イベントに行こう

大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽く飛び越えていく。『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』


9784103526810_banner.png


9784103526810_banner2.jpg書影(帯つき)『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』.jpg



著者│ブレイディみかこ

ISBN│9784103526810

定価│本体1,350円+税

出版社│新潮社

発売予定日│2019/07/10

こちらは著者サイン本となります

【ご注意事項】
・数量限定販売の著者サイン入り書籍です。
・店舗受取りご注文が可能です。
サインなしの通常品よりもお届けが遅くなりますのであらかじめご了承ください。この商品の場合には7月上旬頃に出荷の見込みです。
・ご予約締切 【2019年6月24日】
・ご注文が上限数に達した時点でご予約受付は終了します。




大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽く飛び越えていく。

優等生の「ぼく」が通う元・底辺中学校は、毎日が事件の連続。人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子とパンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていく。落涙必至の等身大ノンフィクション。




9784103526810_comment.jpg



新刊の発売に合わせ、著者のブレイディみかこさんが選んだ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』と一緒に読みたい本を特別に公開します!

マッドジャ-マンズドイツ移民物語
ビルギット・ヴァイエ/山口侑紀/花伝社
2017年10月出版
ISBN : 9784763408334
価格:本体1,800円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
移民問題に揺れる欧州
ドイツに衝撃を与えた社会派コミック

モザンビークからやってきた若者たちは、 欧州で何を見、何を感じたのか?
3人のストーリーが描く、移民問題の本質。

地下鉄道
コルソン・ホワイトヘッド/谷崎由依/早川書房
2017年12月出版
ISBN : 9784152097309
価格:本体2,300円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
米南部の農園から逃げた黒人奴隷の少女コーラは、地下を走る鉄道に乗り、自由な北をめざす。ピュリッツァー賞、全米図書賞受賞の傑作。

ペルセポリス1(ペルセポリス1)イランの少女マルジ
マルジャン・サトラピ/園田恵子/バジリコ
2005年6月出版
ISBN : 9784901784658
価格:本体1,400円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
子どもの頃、革命がありました...戦争がありました...人がたくさん死にました...。イスラーム革命、イラン・イラク戦争...激動の時代を斬新なタッチで描いた注目の回想記。12ヶ国で出版された世界的なベストセラー待望の翻訳。

見えない違い私はアスペルガ-
ジュリ-・ダシェ/マドモワゼル・カロリ-ヌ/花伝社
2018年8月出版
ISBN : 9784763408655
価格:本体2,200円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
マルグリット、27歳。本当の自分を知ることで、私の世界は色付きはじめた。フランスでベストセラー!アスペルガー当事者による原作のマンガ化。「アスピー」たちの体験談と、日常生活へのアドバイスを収録。

ハ-レムの闘う本屋ルイス・ミショ-の生涯
ヴォンダ・ミショ-・ネルソン/R.グレゴリ-・クリスティ/あすなろ書房
2015年2月出版
ISBN : 9784751527528
価格:本体1,800円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
1939年、ニューヨーク7番街に、風変わりな書店が誕生した。ナショナル・メモリアル・アフリカン・ブックストア。黒人が書いた、黒人についての本だけを売る店。「ニグロは本を読まない」と言われていた時代、世間の嘲笑をよそに、黒人に本を、そして、知識を広めることに尽力したルイス・ミショーの生涯とは...?

青い眼がほしい(epi文庫モ1-1)
トニ・モリソン/大社淑子/早川書房
2001年6月出版
ISBN : 9784151200069
価格:本体780円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
誰よりも青い眼にしてください、と黒人の少女ピコーラは祈った。そうしたら、みんなが私を愛してくれるかもしれないから。白い肌やブロンドの髪の毛、そして青い眼。美や人間の価値は白人の世界にのみ見出され、そこに属さない黒人には存在意義すら認められない。自らの価値に気づかず、無邪気にあこがれを抱くだけのピコーラに悲劇は起きた―白人が定めた価値観を痛烈に問いただす、ノーベル賞作家の鮮烈なデビュー作。

