イベントに行こう

時代の岐路を新しい切り口でとらえる「歴史の転換期 全11巻」

rekishinotennkannki.jpg
rekishinotennkannki-2.jpg
歴史の転換期 全11巻


木村靖二・岸本美緒・小松久男 監修


四六判 上製カバー装 本文9ポ縦一段組


平均300頁 


山川出版社


各本体3,500円+税

全巻のご注文はこちらから
*お支払いは各配本毎となります。

歴史の潮流を読む
世界の歴史の大きなターニングポイントとなった年代をとりあげ,その当時,各地域の人々がどのように生活し,社会の動きをどのように感じていたのか,世界史の共時性に重点をおきながら考えるシリーズ。歴史におけるマクロとミクロの視点の交差,及び横の広がり,縦の広がりの面白さを紹介する。

1巻 B.C.220年 帝国と世界史の誕生
南川高志 編 
藤井崇・宮嵜麻子・宮宅潔
紀元前220年を中心とした世界的古代帝国形成の時代を,西はローマ帝国およびローマに征服された地中海西部,ヘレニズム諸国家に焦点をあて,東は秦漢帝国を取り上げ,同時代の人が「帝国」という現実にいかに対応したかをみる。

2巻 378年 失われた古代帝国の秩序
南川高志 編
加納修・佐川英治・南雲泰輔・藤井律之
ローマ帝国が外部勢力に敗北したアドリアノープルの戦いや,中国の南北分立の端緒となる淝水の戦いなどをとりあげ,東西の帝国がいかにして統治の能力を失っていったか,帝国支配に基づいた秩序が崩壊したのち,世界はどのように変容したかをみる。

3巻 750年 普遍世界の鼎立
三浦徹 編
大月康弘・亀谷学・菊地重仁・妹尾達彦

4巻 1187年 巨大信仰圏の出現
千葉敏之 編
飯山知保・稲葉穣・大塚修・松浦史明

5巻 1348年 気候不順と生存危機
千葉敏之 編
井黒忍・井上周平・長谷部史彦・四日市康博・渡邊佳成

6巻 1571年 銀の大流通と国家統合
岸本美緒 編
薩摩真介・城地孝・平山篤子・堀井優・真下裕之・和田光司

7巻 1683年 近世世界の変容
島田竜登 編
川分圭子・伏見岳志・三木聡・守川知子

8巻 1789年 自由を求める時代
島田竜登 編 
太田淳・熊谷幸久・鈴木英明・松嶌明男・森永貴子

9巻 1861年 改革と試練の時代
小松久男 編
青島陽子・北村暁夫・佐々木紳・麓慎一・吉澤誠一郎

10巻 1905年 革命のうねりと連帯の夢
小松久男 編
長縄宣博・八尾師誠・藤波伸嘉・山根聡

11巻 1918年 現代への模索
木村靖二 編
池田嘉郎・紀平英作・深町英夫

2018.03.16 注目の本  世界史 歴史