新宿本店&グランフロント大阪店で開催中!「ポスト現代思想――新しい思想のダイアグラム」フェア

201602031722.png

紀伊國屋書店では、『現代思想 2016年1月号 *ポスト現代思想』『現代思想 2016年3月臨時増刊号 *人類学のゆくえ』の刊行を記念し、新宿本店グランフロント大阪店にて「ポスト現代思想――新しい思想のダイアグラム」フェアを開催中です。※3月上旬まで開催予定

201602041748.png

「思弁的実在論(Speculative Realism)」や「新しい唯物論(New Materialism)」、「オブジェクト指向存在論(Object-Oriented Ontology)」、そして、「人類学」のあたらしい潮流――当フェアでは、現代思想の最先端の議論を紹介しながら、「新しい思想のダイアグラム」を探っていきます。

◆ポスト現代思想◆

現代思想 第44巻第1号

現代思想 第44巻第1号

/ 青土社
2015/12出版
ISBN : 9784791713127
価格:¥1,404(本体¥1,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

特集*ポスト現代思想
【討議】
権威(オーソリティ)の問題 思弁的実在論から出発して/A・ギャロウェイ+千葉雅也 小倉拓也・千葉雅也訳

【エッセイ】
人文学と反復不可能性/東浩紀
エクストロ=サイエンス・フィクションは可能か?/佐々木敦
マンゴーと手榴弾 語りが生まれる瞬間の長さ/岸政彦
[出版社サイトより]

現代思想 第44巻第5号(3月臨時増刊号

現代思想 第44巻第5号(3月臨時増刊号

/ 青土社
2016/02出版
ISBN : 9784791713165
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

特集*人類学のゆくえ
【討議】
人類学=物語的想像力の"不自由な"跳躍/中沢新一+上橋菜穂子

【テクスト】
自然の人類学 コレージュ・ド・フランス教授就任講義[2001年2月29日(木)]/Ph. デスコラ 矢田部和彦=訳
歴史のモノたち 出来事とイメージの解釈/M・ストラザーン 深川宏樹=訳
アメリカ先住民のパースペクティヴィズムと多自然主義/E・ヴィヴェイロス・デ・カストロ 近藤 宏=訳

【チャート】今日の人類学地図 レヴィ=ストロースから「存在論の人類学」まで/石倉敏明
[出版社サイトより]

有限性の後で 偶然性の必然性についての試論

有限性の後で 偶然性の必然性についての試論

カンタン・メイヤス-、千葉雅也 / 人文書院
2016/01出版
ISBN : 9784409030905
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

この世界は、まったくの偶然で、別様の世界に変化しうる。人文学を揺るがす思弁的実在論、その最重要作、待望の邦訳。

神話・狂気・哄笑 ドイツ観念論における主体性

神話・狂気・哄笑 ドイツ観念論における主体性

マルクス・ガブリエル、スラヴォイ・ジジェク / 堀之内出版
2015/11出版
ISBN : 9784906708543
価格:¥3,780(本体¥3,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

アメリカにおけるヘーゲル・ルネッサンスの賑わいと、フランスのメイヤスーに代表される思弁的実在論の新展開。本書は今ドイツでもっとも注目を浴びる若き天才が、ジジェクとともにドイツ観念論の古典再解釈を通じて、そうした現代思想の新潮流を敢然と批判する。しかし、その展開は批判だけに留まらず、「存在論」を再び哲学の中心に据えることで世界を新たな理解へと導く。ドイツでブームとなっているガブリエルの書籍『なぜ世界は存在しないのか』のダイジェスト版論文の翻訳も特別収録。

◆ポスト構造主義◆

ドゥル-ズ 没後20年新たなる転回

ドゥル-ズ 没後20年新たなる転回

/ 河出書房新社
2015/10出版
ISBN : 9784309247359
価格:¥2,268(本体¥2,100)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

没後20年を迎える哲学者の新たな姿。宇野邦一×鵜飼哲、小泉義之×千葉雅也、江川隆男×堀千晶、檜垣立哉、廣瀬純他。

現代思想 第41巻第8号(6月号)

現代思想 第41巻第8号(6月号)

/ 青土社
2013/05出版
ISBN : 9784791712632
価格:¥1,337(本体¥1,238)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

フェリックス・ガタリ
【未邦訳テクスト】
エコロジーの倫理的争点/F・ガタリ 村澤真保呂・訳

【討議Ⅰ】
ガタリ化する世界 いくつもの逃走線を繋いで/杉村昌昭+村澤真保呂+近藤和敬
[出版社サイトより]

◆人類学◆

食人の形而上学 ポスト構造主義的人類学への道

食人の形而上学 ポスト構造主義的人類学への道

エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カスト、檜垣立哉 / 洛北出版
2015/10出版
ISBN : 9784903127231
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

アマゾンの視点からみれば、動物もまた視点であり、死者もまた視点である。それゆえ、アンチ・ナルシスは、拒絶する―人間と自己の視点を固定し、他者の中に別の自己の姿をみるナルシス的な試みを―。なされるべきは、小さな差異のナルシシズムではなく、多様体を増殖させるアンチ・ナルシシズムである。動物が、死者が、人間をみているとき、動物が、死者が、人間であるのだ。ブラジルから出現した、マイナー科学としての人類学。

