週刊文春 電子版<br> 週刊文春 2021年3月18日号

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

週刊文春 電子版
週刊文春 2021年3月18日号


ファイル: /

内容説明

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

目次

■■■NTT接待文書入手 総務大臣、副大臣もズブズブの宴■■■
ついに総務省官僚ナンバー2の更迭に発展したNTTによる総務省接待問題。
小誌のもとには、日々、内部から情報がもたらされ、さらなる全貌が見えてきた。
NTTが狙いを定めているのは官僚だけではない。
総務官僚に指示を出す総務大臣らにもその触手が……。

■■■芸能プロ女社長が未成年女優に強要する「夜のダブルベッド」■■■
人呼んで「女版ジャニーズ」。
女社長の「目利き」で堀北、桐谷美玲、黒木メイサを発掘してきた「スウィートパワー」。
だが、社長は所属女優を自宅に住まわせると、度を越した“寵愛”を。
耐えかねた女優は――。

■■福岡5歳児餓死“ママ友喰い”の蹂躙人生■■
「ママ友が悪口を言っている」「私は味方」。
その巨体の女は三人の息子を持つ母親に甘言、虚言を弄して近づき、心を完全に支配する。
最後は五歳の子の命まで――。
幸福な一家を蹂躙しつくした“恐怖のママ友”の正体を暴く。

■■今だから書ける「週刊文春」記者の3・11 石垣篤志■■
「何が起きているのかこの目で確かめたい」と震災直後の東北に入った小誌記者。
だが、街が消え、無数の命が奪われた惨状を前に、培ってきた経験や自負も吹き飛ぶ。
「このリアルを活字で伝えきれるか」と葛藤を重ねた十年後の今、あの時何を見たのかを振り返る。

■■「離婚の決意は変わらない」福原愛「モラハラ」「不倫」全内幕■■
イケメン夫からのモラハラで離婚を決意した福原愛。
その一方で、横浜・中華街での不倫デートを写真付きで報じられた。
拠点を日本に移したのはいいものの、台湾には実の母に三歳と一歳の子供を残したままだ。
一体、愛ちゃんの身辺に今、何が起きているのか――。

●高橋一生 あだ名が「教えてイッセイさん」なワケ
●丸川珠代「夫婦別姓反対」文書に夫は反対していた 
●永島優美アナ“さわやか婚”の裏で怒られた同僚アナ
●梶芽衣子「アルバム発売中止の真相をお話しします」
●スクープ連発男性記者は女性警部と「情を通じ…」
●茨城県加工シラス放射能“基準超え”数値はなぜ消えた
●阿川佐和子のこの人に会いたい 小林克也(ラジオDJ)

グラビア
●原色美女図鑑 山崎紘菜 撮影・羽田 誠
●ドキュメント 男の肖像 石井一久

好評連載
伊集院静/桑田佳祐/林真理子/みうらじゅん/草笛光子/町山智浩/宮藤官九郎/能町みね子/武田頼政/貴志祐介/土屋賢二/出口治明/柳家喬太郎/益田ミリ/東畑開人/東海林さだお/平松洋子

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です