【札幌本店】 『母さん、ごめん。』松浦晋也さんトークショー 親が認知症になったら?すぐ先の介護に備える10の方法【6月17日(日)14:00~15:30】

0617親が認知症になったら?変更後.jpg

ベストセラー『母さん、ごめん』は、科学ジャーナリストである著者が、認知症を患った母親をたった一人で介護したリアルな体験記である。これまで気ままに生きてきた50代の独身男性が、突如、母親の介護に直面。認知症を患い、少しずつ判断力が衰える母親に、どのように対処していったのか。お金の管理、食事の準備、そしてついには排泄さえも思い通りにできなくなっていく母親。著者は刻々と、精神的・金銭的に追い詰められていく。そしてついに、母親に手を挙げたーー。
これがきっかけとなって第三者がサポートに入り、著者は「たった一人」の介護から解放される。過酷な経験を、感傷的にならず、ジャーナリストならではの冷静かつ分かりやすい視点で描いた本書は、多くの「介護経験者」の共感を呼んだ。と同時に、この先、親の介護が控える「介護予備軍」らに大きな示唆を与えた。親がもし、年老いて、支援の手が必要になった時、あなたは働きながら介護することができるだろうか?その時のために果たして何を準備すればいいのでしょうか。著者が自らの体験を踏まえながら、解説します。

【日時】2018年6月17日(日)14:00~15:30 
【場所】紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン
    (参加無料)
【主催】日経BP社

2018.05.25 イベントに行こう  社会 売れてる! 北海道