週刊文春 電子版<br> 週刊文春 2020年11月26日号

個数:1
  • Kinoppy

週刊文春 電子版
週刊文春 2020年11月26日号


ファイル: /

内容説明

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

目次

■■■秋篠宮が覚悟 眞子さまを“勘当”する■■■
小室さんとの結婚は<自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です>。
仲睦まじい一家に亀裂を走らせた眞子さまの結婚問題。
だが眞子さまは、何があっても彼と結婚する不退転の決意を示された。
対する父も、悲痛な覚悟を持っているという――。

■■■冬コロナ緊急事変■■■
北海道をはじめ、全国的に感染拡大が止まらない。
GoToトラベルの中止を求める声も高まっているが、菅首相は「問題ない」と事業を継続する意向だ。
果たして、その言葉を信じていいのか。
重症化率や世代間格差……最新データの分析で分かった「本当の冬コロナ」。

■■暴力団が仲介した 菅内閣 政務官“不倫示談” 西崎伸彦■■
ここに「弁明書」と書かれた一枚の文書がある。
沖縄県在住の団体役員A氏に宛てられたもので、差出人には「沖縄旭琉會」の文字に続き、旭琉會の二次団体の名と幹部のX氏の名前が記され、実印が押されている。
本文に登場するのは、この九月に菅義偉首相に外務政務官に起用された国場幸之助衆院議員(47)である。

■■小林麻耶“暴走”実況中継「別の人間が降りてくる」■■
十月二十七日早朝。一台のタクシーが東京・赤坂に急行していた。
乗客はフリーアナウンサーの小林麻耶(41)と夫の國光吟氏(37)。
TBSの玄関前に到着すると、麻耶は夫を残して単身、局内に乗り込んでいく。
しかしこの日、麻耶の出演番組は無く、誰ともアポを取っていなかった――。

■■「エール」の秘密■■
コロナでの中断や志村けんさんの死を乗り越え、十一月二十七日に最終回を迎える「エール」。
薬師丸ひろ子の讃美歌独唱やインパール作戦の凄惨な描写……朝ドラ史に残る名場面が幾つも生まれた。
クライマックスを前にテレビには映らない「6つの秘密」をお届け!

■■逃げる近藤真彦に妻が激怒「離婚する」■■
近藤真彦、無期限の芸能活動自粛。
十一月一七日零時、衝撃的なニュースが駆け巡った。
小誌先週号の、女性社長との「略奪五年不倫」報道を受けてのものだった。
そこに至るジャニーズ事務所の対応、各メディアの忖度、そして近藤の動き――すべてを詳らかにする!

●損失14億円松田聖子ディナーショーは1カ所だけ ●羽生善治入院を東京駅で知った豊島竜王の“意外な一手” ●高速道鉄筋なし企業と副大臣“蜜月のパーティ券” ●リストラ、営業利益半減…電通が鬼十則を捨てる
●阿川佐和子のこの人に会いたい 川島明(芸人)

グラビア
●原色美女図鑑 吉岡里帆 撮影・三瓶康友
●明日の飛躍を誓う 原石美女図鑑
●人気番組「人生の楽園」が教える ライフシフトに成功する人とは

好評連載
伊集院静/桑田佳祐/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/能町みね子/柚月裕子/貴志祐介/土屋賢二/出口治明/柳家喬太郎/益田ミリ/東畑開人/東海林さだお/平松洋子

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です