イベントに行こう

【新潟店】 2019年7月7日新潟日報書評

2019年7月7日新潟日報書評欄に掲載されていた商品をご案内します。
店頭在庫のあった商品はメインカウンター脇「C25-01」の棚にてまとめてございます。
売り切れの為、店頭在庫のない商品もございます。

「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存

「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存

山下泰平 / 柏書房
2019/05出版
ISBN : 9784760150076
価格:¥1,944(本体¥1,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

漱石・鴎外を人気で圧倒しながら今では知名度ゼロの"明治娯楽物語"。
その規格外の世界をよみがえらせる。
朝日新聞&ジブリも注目する異才が描く、ネオ文学案内。

モスクワの伯爵

モスクワの伯爵

エイモア・ト-ルズ、宇佐川晶子 / 早川書房
2019/05出版
ISBN : 9784152098603
価格:¥3,888(本体¥3,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1922年、モスクワ。
革命政府に無期限の軟禁刑を下されたロストフ伯爵。
高級ホテルのスイートに住んでいたが、これからはその屋根裏で暮らさねばならない。
ホテルを一歩出れば銃殺刑が待っている。
そんな不遇を乗り切るために彼が選んだのは、紳士の流儀を貫くこと。
人をもてなし、身のまわりを整え、人生を投げ出さない。
やがて彼は宿泊客や従業員たちと友情を深めるが...。
いまも世界中の名士から愛されるホテル、メトロポールを舞台に上流社会のドラマを描く、陶酔と哀愁に満ちた長篇小説。
全米で140万部突破、"ワシントン・ポスト"など8紙誌の年間ベストブックに選出。

ゴリラの森、言葉の海

ゴリラの森、言葉の海

山極寿一、小川洋子(小説家) / 新潮社
2019/04出版
ISBN : 9784104013081
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

知の冒険へようこそ!野生の眼を持つ霊長類学者、物語の森に住む小説家。
京都で、屋久島で、深く楽しく語り尽くした知のフィールドワーク。


悪の五輪

悪の五輪

月村了衛 / 講談社
2019/05出版
ISBN : 9784065156414
価格:¥1,728(本体¥1,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

東京が日本が劇的に変貌しつつあった1963年、元戦災孤児のアウトローが大いなる夢に向かって動き出す。
軋む街の表に裏に、抜き差しならない腐敗や闇が根尾下ろしているなかで、オリンピックを奪い、撮れ!

1964東京五輪ユニフォ-ムの謎 消された歴史と太陽の赤

1964東京五輪ユニフォ-ムの謎 消された歴史と太陽の赤

安城寿子 / 光文社
2019/04出版
ISBN : 9784334044084
価格:¥950(本体¥880)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

お揃いの真っ赤なブレザーと白のスラックスで行進をする日本選手団の姿は、一九六四年の東京オリンピックの象徴的場面の一つとして、世代を超え、今でも、広く知られている。
この「日の丸カラー」の開会式用ユニフォームは誰がどのような思いを込めてデザインしたものだったろうか?本書では、書き変えられ、忘れ去られてきたこのユニフォーム誕生の歴史を豊富な史料と取材に基づいて紐解いてゆく。
さらに、日本の開会式用ユニフォームのその後の変遷にも光をあて、「日の丸カラー」の継承、迷走、回帰の詳細を多面的に掘り下げていく。
二〇二〇年に迫った二回目の東京オリンピックを見据えながら。

1979年の奇跡 ガンダム、YMO、村上春樹

1979年の奇跡 ガンダム、YMO、村上春樹

南信長 / 文藝春秋
2019/04出版
ISBN : 9784166612147
価格:¥918(本体¥850)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

日本のポップカルチャーのカンブリア爆発ともいえるこの奇跡の年を振り返り、その社会的背景を探りつつ、いかに現在につながっているのかを検証・論考する。

飢えと食の日本史

飢えと食の日本史

菊池勇夫(日本史学) / 吉川弘文館
2019/04出版
ISBN : 9784642071048
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

