紀伊國屋書店

教育・研究のためのインターネット書店 BookWeb Pro

h_line1

h_line3

h_line.gifHOME ENGLISH

[学術資料] [教育・研究機関向けソリューション]

GALE
CENGAGE Learning

ミドルクラス、女性、大衆文化、第一次世界大戦…
高級紙と異なる視点で20 世紀の英国を映し出すタブロイド紙

Daily Mail Historical Archive 1896-2004


Daily Mail:現代大衆紙の原型

Daily Mail は、ノースクリフ・ロザミア兄弟によって1896 年に創刊された英国の新聞です。中流階級者層を読者層に掲げたDaily Mail は、見出しを大胆に、文章を短く、視覚的・文体的に訴える大衆向け戦略により急成長を遂げました。現代大衆紙の原型と言われています。
現在の発行部数は200 万部以上、常に「ロンドン・タイムズ」を上回る発行部数を維持してきたDaily Mail は、英国第二位の販売部数を獲得、そのサイトは世界で最もアクセス数の多いニュースサイトです。

Daily Mail Historical Archive 1896-2004 とは

“Daily Mail Historical Archive 1896-2004”は、Daily Mail を、創刊号より100 年以上にわたり誌面イメージでご提供、検索を可能にしたものです。Gale NewsVault 上で拡大中の中産階級市場の新聞・雑誌コレクションの一翼を担い、20 世紀の大衆文化の息吹を反映します。
「記録としての新聞」(the newspaper of record)であるロンドン・タイムズとは異なる重要な視点を提供し、過去に対し多角的な視点をもたらします。


ニュースレター

ジョン・レノンとDaily Mail

1960 年代までに250 万部以上の発行部数を誇ったDaily Mail は、ビートルズをも読者に取り込みました。”A Day In The Life”には”I read the news today oh boy”という歌詞が登場しますが、ジョン・レノンは、Daily Mail の記事から着想を得たと言われています。
また、Daily Mail はジョン・レノンが彼を殺害することになるマーク・チ ャップマンに自筆でサインしている写真を独占報道しました。

Daily Mail と女性

Daily Mail は最初期より女性を重要な読者層と定め、最初期の号より、女性向けコラムを掲載してきました。

  • ボーア戦争の戦況報道のために世界初の女性戦争特派員Lady Sarah Wilson を採用しました。彼女はボーア戦争時、南アフリカ共和国のマフェキングから戦況を報告、後継の女性特派員への道を拓きました。
  • 1968 年には世界初の女性向け新聞内雑誌"Femail"を発刊。現在も刊行されています。(詳細検索ではFemail に限定した記事検索が可能です。)
  • 女性読者層をつかむことで、女性をターゲットとしたブランド広告も獲得しました。
  • Daily Mail の”理想の家”展示会ではその時々の「理想の家」が表現されます。


広告研究のユニークな資料

高級紙と異なる読者層を持つDaily Mail の広告は、その時々の社会の状況を伝えるユニークな情報源です。小売・消費者産業の急速な発展に伴い、広告の価値が高まる中、Daily Mail はディスプレイ広告のスペースを拡張、特に服飾製品やデパートの広告に力をいれました。
創刊まもなく全面広告を掲載、1902 年に一面への全面広告掲載、1962年には英国初の全面カラー広告を掲載するなど、Daily Mail の積極的な広告戦略は、読者の需要をつかむと共に、広告主の取り込みにも成功し、同社の経済基盤を支えました。


第一次世界大戦期の貴重な情報源

第一次世界大戦中、Daily Mail は政治的に大きな影響力を持っていました。このことは、Daily Mail とその所有者ノースクリフに対するドイツの反応からもうかがえます。1917 年にドイツで鋳造された"hate medal"の片面で、ノースクリフ卿が毒のペンを研ぎ、プロパガンダを広める準備をしています。もう片面のサタンは、燃え上がる世界にDaily Mail をばらまいています。


