紀伊國屋書店

ログイン
会員登録
カートを見る






セーフサーチ:ON(OFFに変更)
商品詳細(和書)
電子版ありポイントキャンペーン
フレデリック・ショパン―その情熱と悲哀






リスト,フランツ【著】〈Liszt,Franz〉/八隅 裕樹【訳】
価格 ¥2,970(本体¥2,700)
彩流社(2021/08発売)
ポイント 135pt
ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(〜11/29)
ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月27日 11時54分現在)
通常、ご注文翌日〜2日後に出荷されます。

【ご注意事項】 ※必ずお読みください
◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
◆お届け日のご指定は承っておりません。
◆「帯」はお付けできない場合がございます。
◆特に表記のない限り特典はありません。

●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
280p/20cm/46判
商品コード 9784779127656
出版社内容情報
ショパンの芸術と生涯を描いた傑作!
世界中の誰もが知る超一流音楽家フレデリック・ショパンの生涯を、
その友人にして大音楽家であるフランツ・リストが敬愛をもって
書きのこした伝説的名著。72年ぶりの新訳!
リスト自筆の雑誌連載記事の付録つき!

●フランツ・リストとは?
《ラ・カンパネラ》、《愛の夢》など多数の名曲を
生み出した大音楽家である。

◆本書のポイント
・「ピアノの詩人」と評されたショパンの生涯について、彼と生前に切磋琢磨して「ピアノの魔術師」と呼ばれたフランツ・リスト自ら書き下ろした、重要な歴史的資料。
・ショパンの死後一年あまりで一気呵成に書き上げられ、ショパンという友への、フランツ・リストの親愛が詰まった名著。
・19世紀の音楽界にショパンの評価が定着するきっかけとなった意義深い一冊。

◆邦訳版のポイント
・原著にはない、フランツ・リスト自身が音楽家の地位などについて語った、当時の『ルヴュ・エ・ガゼット
・ミュジカル・ドゥ・パリ』誌の記事を付録として追加。
・本文中に登場する場面や事項に関連した図版を独自に追加掲載。
・国内では1949年以来、72年ぶりの新訳となる。

◆目次

『フレデリック・ショパン──その情熱と悲哀』

第一章 ショパンの音楽とその様式
第二章 ポロネーズ
第三章 マズルカ
第四章 ショパンの演奏
第五章 芸術家の生活
第六章 ショパンの生い立ち
第七章 サンド夫人
第八章 ショパンの最期

付録 『ルヴュ・エ・ガゼット・ミュジカル・ドゥ・パリ』の記事より
・音楽家の境遇と社会的身分について
・パガニーニの死について
・ショパンの演奏会

著者略歴
著・文・その他:フランツ・リスト

ハンガリーのピアニスト、作曲家。ベートーヴェンの弟子であるツェルニーにピアノを師事。卓越した演奏技巧を誇る天才ピアニストとして、フランスやドイツ、オーストリアなどで活躍した。作曲家としては、《愛の夢》や《ハンガリー狂詩曲集》を始めとする多くのピアノ曲を生み出したことや、詩的理想を音楽に結び付ける〈交響詩〉という境地を切り拓いたことで名高い。

翻訳:八隅 裕樹

1989年、兵庫県に生まれる。神戸大学経営学部卒業。地域金融機関に勤務する傍ら、文化振興に取り組む。米国コロンビア大学客員研究員(2017年から2018年)、ピアノ演奏音源のWEBアーカイブ〈VIRTUOSO PIANISTS BEFORE 1950〉の共同管理人(2020年から現在)、特定非営利活動法人レミニセンス代表(2021年から現在)などを務める。これまでに、西洋文化論を福野輝郎氏と井上裕氏に、ピアノ音楽を両澤隆宏氏に、それぞれ師事。

目次
第1章 ショパンの音楽とその様式
第2章 ポロネーズ
第3章 マズルカ
第4章 ショパンの演奏
第5章 芸術家の生活
第6章 ショパンの生い立ち
第7章 サンド夫人
第8章 ショパンの最期
付録 『ルヴュ・エ・ガゼット・ミュジカル・ドゥ・パリ』の記事より

著者等紹介
リスト,フランツ[リスト,フランツ] [Liszt,Franz]
1811-1886。ハンガリーのピアニスト、作曲家。ベートーヴェンの弟子であるツェルニーにピアノを師事。卓越した演奏技巧を誇る天才ピアニストとして、フランスやドイツ、オーストリアなどで活躍した。作曲家としては、“愛の夢”や“ハンガリー狂詩曲集”を始めとする多くのピアノ曲を生み出したことや、詩的理想を音楽に結び付ける“交響詩”という境地を切り拓いたことで名高い

八隅裕樹[ヤズミユウキ]
1989年、兵庫県に生まれる。神戸大学経営学部卒業。地域金融機関に勤務する傍ら、文化振興に取り組む。米国コロンビア大学客員研究員(2017年から2018年)、ピアノ演奏音源のWEBアーカイブ“VIRTUOSO PIANISTS BEFORE 1950”の共同管理人(2020年から現在)、特定非営利活動法人レミニセンス代表(2021年から現在)などを務める。これまでに、西洋文化論を福野輝郎氏と井上裕氏に、ピアノ音楽を両澤隆宏氏に、それぞれ師事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。