日本列島をしばしば襲った飢饉。
その度になぜ多くの人々が死なねばならなかったのか。
発生の経緯やメカニズムを探り、民衆の生き残りをかけた行動を描き出す。
食料を輸入に依存する現代日本に歴史から警鐘を鳴らす。

裸のヘッセ ドイツ生活改革運動と芸術家たち

裸のヘッセ ドイツ生活改革運動と芸術家たち

森貴史 / 法政大学出版局
2019/04出版
ISBN : 9784588490361
価格:¥3,240(本体¥3,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

"真理の山"に作家は何を求めたのか?生身の作家と預言者たちの群像。
20世紀初頭、若き作家は"生活改革運動"の影響下、スイスとイタリアの国境地帯にあるアスコーナの地モンテ・ヴェリタに滞在し、自然回帰を志向する放浪の思想家や芸術家らと裸体生活・菜食主義を試みた。
複数の小説作品に大きな痕跡をとどめながらも正面から論じられずにいたこの反文明体験の全容を明るみに出す好著。
日本の少女マンガにも影響を及ぼした精神/身体文化の源泉に迫る。

アタラクシア

アタラクシア

金原ひとみ / 集英社
2019/05出版
ISBN : 9784087711844
価格:¥1,728(本体¥1,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

擦り切れた愛。
暴力の気配。
果てのない仕事。
そして、新たな恋。
ままならない結婚生活に救いを求めてもがく男と女―。
芥川賞から15年。
危険で圧倒的な金原ひとみの最新長編。

近世新潟の城と陣屋

近世新潟の城と陣屋

杉浦昭博 / 随想舎
2019/04出版
ISBN : 9784887483668
価格:¥2,160(本体¥2,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

現地調査を踏まえ、縄張図をはじめ、情景図や配置図、さらに写真を多用した新潟の近世城郭、陣屋の集大成。

農学と戦争 知られざる満洲報国農場

農学と戦争 知られざる満洲報国農場

足達太郎、小塩海平 / 岩波書店
2019/04出版
ISBN : 9784000018265
価格:¥2,700(本体¥2,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

戦争末期の一九四三年から遂行された国策、満洲報国農場。
終戦時には七〇近くもの農場が存在したが、その実態は長く顧みられずにきた。
農林省の役人や農学者たちが牽引したこの国策により、東京農業大学の実習生や多くの若者たちが辛酸を嘗め、死へと追いこまれた。
命を支える農業を研究する農学が、そして学生を育むべき大学が、棄民に加担した事実に迫る。

日本初の五輪選手金栗四三物語

日本初の五輪選手金栗四三物語

熊本日日新聞社 / 熊日情報文化センター
2018/12出版
ISBN : 9784877555863
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら



介護殺人 追いつめられた家族の告白

介護殺人 追いつめられた家族の告白

毎日新聞大阪社会部取材班 / 新潮社
2019/06出版
ISBN : 9784101012919
価格:¥594(本体¥550)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

全国の要介護認定者数656万人。
「夫婦だから」「親子だから当然」と始めた家庭での介護が長期化し、困難を極め、やがて悲劇が起こる。
―今、全国で続出する介護を苦にした殺人事件。
なぜ最愛の母親を手にかけてしまったのか。
家族の絆がなぜ悪夢に変わったのか、当事者の悲痛な叫びに耳を傾けた記者たちが目の当たりにしたのは、在宅介護の切なすぎる現実だった。
慟哭と衝撃の最前線ドキュメント。

ときめき百人一首

ときめき百人一首

小池昌代 / 河出書房新社
2019/06出版
ISBN : 9784309416892
価格:¥864(本体¥800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

三十一文字という小さな器からあふれでる、なんという思いの濃さ―。
百首すべてに詩人ならではの訳詩を付け、深く、楽しく自由に誘う、新しい百人一首入門書。
知っておきたい和歌の技巧などのコラムも入り、百人一首をぐっと身近に楽しむ一冊。

2019.07.07 注目の本