砲弾危機

1915 年5 月、第一次世界大戦の最中、Daily Mail は、膠着状態となった西部戦線に砲弾を補給しなかったために攻撃に失敗したと、大きな記事と長文の社説で英陸軍相キッチナーを糾弾しました。このDaily Mail の主張は、アスキスからロイド・ジョージへの政権交代の遠因となります。

社会に論争を促すキャンペーン

「大衆紙は情報を提供し、読者を楽しませるのみならず、議論の場も提供すべき」というポリシーの下、Daily Mail は数々のキャンペーンを打ち出し、社会に論争をもたらしました。

  • 1911 年には全粒粉パンの栄養価をアピールするため、200 以上の記事を掲載。1920 年には帽子デザインのコンテストを開催、1930 年代にはネッシー探索、1935 年には雪男探索といった、心温まるキャンペーンも実施しています。
  • 1906 年にはイギリス海峡を飛行機で横断したら賞金£1,000、ロンドンからマンチェスターまでの完全飛行に成功したら賞金£10,000 を出すキャンペーンを実施、飛行技術の革新のスポンサー的役割を果たしました。
  • ボーア戦争の無検閲のニュースと写真を掲載することに成功、それまでに公にされなかった戦線の悲惨な状況を訴えました。
  • 若者の洗脳に関し、統一教会教祖文鮮明と、長期にわたる訴訟に臨みました。
  • 1992 年に起きた黒人の若者Stephen Lawrence の殺害事件において、容疑者を写真・名前入りで報道、人種差別的な観点から警察が十分な調査を実施しなかったことを批判しました。

大西洋版(The Atlantic Editions)

  • 1923-1931 年にニューヨーク-英国サウンサンプトン間を航行する大西洋遊覧船上で発行されたThe Daily Mail Atlantic Editions(大西洋版)は、5 日間の航行中、ロンドンおよびニューヨークから無線で船に届けられたニュースを船上の編集者が編集、毎日旅行者に販売したものです。
  • 本データベースでは、遠洋定期船(Aquitania 、Berengaria、Mauretania)で発行された版と、それより小型の船で発行された両方の版を収録しています。 両者は客層が異なり、広告の取り上げ方にも違いがみられます。
  • 乗船客は富裕なアメリカ人旅行者やビジネスマンが大半を占めていました。そのため、彼らの関心を満たすべく紙面が構成され、広告も含め、ロンドンの通常版とは異なる記事を掲載していました。アメリカ関連の記事が多く、アメリカの株式市場の詳細や野球のスコア等も掲載の対象となっています。社会史のユニークな一面を提供すると共に、世界恐慌直前の富裕者の生活を垣間見ることもできます。
  • このような形態の新聞の発行はDaily Mail が初めてではないものの、旅行者の需要を的確にとらえた大西洋版は大きな成功を収めました。


稀少な資料、大西洋版

大西洋版の原本は、Daily Mail の親会社、Associated Newspapers 所蔵のものが現存唯一とされていますが、原本の劣化が激しく、保存の重要性を鑑みて、本データベースへの電子化搭載が決定されました。電子化のためのページイメージ作成作業後、原本は再製本され、真空保管されています。なお、損傷が激しい場合や、原本が失われているものは、代替コピー入手ができず、データベースでも未収録です。


大西洋版の索引

通常の記事索引に加え、大西洋版では、船名、行き先の索引が付与されています。船の行き先により客層が異なるため、行き先索引を利用することで、掲載広告への影響を調べることができます。また、各船には専任編集者が乗り、編集作業を行っていたため、各編集者の声を知るのに船名索引が役立ちます。


高級紙とタブロイド

ロンドン・タイムズに代表される高級紙、Daily Mail をはじめとするタブロイド紙とでは、記事での取り上げ方、紙面構成が大きく異なります。客観的に事実を報道するロンドン・タイムズに対し、Daily Mail では、一人称の利用や、主観的・感情的な報道姿勢が顕著です。また、写真を大きく取り上げ、視覚に訴える紙面構成を採用しています。