弟の戦争
ロバ-ト・ウェスト-ル/原田勝/徳間書店
1995年11月出版
ISBN : 9784198603991
価格:本体1,200円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
ぼくの弟フィギスは、心の優しい子だった。弱っている動物や飢えた難民の子どもの写真なんか見ると、まるでとりつかれたみたいになって、「たすけてやってよ」って言う。人の気持ちを読みとる不思議な力も持っている。そんな弟が、ある時奇妙な言葉をしゃべりだし、「自分はイラク軍の少年兵だ」と言い始めた。フィギスは12歳。1990年、湾岸戦争が始まった夏のことだった...。弟思いの15歳の兄が、弟を襲った不思議な事件を語る、迫力ある物語。イギリスで子どもの読者が選ぶ賞を複数受賞、ヨーロッパ各国でも話題を呼んだ作品。

チョコレ-ト・アンダ-グラウンド
アレックス・シアラ-/金原瑞人/求龍堂
2004年6月出版
ISBN : 9784763004208
価格:本体1,200円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
舞台はイギリス。選挙で勝利をおさめた"健全健康党"は、なんと"チョコレート禁止法"を発令した!国じゅうから甘いものが処分されていく...。そんなおかしな法律に戦いを挑むことにしたハントリーとスマッジャーは、チョコレートを密造し、"地下チョコバー"を始めることにした!チョコレートがこの世からなくなったら、あなたはどうしますか?禁チョコなんて、ダイエットのときしかしたことない!読めばきっと、チョコレートが食べたくなる...。

べてるの家の「非」援助論そのままでいいと思えるための25章(シリ-ズケアをひらく)
浦河べてるの家/医学書院
2002年6月出版
ISBN : 9784260332101
価格:本体2,000円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
浦河べてるの家は、精神障害をかかえた人たちの有限会社・社会福祉法人である。昇っていく生き方はもうやめた。リハビリなんて諦めた。病気の御旗を振りながら、べてるは今日も明日も降りてゆく。苦労と出会うために「商売」を。悩みをとりもどすために「経験」を。「弱さ」と「語り」をキーワードにした、右肩下がりの援助論。

へろへろ雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々(文庫か77-1)
鹿子裕文/筑摩書房
2019年3月出版
ISBN : 9784480435835
価格:本体800円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
福岡の街中に、毅然としてぼけた、ばあさまがいた。一人のお年寄りが、最期まで自分らしく生きるために、介護施設「よりあい」が始まる。「自分たちで自分たちの場ちゅうやつを作ったらよかっちゃろうもん!」熱くて型破り、超個性的な人々が、前代未聞の特別養護老人ホームの開設を目指し、あらゆる困難を、笑いと知恵と勇気で乗り越えていく実録痛快エッセイ。

ガザに地下鉄が走る日
岡真理/みすず書房
2018年11月出版
ISBN : 9784622087472
価格:本体3,200円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
完全封鎖から十年以上経つガザ地区は、現代の強制収容所と言われる。生きながらの死を強いる占領という暴力、そこでなお人間的に生きる人びととの出会いを伝える。

キッド僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか
ダン・サヴェ-ジ/大沢章子/みすず書房
2016年8月出版
ISBN : 9784622085133
価格:本体3,200円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
同性カップルが養子縁組によって子どもを迎えるまでの事の次第を等身大で綴った痛快ノンフィクション。ダンとテリーはゲイのカップル。オープン・アダプション(開かれた養子縁組)で子どもを迎えようと決めた二人だが、男二人で「育ての親」になるという挑戦に加え、「生みの母親」であるホームレスのパンク少女メリッサの事情も絡んで、縁組成立まで一喜一憂の道のりに...。前例のないさまざまなステップを踏破して、ついに愛する息子D・Jの親になるまでの自身の体験を、機知とユーモアたっぷりに語る。

誓います結婚できない僕と彼氏が学んだ結婚の意味
ダン・サヴェ-ジ/大沢章子/みすず書房
2017年4月出版
ISBN : 9784622085966
価格:本体3,000円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
同性カップルだからこそ、現代に結婚する理由を考えてみた──多様なパートナーシップが共存できる社会を目指す、自然体のアクション現代の結婚に意味はない? 人生の墓場? 結婚につきもののそんな疑問や不安に向き合いつつ、結婚の意味を探究するノンフィクション。それが婚姻の単なる損得勘定に堕さないのは、著者たちが婚姻制度に守られていない同性カップルだからだ。
驚くほど多彩なパートナーシップのあり方を見聞して考え抜いた二人は、ちょっと型破りな結婚観、そして納得の結末にたどり着く。読みながらあなたの結婚観も揺さぶられ、試されずにはいられない。婚姻につきまとう固定観念、そして広がりつつある虚無感への、痛烈な一撃となるか。

