文藝春秋 電子版<br> 文藝春秋2021年12月号

文藝春秋 電子版
文藝春秋2021年12月号


内容説明

大正12年創刊の総合月刊誌。
政治、経済、文化、芸能まで、この一冊で「日本の今」がわかります。

目次

◎秋篠宮家「秘録」 この三年間に何が起きていたか 本誌特別取材班
■眞子さんの“小室一筋”に秋篠宮は「柔軟性がない」
■「女性宮家創設」の恐怖から姉妹で「皇室脱出計画」
■佳子さまは「一時金一億円」に目を輝かせた
■「父そっくり」悠仁さまは紀子さまを言い負かす
■「私はもう駄目かもしれない」紀子さまの涙
◎象徴天皇制の「聖」と「俗」 保阪正康

◎岸田総理に「聞く力」を聞く 阿川佐和子
◎開成OBの研究 小林哲夫
◎岸田は「安倍の呪縛」を断ち切れるか 赤坂太郎
◎河野洋平「太郎は力がなかった」 聞き手・篠原文也
◎霞が関「働き方改革」奮闘記 川本裕子
◎塩崎恭久70歳、里親になる

◎「矢野論文」大論争!
アベノミクス生みの親 浜田宏一
vs日本郵政社長 増田寛也
vs『人新世の「資本論」』著者 斎藤幸平

◎中国不動産バブルは弾けるか 高口康太
◎セブン-イレブン二兆円の大勝負 井阪隆一
◎「日本が悪い」と叫ぶ経営者が悪い 楠木建

◎原発から逃げた政治 竹内純子

◎「発達障害は才能です」 似鳥昭雄×勝間和代
◎斎藤佑樹 涙に濡れたハンカチ 石田雄太
◎橋幸夫 引退秘話 美空ひばりとサーベル襲撃 聞き手・中村竜太郎
◎中森明菜 元山口組組員の暴力と長い沈黙 西崎伸彦

【特集 2021年宇宙の旅】
◎宇宙で知った生と死の境界点 野口聡一
◎最新版 「宇宙の歩き方」 林公代

◎小池真理子「かたわれ」の死を書く 聞き手・佐久間文子
◎「日本沈没」小松左京の遺言 太田啓之
◎なぜ死刑囚・宅間守の妻になったか 小野一光

◎点滴不審死48人 殺人看護師の精神鑑定 岩波明

◎有働由美子のマイフェアパーソン35  ロバートキャンベル(日本文学研究者)
◎連載小説 三浦しをん「ゆびさきに魔法」

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす