イベントに行こう

読む・書く・話すにひとり一冊『岩波国語辞典 第八版』



banner_kokugo.jpg
syoei_kokugo.jpg

編│西尾実 岩淵悦太郎 水谷静夫 柏野和佳子 星野和子 丸山直子

完成記念特別価格│本体3,000円+税(提供期限以降の価格本体3,200円+税)
特別価格提供期限=2020年5月31日*出版社出庫日

装幀│B6新判・上製函入・1808頁

ISBN│9784000800488

11月22日全国一斉発売


kokugo1.jpg第七版から引き続き、ひとまわり大きな活字を採用
すっきりと読みやすい版面

ページを開けば、読んで役立つ情報があちこちに散らばっています

Q.「さびしい」と「わびしい」、よく似たこの二つの言葉の違いは?

A. わびしい【侘しい】を見ると......。
▽本来あるはずの活気が失せた心情・情況を言う点では「さびしい」に似ているが、「わびしい」は失意の気落ちや貧乏のむなしさに関連して使うのが普通






日本語を辞書で引くこと

『岩波国語辞典』の初版は一九六三年の刊行です。以来改訂を重ね、累計の部数は九〇〇万部になろうとしています。長年にわたって多くの皆さまから寄せられた信頼に応えるべく、今回の改訂でも、言葉の意味の根幹をおさえながら、たえず揺れ動く言葉の意味と用法をとらえ、よりわかりやすく解説することをこころがけました。

言葉は日々のコミュニケーションで使うだけではありません。少し前の小説を読めば、その小説が書かれた時代の言葉と向き合うことになります。この辞典は「百年の日本語」を対象としています。それは「読む・書く・話す」多様な言葉と出会う場面でお役に立ちたいからです。スマートフォンで新しい、よく知らない言葉の意味を検索するところから少し振り返って、「紙」の辞書で使い慣れた日本語、知っているはずの言葉も引いてみませんか?そこには豊かな日本語の海が広がっています。

『岩波国語辞典』の最新版、第八版を皆さまにお届けできることをたいへんうれしく思います。




社会・日常生活の変化に応じて,科学技術・料理・スポーツ・介護などの分野にも目配り。
新たに2200項目を収録。


アーティスティック スイミング/荒ぶる/eスポーツ/インバウンド/ウィンウィン/オストメイト/織り込み済み/温野菜/合葬/患側/逆走/懸垂幕/子供心/座位/山体/ジビエ/しゃれ込む/スムージー/スルー/線引き/ダイバーシティ/食べ歩き/聴導犬/ディープラーニング/ドライブレコーダー/ドローン/人間像/倍返し/ひやりはっと/報連相(ほうれんそう)/ボッチャ/紛(まご)う/マッチング/見える化/水見舞い/むきむき/免震/ユニバーサルデザイン/良き....


kokugo2.jpg


2019.10.18 注目の本  くらし まなび