシャンの生涯と作品を辿りつつ、今日における《絵画》の在り方に、そして断末魔《近代》というこの時代そのものに根底的な転換を迫る、鮮烈な美術批評。
[Bookweb書誌より]

シュルレアリスム
短命に終わったダダに続いて発生し、より広範な影響力を持つことになった前衛芸術運動。グループのリーダーであったアンドレ・ブルトンが1924年に「超現実主義宣言」を発表することによって始まったが、運動は彼のグループを超えて広がることになる。


シュルレアリスム 終わりなき革命

シュルレアリスム 終わりなき革命

酒井健 / 中央公論新社
2011/01出版
ISBN : 9784121020949
価格:¥907(本体¥840)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

シュルレアリスム(超現実主義)は、第一次世界大戦後のパリで生まれ、世界に広まった文化運動である。
若い詩人、文筆家、画家が導いた。
戦争、共産主義、ファシズム、無意識、エロス、死、狂気などアクチュアルなテーマに取り組んで、近代文明の刷新をもくろむ。
個人の壁、国境の壁を超えて多様な生の共存をめざしたその革命精神は、情報と物に充足する利己的な現代人に、いまだ厳しい批判を突きつけて、生き続けている[Bookweb書誌より]

シュルレアリスムとは何か

シュルレアリスムとは何か

巌谷国士 / 筑摩書房
2002/03出版
ISBN : 9784480086785
価格:¥1,296(本体¥1,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

現実に内在し、ときに露呈する強度の現実としての超現実─シュルレアリスム。
20世紀はじめに登場したこの思想と運動について、ブルトンやエルンストを中心に語り、さらに「メルヘン」「ユートピア」へと自在に視野をひろげてゆく傑作講義。
文学・芸術・文化を縦横にへめぐり、迷路・楽園・夜・無秩序・非合理性などをふたたび称揚するとともに、擬似ユートピア的な現代の日本を痛烈に批判する。
いま、"幻想を超えて生きるには"。
[Bookweb書誌より]

シュルレアリスムと性

シュルレアリスムと性

グザヴィエル・ゴ-チエ、三好郁朗 / 平凡社
2005/08出版
ISBN : 9784582765472
価格:¥2,052(本体¥1,900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

抜きがたい男根主義。
エロスの破壊力に賭けた革命思想の矛盾。
[Bookweb書誌より]

超現実主義宣言

超現実主義宣言

アンドレ・ブルトン、生田耕作 / 中央公論新社
1999/09出版
ISBN : 9784122034990
価格:¥679(本体¥629)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

二十世紀が生んだ最大の思想、芸術革命であったシュルレアリスム(超現実主義)。
この理論家・実践家・指導者であったA・ブルトンの歴史的マニフェストを生田耕作の名訳で復刊。
[Bookweb書誌より]

アポリネ-ル詩集

アポリネ-ル詩集

ギヨ-ム・アポリネ-ル、堀口大学 / 新潮社
2007/04出版
ISBN : 9784102177013
価格:¥496(本体¥460)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

「ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ......」。今も歌われるシャンソンの名曲「ミラボー橋」の作者アポリネールは、 20世紀初頭のパリで、前衛芸術の旗手として、詩、小説、演劇に縦横の活躍をみせ、近代詩から現代詩への方向を決定づけた才人だった。抒情と実験精神をあわせもった彼の詩を、代表的詩集である『動物詩集』『アルコール』『カリグラム』『出鱈目集』などから精選して収録。[出版元webより]

デュシャン・ミロ・マッソン・ラム

デュシャン・ミロ・マッソン・ラム

ミシェル・レリス、岡谷公二 / 人文書院
2002/09出版
ISBN : 9784409100165
価格:¥4,212(本体¥3,900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

「愛するものだけについて語る」という規則の下に綴った特異な美術論。
[Bookweb書誌より]

