ボニータコミックス<br> 【大増量試し読み版】虚妄の女王~辺境警備外伝~ 1

紙書籍版価格 ¥660

ボニータコミックス
【大増量試し読み版】虚妄の女王~辺境警備外伝~ 1

  • ISBN:9784253264723

内容説明

ルウム復活暦1005年、北方辺境国のエアドロム王国で代々王の護衛を担ってきた武人の家に育ったフィアンナだったが、武術のたぐいは苦手だった。そんな彼女に戴冠のために国に戻る、次期女王セオドラ姫の警護にあたることになってしまう。姫と歳も近く顔も似ているフィアンナは、彼女を守りたいと誓うのだったが、国民への新女王のお披露目で催される馬上試合において、姫は命を落としてしまう…。そんななか、姫とフィアンナが似ていることに目をつけた伯爵が…!? 王位継承者が次々と不審死していくこの国で、フィアンナは数奇な運命にふりまわされてゆく!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

16
サブタイトルに『辺境警備外伝』って付いてたから、懐かしいあの人たちにまた会えるの?って思ってたのに、あぁ…世界はひとつかも知れないけれど、ルウムとは遠く離れた異国の地ではありませんか!このお話し自体が面白くないわけじゃないですよ?へっぽこで見習いレベルの女剣士が、新女王の護衛に大抜擢でさぁ大変って感じのドタバタコメディなノリから、事態は急変のシリアス展開へ。確かに北方の『辺境』国の姫君の『警備』ではあるわけだから、タイトル詐欺ではないかも知れませんが、でもね~期待が大きかっただけにしょんぼりですよ…2021/05/22

コリエル

5
辺境警備の外伝とあるが、今のところ関連性はほとんど出て来ない。なんせ本編のルウム王国は海の向こうらしく、繋がり的にはグラン・ローヴァ物語ぐらいのか細さかな。それはそれとして、影武者もののお話がラストのあの黒髪青年の登場でどう転がっていくのか気になるところ。2021/05/14

ぱやん

3
他の方の感想にもあるけれど、今のところ「辺境警備外伝」と言うよりは「辺境警備シリーズ」(世界設定が同じ)の方が正しい感じ。黒髪の彼はいったい何者?と気になる。2021/06/21

火烏

3
辺境警備はほのぼのがいいなあ。無理だろけど2021/06/12

こころのかおり

3
辺境警備外伝とのことだったので、なつかしい誰かが出て来るのかと思いきや、初めましてな国のお話でビックリ。王族がそんなにぼろぼろ死んでちゃ、もう国としてアカン気がするけど…2021/05/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17712499

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす