中国オンラインビジネスモデル図鑑

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

中国オンラインビジネスモデル図鑑

  • 著者名:王沁【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • かんき出版(2021/03発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784761275327

ファイル: /

内容説明

シリコンバレーも注目する中国アプリの実力を徹底解剖。DX時代に必読の書!
ビジネス・起業・投資・企画開発に役立つ!

本書は世界屈指のオンライン大国、中国で人気のアプリ60個を厳選。そのビジネスモデルや機能、インターフェイス、マーケティング施策、資金調達などのさまざまな情報を図解や画像を交えながらわかりやすく解説していきます。
現在中国では革新的で便利なアプリやオンラインサービスが日々生まれており、シリコンバレーのIT企業などからも注目されています。しかし、中国のアプリは国内でしか使えないものも多く、TikTokやWeiboなど一部を除き日本ではあまり知られていないのが現状です。
今後、間違いなくデジタル化が進む日本でビジネスチャンスをつかむためには、全てがオンライン化されている中国で成功しているアプリやそのビジネスモデルについての知識を得ることは非常に有益です。
本書ではアプリの紹介だけでなく、中国の主要IT企業やキャッシュレス決済、ユニコーン企業が数多く生まれる理由など、中国のオンラインビジネスに関するコラムも収録。
中国進出を考えている人はもちろん、投資家、起業家、IT企業の企画・開発担当者、学生など、多くの人に役立つ貴重な情報が満載です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

山のトンネル

5
200以上のユニコーンが誕生した中国市場において、各分野で競走を勝ち残ったアプリの特徴やビジネスモデルが掲載されている。今や日本以上にデジタル化が進む中国のアプリからはIT企業だけでなく、多くの日本人にとって学ぶことがあるだろう。特に中国屈指のアプリ会社がユーザーを虜にするための工夫に着目すると新たな気づきがあるかもしれない。個人的には各種アプリのゲーミフィケーションについてもう少し詳しく知りたいと思ったが…それは別の機会にしよう。さて、このように中国アプリに対して日本人としてどうすれば良いのだろうか?2021/04/28

ctakekun

4
国の環境の違いはあれど、中国のオンラインサービスから日本が学べることは多そう。ライドシェア、乗り放題、複数人で楽しめるルーム機能など「うちの会社だったらこんなことができるかも」と想像しながら読み進められた。アプリのUIのページも参考になる。日本のアプリ解説した本ってあるのかな?2021/03/15

碧水

2
中国で人気のアプリが厳選され、よく分かる内容。中国ではスマホの誕生と同時期にITが普及したため、アプリ中心サービス。アプリを作り、ユーザーを増やしてから、利益を上げる方法を考え、徐々に機能を追加していく。2021/09/16

Go Extreme

2
SNS・情報:中国の主要IT企業について 生活:なぜ、中国のアプリは多機能なのか ショッピング・決済:ちゃっと機能が中国のECを劇的に変えた シェアリング・中古品取引:中国のキャッシュレス経済事情 エンタテインメント:中国のアプリにコミュニティ機能が搭載される理由 自己啓発・健康・美容:中国進出成功の鍵・KOLマーケティング 金融・資産・保険:中国のITサービスを変えたセサミクレジット 移動・旅行:投資家視点で見る中国IT企業 ビジネス:なぜ日本ではユニコーン企業が生まれにくいのか2021/04/02

リットン

1
調べれば見つけられる情報かもしれないが、こうやって一覧にしてくれて、キャプチャや模式図をつけてくれたことでわかりやくてよかった。あらゆるアプリにSNS機能がついているのが印象的で、個人的にはそんな機能いる?と思ったが、中国の今の若者世代はそれが刺さるのかな。またアプリネイティブだったり、チャットサポートが手厚かったりが印象的。GAFAから守られながら、国や地域に根ざしてその文化や人に最適なアプリ、UIUXを育てるのは良い戦略なのかもなあ。13億人いるからこその戦略かもしれないが。。2021/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17293094

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。