哲人たちはいかにして色欲と闘ってきたのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

哲人たちはいかにして色欲と闘ってきたのか

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784806714262
  • NDC分類 141.74

内容説明

神経学者は「官能」を司るニューロンを探し、薬学者は「官能」を調整する薬剤を調合し、医者は「官能」の不具合をいじくりまわし、フェミニストは「官能」に心を悩ませる。先人達も頭を悩ませ続けた「色欲」の世界。

目次

熱烈なる欲望
忘我の喜び
プラトンと欲
品性を保つために
アウグスティヌスと欲
性行為は罪なのか?
自然が意図すること
アートにおける色欲
シェイクスピアとドロシー#パーカー
ホッブスと快感のシンフォニー
カントとフロイト
ポルノグラフィーの役割
進化と欲望
性的欲望の意図するところ
色欲が輝くとき

著者紹介

ブラックバーン,サイモン[ブラックバーン,サイモン][Blackburn,Simon]
1944年イギリス生まれ。哲学者。ケンブリッジ大学で哲学を修め、オックスフォード大学のフェロー兼チューター、ノース・カロライナ大学の哲学教授などを歴任した後、ケンブリッジ大学哲学教授を退官。現在でもノース・カロライナ大学で特別教授として春学期ごとに教鞭をとる。2009年から2010年にかけてアリストテレス協会会長を務め、哲学を一般の人々にもわかりやすく伝えることに尽力した

屋代通子[ヤシロミチコ]
1962年兵庫県西宮市生まれ。横浜育ち。大学で国語学を学んだ後、出版社で翻訳校正業務に携わり、翻訳に道に入る。現在は札幌市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)