創元日本SF叢書<br> 感応グラン=ギニョル

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

創元日本SF叢書
感応グラン=ギニョル

  • 著者名:空木春宵【著】
  • 価格 ¥1,899(本体¥1,727)
  • 東京創元社(2021/07発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784488018436

ファイル: /

内容説明

昭和初期、浅草六区の片隅に建つ芝居小屋。ここでは夜ごと、ある特殊な条件のもと集められた少女たちによる残酷劇が演じられていた。その日、容姿端麗で美しい声を持つ新人がやってくる。本来ここには完璧な少女は存在してはいけないはずなのに。彼女の秘密が明らかになるとき、〈復讐〉が始まる――。分かち合えない痛みと傷を抱えて生きる孤独な魂を描いた全5編。/【目次】感応グラン=ギニョル/地獄を縫い取る/メタモルフォシスの龍/徒花物語/Rampo Sicks/解説=橋本輝幸

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

82
読友さんにお勧めされた本。誰も「わたし」を見ちゃいない。手前勝手に人の不幸を解釈し、比較し、軽んじる。憐れみ、理解した振りをして善人としての証明にする。目的を果たす為の道具として使う。「自分はこうでなくて良かった」と安堵する為に嗤う。あまつさえ、一時の好奇心を満たし、娯楽として貪りつくすのがこの世界。一度でもそんな世界や人への呪詛を抱いた人には琴線に触れるだろう。(後、Fate HFの桜ちゃんが好きな人も)最もこの作品集を読む人も「お前も同じじゃないか」という冷徹な侮蔑の視点に晒されるのだが・・・。2021/10/31

いたろう

70
関東大震災からまもない浅草、体のどこかが欠損している少女ばかりを集めた芝居小屋の一座に、体はどこも欠けていないが、心が欠けている、そして、それ故にある特殊な能力を持っている少女がやって来たという表題作。その他、戦争中の女学校で、すべての女学生がゾンビ化していく運命にある「徒花物語」、失恋したら蛇や蛙になる病が蔓延している「メタモルフォシスの龍」等、全5編。いずれも、少女や若い女性たちが登場人物の中心となるダークファンタジー・SF集。ディープ、ダーク、グロテスクな世界感に圧倒される。これからが楽しみな作家。2021/11/17

タカギ

31
SF×百合×ミステリ。奇想短編集。全5編。最初の表題作にも驚いたが、2作目の『地獄を縫い取る』が抜群だった。3作目の『メタモルフォシスの龍』はミステリ的な意味で予想外だった。自分がこのパターンに騙されやすいのは分かっている…と、騙されたあとで思う。5作目が書き下ろしで、表題作のかなり未来の続編。全部まとめて極上でした。2021/11/11

ひさか

31
ミステリーズ! vol.96(2019年8月)感応グラン=ギニョル、東京創元社2019年12月Genesis白昼夢通信:地獄を縫い取る、東京創元社2020年8月Genesisされど星は流れる:メタモルフォシスの龍、Webミステリーズ!2020年12月徒花物語、書き下ろしRampo Sicks、の5つの作品を2021年7月東京創元社から刊行。創元日本SF叢書18。「地獄を縫い取る」のAI仮想人格を使ったアイデアと世界観にはなんとかついて行けたものの他の話の不気味な偏執猟奇的な内容について行けませんでした。2021/10/02

30
残酷劇をうっかり覗いてしまったかのような背徳と淫靡な雰囲気に浸れるSFゴシック短編集。きれいは汚い、汚いはきれい。少女は皆どこかに痛みや欠損を抱えて生きている。「私を見て」「あなたを喰べたい」「世界を呪え」「わたし達を憐れむな」彼女たちの怨嗟と祈りの声がヒリヒリと心に刺さる。昭和初期のアングラ少女劇団とか、恋をすると蛇になる病とか、ゾンビ化が進行する少女たちの学園生活とか。どの話も世界観が毒々しくも美しく、目をそらしたいのに心惹かれてしまう素敵な小説だった。(ちなみに脳内BGMはALI PROJECT。)2022/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18126829

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。