いま語らねばならない戦前史の真相

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy

いま語らねばならない戦前史の真相

  • ISBN:9784768457474

ファイル: /

内容説明

明治維新は正しかったのか? 戦前史にこそ、現代日本の難問を解く鍵がある!

ハト派の元エリート官僚と、行動右翼の戦前史をめぐる憂国歴史対談。明るいはずの明治時代の破綻ギリギリの頑張り、大国との連戦でもたらされた明治の変質、大正時代に迎えた知られざる近代日本の分かれ道、昭和時代の複雑な右翼思想の乱立状況について、この二人でしか明らかにできなかった〈歴史の読み方〉〈国がヘンになったときの危機管理術〉など白熱の議論を展開!

【著者】
孫崎享
1943年、旧満州国鞍山生まれ。1966年東京大学法学部中退。外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダでの勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任。2002~2009年まで防衛大学校教授。

鈴木邦男
1943年、福島県生まれ。67年、早稲田大学政治経済学部卒業。全国学生自治体連絡協議会初代委員長を務める。卒業後、70~74年、産経新聞社勤務。「楯の会」事件を契機に72年、新右翼団体「一水会」を結成。99年まで代表を務め、現在、顧問。

目次

序  章  同じ年に生まれて
第一章  明治維新再考
第二章  大正・一等国の隘路と煩悶
第三章  対米開戦の日本人
第四章  戦前史から何を学ぶべきか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひかりパパ

8
戦前との相似形の指摘に説得力あり。戦前は、国内恐慌ー関東大震災ー治安維持法ー日中戦争。現代はリーマンショックー東日本大震災ー秘密保護法。既に新たな戦前が始まっている。2015/07/28

トラッキー

3
「右翼」っぽい人と「左翼」っぽい人、しかも1943年の同い年生まれの二人が明治以降の日本の歴史をたどりながら、今の日本を憂え継承を鳴らす対談。民主主義も言論の自由も存在する現代の日本では、国民の熱狂の中で太平洋戦争に突き進んだ戦前のような愚かなことは起きないかという問いかけに、今の日本の方が愚かかもしれないと二人の意見が一致するところには背筋が寒くなる。今を見つめ、考えるために大事にしたい確かな少数意見が詰まった対談でした。2015/12/06

かじやん0514

1
日露戦争に勝ったがためにおごりたかぶって日本は間違った方向にいったという歴史修正主義の本。朝鮮の植民地支配や、アジアへの侵略についての記述はゼロ。帝国日本がなかったかのような話しぶり。だめだこりゃ。2014/11/05

jun

0
日本人の同調圧力。個人の尊厳を最も尊重すべき民主主義が日本に根づいていないのは、結局、今まで、一度も民衆が国家権力を倒した経験がないからではないかと感じた。2017/07/05

みりょん

0
「戦後史の正体」を読んで、じゃ戦前はどんなだったのか知りたいと思って読みました。日露戦争が転機だったとは。勝たないほうが良かったんですね。このときから日本人が現実を見なくなり、それは今も続いていて、今はさらにひどくなっている。それが反中反韓に繋がっている。あの戦争は民衆が、新聞が煽りに煽って始まったなんて。真実を見極める知を備えることが重要。2016/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8312055

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。