部分的つながり

部分的つながり

マリリン・ストラザ-ン、大杉高司 / 水声社
2015/11出版
ISBN : 9784801001350
価格:¥3,240(本体¥3,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

今日もっとも大きな影響力をもつ人類学者の理論的主著。メラネシアのイニシエーション儀礼、カヌー、笛、小屋、仮面、編み袋、樹木、ヤム畑などの事例をもとに、私たちが自明視する人・事物・自然の対立に揺さぶりをかける。メラネシアの「社会性」とサイボーグに満ちた世界が部分的につながりあう地平を鮮やかにえがきだす、現代人類学の最高の精華。

◆自然哲学◆

三つのエコロジ-

三つのエコロジ-

フェリクス・ガタリ、杉村昌昭 / 平凡社
2008/09出版
ISBN : 9784582766516
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

人間自身がつくりだした、人間と人間を取り巻くあらゆる環境との関係の変化こそが、人間の未来を規定する。それは単に自然環境にとどまる話ではない。自然環境にくわえて社会環境、さらには人間の内面のあり方にかかわる精神環境が、当然のごとくそこに関与してくるはずだ。こうした考えが「三つのエコロジー」の根源にある。エコゾフィーの誕生。環境、社会、精神を統べる新たなエコロジー思想。

◆生命論◆

開かれ 人間と動物

開かれ 人間と動物

ジョルジョ・アガンベン、岡田温司 / 平凡社
2011/10出版
ISBN : 9784582767452
価格:¥1,404(本体¥1,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

人間と動物が交錯する未決定な例外状態の閾を、バタイユのアセファルから、コジェーヴのスノッブ、ユクスキュルのダニ、ハイデガーの倦怠へと縦横無尽に描き出す、生政治の超克と人類学機械の停止へむけた壮大な系譜学。"剥き出しの生"のさらなる探究。

◆偶然性の哲学◆

ヘ-ゲルの未来 可塑性・時間性・弁証法

ヘ-ゲルの未来 可塑性・時間性・弁証法

カトリ-ヌ・マラブ-、西山雄二 / 未来社
2005/07出版
ISBN : 9784624011703
価格:¥4,860(本体¥4,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

デリダの脱構築と、ヘーゲルの弁証法、ハイデガーの存在論の関係の生産的な問い直しを続け、現在フランスで最も注目される哲学者、カトリーヌ・マラブー。本書においてマラブーは、ヘーゲルの時間論を批判的に読解するハイデガー、ハイデガー哲学を批判的に継承するデリダといった複数の対話を潜在的に共鳴させることで、彼女自身の哲学の核心をなす「可塑性」の運動、すなわち、自ら形を与える―受け取るという時間的な塑造過程を見定めようとしている。

◆NM(新しい唯物論)◆

社会の新たな哲学 集合体、潜在性、創発

社会の新たな哲学 集合体、潜在性、創発

マヌエル・デ・ランダ、篠原雅武 / 人文書院
2015/11出版
ISBN : 9784409030899
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

物質的/非物質的諸条件、ネットワークによる交流の反復を軸に、小さな共同体から、企業、都市、国家、社会運動までをフラットに分析。有機体的社会観の乗り越えと、偶然的な創発の解明に挑んだ、新しい社会実在論の試み。

◆OOO(オブジェクト指向存在論)◆

Towards Speculative Realism : Essays and Lectures

Towards Speculative Realism : Essays and Lectures

Harman, Graham / Zero Books
2010/11出版
ISBN : 9781846943942
価格:¥1,844(本体¥1,708)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

洋書
These writings chart Harman's rise from Chicago sportswriter to co-founder of one of Europe's most promising philosophical movements: Speculative Realism. In 1997, Graham Harman was an obscure graduate student covering Chicago sporting events for a California website. Unpublished in philosophy at the time, he was already a popular conference speaker on Heidegger and related themes. Little more than a decade later, as the author of stimulating and highly visible books on continental philosophy, he was Associate Vice Provost for Research at the American University in Cairo, and a key member of the Speculative Realist movement along with Ray Brassier, Iain Hamilton Grant, and Quentin Meillassoux. This fascinating collection of eleven essays and lectures from 1997-2009, anchored by Harman's rebellious transformation of Heideggerian philosophy, show the evolution of his object-oriented metaphysics from its early days into an increasingly developed philosophical position. Each chapter is preceded by Harman's delightful and witty scene-setting commentary.

◆SR(思弁的実在論)◆

Protocol : How Control Exists after Decentralization (A Leonardo Book)

Protocol : How Control Exists after Decentralization (A Leonardo Book)

Galloway, Alexander R. / Mit Pr
2006/04出版
ISBN : 9780262572330
価格:¥3,991(本体¥3,696)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

洋書
New in paperback. Hardcover was published in 2004. A critical analysis of the protocols that control the Internet and the resistance to them.
"A Leonardo Book"

ご来店を心よりお待ち申し上げます。

2016.02.06 イベントに行こう  まなび 人文 じんぶん大賞