夢先案内猫

夢先案内猫

レオノ-ル・フィニ、北嶋広敏 / 工作舎
1980/11出版
ISBN : 9784875021261
価格:¥1,512(本体¥1,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

日常のあわいに忍びこんできた猫が、異界へ、白昼夢へと、スフィンクスのごとく人間を導いていく。猫を愛する幻想画家フィニが流麗な言語で綴ったファンタジー・トリップ。[Bookweb書誌より]

神の裁きと訣別するため

神の裁きと訣別するため

アントナン・アルト-、宇野邦一 / 河出書房新社
2006/07出版
ISBN : 9784309462752
価格:¥669(本体¥620)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら


マダム・エドワルダ/目玉の話

マダム・エドワルダ/目玉の話

ジョルジュ・バタイユ、中条省平 / 光文社
2006/09出版
ISBN : 9784334751043
価格:¥452(本体¥419)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

「ある街角で、不安が私に襲いかかった。
汚らしく、うっとりするような不安だ」極限のエロスの集約。
戦慄に満ちた娼婦との一夜を描く短編「マダム・エドワルダ」に加え、目玉、玉子...球体への異様な嗜好を持つ少年少女のあからさまな変態行為を描いた「目玉の話」を収録。
[Bookweb書誌より]

オディ-ル

オディ-ル

レ-モン・クノ-、宮川明子 / 月曜社
2003/03出版
ISBN : 9784901477055
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

一九二〇年代、パリの区々で、芸術・革命・数学、愛の拒絶と不幸をめぐって遍歴する、クノー初期の自伝的小説。
アンドレ・ブルトン率いるシュルレアリスム運動への参加と訣別をえがいた実録的な小説としてもしられる。
[Bookweb書誌より]

ヴァルター・ベンヤミン
1892-1940 ドイツ
1926年にパリを初めて訪れ、のち亡命する。「パリ─19世紀の首都」「パサージュ論」などパリにまつわる論考を多く執筆。ボードレール、プルーストを翻訳。


ベンヤミン・コレクション 1

ベンヤミン・コレクション 1

ヴァルタ-・ベンヤミン、浅井健二郎 / 筑摩書房
1995/06出版
ISBN : 9784480082169
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ベンヤミンは、その思索の全体を通じて近代の「原史」(Urgeschichte)をイメージし続けた。
ゲーテの『親和力』に見出される「アウラ的なもの」、そこからの断絶の最初のラディカルな顕われ(近代の転回)としてのボードレールの諸作品、さらに近代からの決定的な覚醒を告げる、シュルレアリスム、ブレヒト、複製芸術という非アウラ的芸術。
また、パリの近代ないしボードレール捉えるまなざしに重なるように映し出されるバロック・アレゴリーの精神。
近代における美的経験の変容を縦軸に構成する、新編・新訳のアンソロジー。
[Bookweb書誌より]

複製技術時代の芸術

複製技術時代の芸術

ヴァルタ-・ベンヤミン、佐々木基一 / 晶文社
1999/11出版
ISBN : 9784794912664
価格:¥2,052(本体¥1,900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

20世紀は映像の世紀である。
映画や写真などの複製芸術はどんな可能性をはらんでいるのか。
巨大な思想家ベンヤミンの刺激あふれる先駆的映像芸術論。
[Bookweb書誌より]

モダニズム/アヴァンギャルド
20世紀初頭には数多くの前衛芸術運動が現れたが、それはヨーロッパの急速な近代化に伴う様々な変化を表現するものだった。20年代においては発達する都市生活の中にモダニズム的な意匠が普及し、一方では近代化の矛盾が徐々にファシズムを準備し始めていた。


20世紀思想を読み解く 人間はなぜ非人間的になれるのか

20世紀思想を読み解く 人間はなぜ非人間的になれるのか

塚原史 / 筑摩書房
2011/11出版
ISBN : 9784480094148
価格:¥1,296(本体¥1,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

