【川越店】 「ポスト・サブカル焼け跡派 T.V.O.D.が選ぶ サブカル戦後史入門」フェア開催! 2018年9月末日まで

紀伊國屋書店川越店から新たな企画
「じんぶんや 川越」
はじまります。

じんぶんや 川越とは?

こんにちは。じんぶんやです。
2004年9月、紀伊國屋書店新宿本店に「じんぶんや」という棚が生まれました。
「じんぶんや」に並ぶ本を選ぶのは、編集者、学者、評論家など、プロの本読みたちです。「世に溢れかえる書物の山から厳選した本を、お客様にお薦めできるようなコーナーを作ろう」と考えて立ち上げました。
そして2018年、川越店の人文書棚のリニューアルに伴い「じんぶんや 川越」が誕生しました。数多の本を読み込んだ選者たちのおすすめ本は、掛け値なしに「じんぶんや」推薦印つき。

じんぶんやロゴ.jpg


ポストサブカル看板.jpg

本フェアでは、T.V.O.D.のお二人に1970年代から2010年代(現代)までのサブカルチャーの変遷を解説していただきます。現在語られる「サブカル」は一体、どういう文脈を持つのか? そして、サブカルチャーの未来とは? T.V.O.D.によるサブカル戦後史入門講義の開講です。

a-sha.jpg

T.V.O.D.(てぃーゔぃーおーでぃー)プロフィール
コメカ+パンスのテキストユニット。
2017年、政治とサブカルチャーをごちゃまぜに語る場を作ろうと結成、ブログ「T.V.O.D.」 を開設する。
現在は、北尾修一氏主宰の出版社「百万年書房」サイト内で「ポスト・サブカル焼け跡派」連載中。
ほか、タブロイド・ジン「Making-Love Club」にも寄稿。
5月にWWW/GALLERY X BY PARCOで開催された「THE M/ALL」では精神科医・香山リカさんと鼎談を行う。

開 催 期 間:2018年7月4日~9月末日
場 所:紀伊國屋書店川越店

2018.07.03 イベントに行こう