こうして私は53歳で、また東大生になった

  • ただいまご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784759309959
  • NDC分類 376.8

内容説明

暗記がまったくダメでも仕事をしながらでもできる平岩流・必勝勉強法。東大入試3度突破!気鋭の抗がん剤治療スペシャリストの文系初挑戦・熱中体験記。

目次

1章 もう一度、思う存分勉強したい(歴史を学び直そうと思った日;がんの患者さんから学んだ究極の生き方 ほか)
2章 これが平岩流・必勝勉強法だ(暗記に弱い私の秘密兵器「海馬力」;患者のプログラマーが作ってくれた最新「海馬力三号」 ほか)
3章 東大の入試システムと英数対策(受験科目が多い東大は穴場?;東大の入試は二段階になっている ほか)
4章 関門の国語と日本史はここまでやった(どうすれば国語力がつくのか;センター試験の国語の問題、理系の私に言わせれば… ほか)
5章 熱中すれば受験勉強もまた楽し!(三度受けた模擬試験の収穫;「受験浪人」の一年間、一度も休まなかった通信教育 ほか)

著者紹介

平岩正樹[ヒライワマサキ]
外科医。1953年広島市生まれ。77年、東京大学工学部物理工学科卒業。富士フイルム勤務を経て、東京大学理科3類に入学。84年、同大学医学部卒業。東大病院第一外科、国立がんセンター等を経て、94年4月から静岡県の共立蒲原総合病院外科部長に就任。同病院在職中に、がんの100%告知をはじめ、診療の完全情報公開を実施するとともに「がんの相談室」を開設。現在は、東京都中央区・中央サマリア病院にて行っている。また、2001年からはインターネット上で無料の「がんのWeb相談室」も始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)