ゲイ・カルチャ-の未来へ(ele-kingbooks)
田亀源五郎/Pヴァイン
2017年10月出版
ISBN : 9784907276867
価格:本体2,300円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
初の一般誌連載『弟の夫』が第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、広く注目を集めているゲイ・エロティック・アーティスト、田亀源五郎。国内外にコアなファンを持ち、日本のゲイ・アートを支え続けてきた巨匠がいまこそ語りつくす、生い立ち、創作の源、ゲイ・エロティシズムの探究、変わりゆく社会へのまなざし......。日本と世界のゲイ・ポップ・カルチャーの過去・現在・未来を繋ぐ1冊!

ボ-イズ男の子はなぜ「男らしく」育つのか
レイチェル・ギ-ザ/冨田直子/DU BOOKS
2019年3月出版
ISBN : 9784866470887
価格:本体2,800円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
ジェンダー間の平等化を進めると、誰もがもっと自由になれる!男子限定の性教育授業や少年スポーツリーグへの取材。トランスジェンダーの子どもをもつ親たちとの対話。ビデオゲームをしながら息子と語る男らしさの幻想について。ジャーナリスト且つ等身大の母親が、現代のリアルな「男の子」に切り込む、明晰で爽快なノンフィクション。

女の子は本当にピンクが好きなのかele-king books
堀越英美/Pヴァイン
2016年2月出版
ISBN : 9784907276478
価格:本体2,400円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
女の子は本当に〈ピンク〉が好きなのか?

国を越えてこれほど多くの女児がピンク色を好むのは、いったいどういうわけなのでしょう。 二女の母としての素朴な疑問からはじまる、〈ピンク〉の歴史と現代女児カルチャーの考察。 玩具からアニメまで、ドメスティックな現象から海外シーンまで。
女の子が、そして男の子が、のびのびと自分を認められる社会のために──。

彼女が大工になった理由
ニナ・マクロ-リン/宮〓真紀/エクスナレッジ
2019年4月出版
ISBN : 9784767826233
価格:本体1,700円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
ジャーナリストから大工へと転身した30代女性の等身大エッセイ。毎日の仕事がマンネリになっている、キャリアチェンジを考えているが一歩が踏み出せない、将来への不安や恐怖で押しつぶされそう......そんなあなたの気持ちに寄り添い、次のライフステージに向かうあなたの背中を押してくれる一冊です。

壁の向こうの住人たちアメリカの右派を覆う怒りと嘆き
ア-リ-・ラッセル・ホックシ-ルド/布施由紀子/岩波書店
2018年10月出版
ISBN : 9784000613002
価格:本体2,900円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
アメリカは自分の国なのに、社会が急速に変わってしまい、まるで「自国に暮らす異邦人」の気分だ―。南部ルイジアナ州に暮らす共和党支持派の白人中間層の心情に向き合い、アメリカを分断する"共感の壁"を越える手がかりを探ったノンフィクションの傑作(二〇一六年度全米図書賞同部門ノミネート作)。

塩を食う女たち聞書・北米の黒人女性(岩波現代文庫B303)
藤本和子/岩波書店
2018年12月出版
ISBN : 9784006023034
価格:本体980円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
アフリカから連れてこられた黒人女性たちは、いかにして狂気に満ちたアメリカ社会を生き延びてきたのか。一九六〇年代の公民権運動・ブラックパワーの高まりと挫折を乗り越えた一九八〇年代に、多くの黒人女性と著者が語り合った記録。母から娘へ、生き延びるために受け継がれてきた一人一人の思い・体験が、美しい日本語でつづられる。

アイデンティティが人を殺す(学芸文庫マ18-3)
アミン・マアル-フ/小野正嗣/筑摩書房
2019年5月出版
ISBN : 9784480099266
価格:本体1,100円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
帰属先はひとつではない。人間の多様性と尊厳を希求した名エッセイ、ついに邦訳。文庫オリジナル。

超プロテスト・ミュ-ジック・ガイド(ele-kingbooks)
ステファン・ジェルクン/鈴木孝弥/Pヴァイン
2018年2月出版
ISBN : 9784907276928
価格:本体2,900円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
"ポリティカル"な音楽のパワーについて再考する!

『超プロテスト・ミュージック・ガイド』(原題:Agit Disco)は、2012年にUKで刊行された"ポリティカル"な音楽のパワーについて再考しようとする注釈つきのプレイリスト集。
日本版は、原書の内容にさらに日本人のリストを加えて、強力にパワーアップ!