「人間」とは、自由で平等な近代社会を作るための発明品だった。
そして、それは理性的で主体性をもつ個人のはずだった。
ところが、巨大化し機械化する都市の孤独のなかで、この人間たちは気づかされる。
「理性と主体性のある「私」なんて嘘だったんだ!」このときから「人間」は「非人間的」な存在へと急速に劇的に変貌していった。
「自由な個人」から「全体主義的な群衆」へ、「理性的な主体」から「無意識に操られる客体」へ。
何がどのようにして起こったのか。
その思想的背景を、キィワードごとに、壮大なスケールで描きだす「非人間」化の歴史。
[Bookweb書誌より]

トランスアトランティック・モダン 大西洋を横断する美術

トランスアトランティック・モダン 大西洋を横断する美術

村田宏 / みすず書房
2002/09出版
ISBN : 9784622070061
価格:¥5,184(本体¥4,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

摩天楼やジャズが、ピカソやデュシャンらモダニストに与えた影響とは。
1910‐20年代のパリ‐ニューヨークを舞台に、フランスとアメリカの前衛たちの相互交流を跡づけ、美術史を書き換える労作。
[Bookweb書誌より]

春の祭典 第一次世界大戦とモダン・エイジの誕生

春の祭典 第一次世界大戦とモダン・エイジの誕生

モ-ドリス・エクスタインズ、金利光 / みすず書房
2009/12出版
ISBN : 9784622075035
価格:¥9,504(本体¥8,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

第一次世界大戦の兵士の実像を中心に、1913年の『春の祭典』の熱狂的初演から戦後ヨーロッパの絶望、リンドバーグ、レマルク、ヒトラーへの賞賛とナチス崩壊までを描く壮大な文化史。
新版。
[Bookweb書誌より]

第一次世界大戦とモダニズム 数の衝撃

第一次世界大戦とモダニズム 数の衝撃

荒木映子 / 世界思想社
2008/07出版
ISBN : 9784790713418
価格:¥2,160(本体¥2,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

十九世紀の猛烈な人口爆発から第一次世界大戦の大量死にいたる社会・文化現象を「数の衝撃」という観点から読み解き、戦争詩とモダニスト詩との違い、さらにはパラダイムを喪失したポストモダニズム以降の時代状況を明らかにする。
[Bookweb書誌より]

モダニズムとデザイン戦略 イギリスの広報政策

モダニズムとデザイン戦略 イギリスの広報政策

菅靖子 / ブリュッケ
2008/02出版
ISBN : 9784434116124
価格:¥3,456(本体¥3,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

デザインが社会を変える。
第一次、第二次両大戦間期に、イギリス逓信省が主導したデザインの時代を豊富な資料を用いて活写する。
[Bookweb書誌より]

二十世紀の芸術

二十世紀の芸術

カルル・アインシュタイン、鈴木芳子 / 未知谷
2009/12出版
ISBN : 9784896422849
価格:¥5,400(本体¥5,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

第一次大戦を経て、時代はパラダイム転換期キュビスム小説『ベビュカン』で表現主義の寵児に前へ、ダ、ダ、ダ、ダ、ダーッ、表現の最先端へ1920年代をもって、「二十世紀」の芸術と銘打つ越境する芸術理論、切れ味鋭いアクチュアルな批評大家を容赦なく斬り、アヴァンギャルドの心性に注視現代美術の祖型はすでにここに─ある発表当時、センセーショナルな議論を巻き起こしたモダニズム芸術の基本書、待望の初訳。
[Bookweb書誌より]

美術史をつくった女性たち モダニズムの歩みのなかで

美術史をつくった女性たち モダニズムの歩みのなかで

神林恒道、仲間裕子 / 勁草書房
2003/12出版
ISBN : 9784326800513
価格:¥3,240(本体¥3,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

