ちくま文庫<br> 快楽としての読書 日本篇

個数:

ちくま文庫
快楽としての読書 日本篇

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • 1,500円以上ご注文頂きますと、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ 文庫判/ページ数 468,/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480429346
  • NDC分類 019.04

内容説明

丸谷書評は、読むに価する本の魅力を、普通の読者に向けてすっきりと語る。そして読者を本屋さんまで走らせる。読書共同体のための本の評判記にして書物の買物案内―そんな見本が123本。石川淳、大岡昇平から池澤夏樹、村上春樹まで、王朝和歌から谷川俊太郎まで、広辞苑、日本国語大辞典から絵本まで。ジャンルを超えた最高必読の本を推薦する文庫オリジナル第一弾。

目次

1 書評のある人生(書評と「週刊朝日」;扇谷正造と齋藤明が作つたもの;書評の条件)
2 書評122選(危険な日記―朝日重章/塚本学(編注)『摘録鸚鵡篭中記』
話術と散文―池内紀『諷刺の文学』
自然と人間の研究―池澤夏樹『母なる自然のおっぱい』
姉いもとは巫女―池澤夏樹『花を運ぶ妹』 ほか)

著者紹介

丸谷才一[マルヤサイイチ]
1925年山形県鶴岡生れ。68年「年の残り」で芥川賞、72年『たった一人の反乱』で谷崎賞、74年『後鳥羽院』で読売文学賞、85年『忠臣藏とは何か』で野間文芸賞、88年「樹影譚」で川端康成文学賞、99年『新々百人一首』で大佛次郎賞、2001年菊池寛賞、03年『輝く日の宮』で泉鏡花賞と朝日賞、10年『若い藝術家の肖像』(ジェイムズ・ジョイス)の翻訳で読売文学賞を受賞。2011年、文化勲章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

読めば書店に走りたくなる最高の読書案内。小説からエッセー、詩歌、批評まで、丸谷書評の精髄を集めた魅惑の20世紀図書館。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件