コルトレ-ンele-king books(ele-kingbooks)
パオロ・パリ-ジ/日販アイ・ピ-・エス
2016年3月出版
ISBN : 9784907276522
価格:本体1,850円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
ジョン・コルトレーン──
その少年時代、軍隊時代、薬物依存、政治活動、そして恋愛と数々の伝説的レコーディング、その常軌を逸した生き方や時代、自らの背景を形成した重大な歴史の出来事を浮かび上がらせる評伝がコミックで登場。

ビリ-・ホリデイ-レディ・デイのためのブル-ス(ele-kingbooks)
パオロ・パリ-ジ/Pヴァイン
2017年9月出版
ISBN : 9784907276782
価格:本体1,950円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
元売春婦、麻薬中毒者、そして最初の「プロテスト・ソング」を歌った女性、偉大なるジャズ・シンガーの壮絶な人生を描いたコミック・ノベル

What the **** Is Normal?!
Martinez, Francesca/Virgin Pub
2015年9月出版
ISBN : 9780753555354
価格:本体1,858円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
This is the award-winning wobbly comedian Francesca Martinez's funny, personal, and universal story of how she learned to stick two shaky fingers up to the crazy expectations of a world obsessed with being `normal'.

Why I'm No Longer Talking to White People about Race : The Sunday Times Bestseller -- Paperback / softback
Eddo-lodge, Reni/Bloomsbury Publishing Plc
2018年3月出版
ISBN : 9781408870587
価格:本体1,204円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
THE TOP 5 SUNDAY TIMES BESTSELLER2018LONGLISTED FOR THE BAILLIE GIFFORD PRIZE FOR NON-FICTIONLONGLISTED FOR THE ORWELL PRIZEThe book that sparked a national conversation. Exploring everything from eradicated black history to the inextricable link between class and race, Why I'm No Longer Talking to White People About Race is the essential handbook for anyone who wants to understand race relations in Britain today.

Good Immigrant -- Paperback / softback
Shukla, Nikesh/Unbound
2017年5月出版
ISBN : 9781783523955
価格:本体1,204円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
Inspired by discussion around why society appears to deem people of colour as bad immigrants - job stealers, benefit scroungers, undeserving refugees - until, by winning Olympic races or baking good cakes, or being conscientious doctors, they cross over and become good immigrants, editor Nikesh Shukla has compiled a collection of essays that are poignant, challenging, angry, humorous, heartbreaking, polemic, weary and - most importantly - real.

ワンダ-
R.J.パラシオ/中井はるの/ほるぷ出版
2015年7月出版
ISBN : 9784593534951
価格:本体1,500円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
きっと、ふるえるーー
オーガストはふつうの男の子。ただし、顔以外は。生まれつき顔に障害があるオーガストは、10歳ではじめて学校に通うことになった。生徒たちはオーガストを見て悲鳴をあげ、じろじろながめ、やがて......。全世界で300万部売れた、感動のベストセラー!

Unforgotten Coat -- Paperback / softback
Boyce, Frank Cottrell/Walker Books Ltd
2012年10月出版
ISBN : 9781406341546
価格:本体1,126円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
Winner of the 2012 Guardian Children's Fiction Prize, this is a stunning and magical story of a summer of friendship which also explore the plight of refugees.

Handa's Surprise (Handa) -- Board book
Browne, Eileen/Walker Books Ltd
2016年5月出版
ISBN : 9781406366907
価格:本体844円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
In this board book edition of a picture book classic, a delightful surprise colourfully unfolds when a little girl called Handa puts seven delicious fruits in a basket to take to her friend.A beautiful board book edition of a bestselling modern classic, this is the story of Handa, who's part of the Luo tribe in south-west Kenya.

タンタンタンゴはパパふたり
ジャスティン・リチャ-ドソン/ピ-タ-・パ-ネル/ポット出版
2008年4月出版
ISBN : 9784780801156
価格:本体1,500円+税
本棚に登録カートに入れる店頭在庫検索商品はこちら
動物園にはいろんな家族がいます。でも、ペンギンのタンゴの一家はそのどれともちがっていました―。本当にあったペンギンの家族のお話。米国図書館協会のNotable Children's Bookに選定。数々の賞を受賞した話題作。


2019.06.14 注目の本  人文 社会 感動の一冊