観られる対象であり続けた女性を、描く/観る/表現する立場──女性アーティスト、アートディーラー、美学者の目を通し捉え直す。

─19世紀末パリで画家をめざしたバシュキルツェフ、ドイツ表現主義のベッカー、キュビストの仲間だったマリー・ローランサンそして─20世紀美術の流れをつくったアメリカ女性画商たち──ガートルード・スタイン/ドライアー/シャイアー/グッゲンハイム、美学者ランガー─ベルリン・ダダのハンナ・ヘッヒ、草間彌生、シンディ・シャーマンが生きた近代とは?
[Bookweb書誌より]


「戦間期」の思想家たち レヴィ=ストロ-ス・ブルトン・バタイユ

「戦間期」の思想家たち レヴィ=ストロ-ス・ブルトン・バタイユ

桜井哲夫 / 平凡社
2004/03出版
ISBN : 9784582852165
価格:¥885(本体¥820)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

第一次世界大戦は、一方でロシアの革命を生み出し、また多くの青年たちの新たな思想・芸術運動を生み出した。
レヴィ=ストロース、アンドレ・ブルトン、ジョルジュ・バタイユ、アンドレ・マルロー、ジャン=ポール・サルトル、シモーヌ・ヴェイユ。
これらの思想家たちの若き日の知られざる結びつきと奮闘、右翼・左翼への政治的彷徨、相互批判・協力・乖離のドラマ。
二十世紀後半に重要な役割を果たした思想家たちの、思想と行動の模索の時代を描いた壮大な精神史。
[Bookweb書誌より]

錯乱のニュ-ヨ-ク

錯乱のニュ-ヨ-ク

レム・コ-ルハ-ス、鈴木圭介 / 筑摩書房
1999/12出版
ISBN : 9784480085269
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

人間の欲望と一致するある神話的な到達点を自らの手で目ざし、現代文化の基礎として複合的な超過密文化を生み出した都市マンハッタン。
理論のユートピア=摩天楼、理想主義の断片=ロックフェラー・センター、予想外の突然変異=ラジオシティ・ミュージックホール...。
地表上をグリッドに仕切り数々の建築物を打ち立てたこの都市の誕生・成立・発展の過程、さらにその可能性と限界を、多くの貴重図版とともにエキサイティングに描き出す。
現代建築の巨人による伝説の書、待望の文庫化。
この書を読まずして、現代建築を語るなかれ。
[Bookweb書誌より]

ヴァイマルの国立バウハウス1919-1923

ヴァイマルの国立バウハウス1919-1923

バウハウス(ドイツ)、カ-ル・ニ-レンドルフ / 中央公論美術出版
2009/08出版
ISBN : 9784805506035
価格:¥8,640(本体¥8,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1 授業(ゲルトルート・グルーノ:色・形・音による生ける形の構成;パウル・クレー:自然研究の道;ヴァシリー・カンディンスキー:形の基本要素;ヴァシリー・カンディンスキー:色彩課程とゼミナール ほか)
2 建築(工房;空間)
3 親方、職人、従弟の絵画と彫刻の自由作品(陸橋.1920.L.ファイニンガー;メーリンゲン6.1922.L.ファイニンガー;立方体の構成.彫刻.1919.J.イッテン;子供.1922.J.イッテン ほか)[Bookweb書誌より]

エル・リシツキ-構成者のヴィジョン

エル・リシツキ-構成者のヴィジョン

寺山祐策 / 武蔵野美術大学出版局
2005/10出版
ISBN : 9784901631686
価格:¥6,048(本体¥5,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ダダ、キュビスム、未来派、シュプレマティズム、シュルレアリスム、バウハウス、デ・スティル、そしてロシア構成主義。
20世紀、革命とふたつの世界大戦のはざまを駆け抜けたアヴァンギャルドたちの光芒。
[Bookweb書誌より]

2012.05.21 イベントに行こう  アート 人文 文学 メディアで紹介 映画・ドラマ化 アール・デコ ウディ・アレン パリ ミッドナイト・イン・パリ 20年代