週刊文春 電子版<br> 週刊文春 2020年12月10日号

個数:1
  • Kinoppy

週刊文春 電子版
週刊文春 2020年12月10日号


ファイル: /

内容説明

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

目次

■■■安倍「秘書のせい」3つの嘘■■■
「桜を見る会」前夜祭を巡る問題が明るみに出たのは、およそ一年前のことだった。
国会で「補填の事実はない」と“虚偽答弁”を重ねてきた安倍前首相。
だが、黒川前検事長の辞任とともに事態は一変する。
東京地検特捜部が「桜捜査」に乗り出すと、安倍氏は――。

■■■虚栄の履歴 小室さん母子の正体■■■
令和皇室を揺るがす母子――。2017年秋の婚約内定会見以後、
3年余にわたって小誌は小室圭さんの友人や同級生、母・佳代さんの知人や
元婚約者X氏など、多数の人物を取材してきた。
過去のメモをもとに改めて徹底取材し、「将来の天皇の義兄」の真の姿に迫る。

■■冬コロナのリアル 「コロナは怖くない」を徹底検証する■■
第一波、第二波以上の猛威を振るっている新型コロナ。
だが、以前ほどの切迫を感じていない人も多いのではないだろうか。
「インフルエンザに比べればたいしたことない」「危機の煽りすぎでは?」――。
いよいよ冬に突入した今、これらの疑問を改めて総検証する!

■■菅首相もやっていなかった「マスク会食」■■
「ぜひ『静かなマスク会食』をお願いしたい。私も今日から徹底したい」
十一月十九日午前、そう呼びかけた菅義偉首相(71)。
前日に全国の感染者数が初めて二千人を超え、対応策として打ち出したのが
「静かなマスク会食」だった。ところが――。

■■「電車に飛び込め」「サラリーマンは乞食」東証一部上場社長の役員“5時間罵倒”音声■■
「お前みたいなクソは地獄に落としたる。死ぬまで償えボケェ」
「サラリーマンごときが。俺を怒らしたら怖えぞ」
ドスの利いた低い声、時おり巻き舌で大声を張り上げる。
この声の主、売上高約百億円、東証一部上場の代表取締役社長だという。


●Koki,セミヌードの裏にキムタク一家“姉ゴリ押し”術
●新しい地図とコラボ!? 中居正広が買った車とマンションの値段
●渡辺謙だけ別格 日本の役者が“連ドラ貧乏”になるワケ
●日経新聞“社長候補”が退社したハラスメントって何だ
●婦女暴行ミスター慶応候補を役員にした“華麗なる一族”
●工事代を倍額支払い 高速道手抜き企業を放置した戦犯
●1時間逡巡し…“魔のホーム”から飛び降りた80代50代母娘
●阿川佐和子のこの人に会いたい 宮本亞門(演出家)

グラビア
●原色美女図鑑 鈴木保奈美 撮影・浅井佳代子
●デビュー40周年&還暦記念インタビュー 佐藤浩市

好評連載
伊集院静/桑田佳祐/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/能町みね子/柚月裕子/貴志祐介/土屋賢二/出口治明/柳家喬太郎/益田ミリ/東畑開人/東海林さだお/平松洋子

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です