収録版
  • 本データベースでは、Daily Mail の親会社Associated Newspapers 所蔵のマイクロフィルムからページイメージを取得、ロンドン最終版が採用されています。最終版が入手不可の場合は、それより早い版を採用しています。
  • マイクロフィルムの損傷や、製本された状態から取得されたため、画像が不鮮明なケース等、特に初期の刊行分において、利用に耐えないと判断された場合は、British Library 所蔵のマイクロフィルムからページイメージを取得しました。
  • 1926 年5月のゼネラルストライキでフリート街の新聞の刊行が停止した期間は、パリ発行の大陸版(Continental Edition)を収録し、期間的な欠落が生じないようにしました。
  • 大西洋版のページイメージは、Associated Newspapers 所蔵原本より取得されました。


ページイメージの画質とサイズ
  • 品質と操作性のバランスを考え、米国議会図書館の電子化プロジェクトの基準である400dpi でページイメージを作成しました。Daily Mail は20 世紀を通じて徐々に大型の図版を多用するようになるため、1962 年までは文字の鮮明さを重視して白黒画像を、カラーおよびハーフトーンの写真が定期的に掲載された1963 年以降はグレイスケール画像でページイメージを作成しています。
  • 1971 年5 月3 日にDaily Mail はブロードシートからタブロイド判に移行しました。ファイルの操作性を重視し、ブロードシート判は50%に縮小し、タブロイド判と同じサイズで収録しています。
  • 大西洋版はタブロイド判で発行されているため、サイズを縮小せず、400dpi、白黒画像でページイメージを作成、特別号は、400dpi、フルカラー、原寸大でページイメージを作成しています。

※権利上の理由で、一部収録されていない記事もございます。
※紙面イメージ(大西洋版を除く)はマイクロフィルム版からスキャニングされており、写真など画像は一部、不鮮明な部分がございます。その他原紙の保存状態によって、一部、反映しづらい部分がございます。
※検索用の本文のテキストデータは、OCR(光学式文字認識技術)によって自動的に生成されたものであるため、検索において100%の正確さを保証するものではありません。

ご利用プラットフォーム


ご契約形態

大学等、教育機関様へのご提供となります。
  • 年間購読、買切の2種類からお選びいただけます。いずれも同時アクセス数は無制限です。
  • 買切の場合
    • ご購入時に発生する買切価格の他、1年目より、毎年維持料金(Hosting Fee)がかかります。
    ※個別にお見積り申し上げます。もよりの弊社営業所までお問い合わせください。


無料トライアルサービス

  • 導入をご検討いただくにあたり、本契約と全く同等のデータ、検索仕様にて、1ヶ月間の無料トライアルが可能です。
  • トライアル申込書を印刷の上、FAXにてお申し込み下さい。

あわせてご検討ください

THE SUNDAY TIMES Digital Archive 1822-2006

〜ヴィクトリア朝以降の英国文化史の貴重な記録/調査報道の代名詞〜

The Listener Historical Archive 1929-1991

〜イギリス人の文化生活に根づくBBC の放送を反映〜


センゲージラーニング社のWEB商品は無料トライアルが可能です。
学術情報商品部雑誌・電子商品課または最寄りの営業所までお問い合わせください。


本ページに記載されている製品名などは一般に各社の商標または登録商標です

お問い合わせは学術情報商品部雑誌・電子商品課または最寄りの営業所まで

kino02

株式会社紀伊國屋書店 学術情報商品部 雑誌・電子商品課
〒153-8504 目黒区下目黒3-7-10
Tel 03-6910-0518 Fax 03-6420-1359 Email online@kinokuniya.co.jp

[学術資料]   [教育・研究機関向けソリューション]   [営業所一覧]   [前に戻る]


Copyright by Kinokuniya Company Ltd.