京都四条 月岡サヨの小鍋茶屋

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,705
  • Kinoppy
  • Reader

京都四条 月岡サヨの小鍋茶屋

  • 著者名:柏井壽【著】
  • 価格 ¥1,617(本体¥1,470)
  • 講談社(2020/11発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065215654

ファイル: /

内容説明

〈ドラマ化『鴨川食堂』の人気作家、初めての幕末時代小説〉
「いやもうとにかく面白い、そして何より旨そうだ! 幕末の京を舞台に偉人怪人相手に繰り広げられるサヨの絶品料理。さすがは京都の名物グルマン、調理の細部に至るまで描写と蘊蓄が完璧だ。料理人必読」【13年連続ミシュラン三ッ星獲得】日本料理かんだ・神田裕行氏推薦!

頃は幕末、清水寺にほど近い京都四条。「小鍋茶屋」は、近江草津出身の月岡サヨがひとりで切り盛りする料理屋。縁あって訪れる客とサヨが料理をとおして心を通わせる。サムライの江戸時代からハイカラな近代へと移ろう時代、つかの間の安らぎを得た志士たちはサヨに何を語るのか? 風情漂う京の街で、今夜も美味しい料理を求めて幕末人が集う。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ジュール リブレ

78
京都四条のお寺の離れに美味しいおにぎりで有名な小さなお店。サヨは一組だけの夜のお任せ料理も出している。冷蔵庫もない幕末期、季節ごとの旬のものを小鍋仕立てに美味しそうに。干支に因んだ妙見参りも、古本屋で見つけた落語家の語りも交えて楽しいシリーズがはじまりました。しゃも鍋、鰻鍋、鱧鍋、豆腐鍋。黒豚鍋が今一番食べたいかな。2021/01/24

ぶんこ

54
柏井さんお得意の食堂を舞台にしていて面白かったです。時は幕末の京都。名もない小さなお寺の一角の小さな小鍋茶屋を開いた月岡サヨ。(この名前、いい名前ですね。さらっと言えます。)料理の才能を妙見さんの口添えで料亭菊屋のフジさんに見出され、昼はおにぎり、夜は1組限定の小鍋料理を出すお店を出します。訪れる夜のお客さんに幕末の有名人?が多いのも想像する楽しみがあって面白かったです。おにぎりの具が色々と紹介されるのも楽しい。結構飲兵衛なサヨさんという設定も面白い。楽しく面白い内容に続編が待ち遠しくなりました。2021/02/10

リコリス

34
おもしろかった〜。出てくるお料理がどれも美味しそうでたまりません♡落語の語りに最初は戸惑いつつもどんどん耳なれて?あっという間に読了。幕末の京都で昼間はおにぎり販売、夜は小鍋料理を出す小さな茶屋を営むサヨといつも知恵を与えてくれる妙見さん。小鍋茶屋のお客さんが歴史に絡んでいるので幕末の事をもっと知っていたらさらに面白いと思う。料理に工夫を凝らすサヨと気持ちの良い人たちと京都の町並がいいなぁ。柏井さん次作も楽しみにさせてもらいます。さぁとりあえずおにぎりが食べたい(笑)2021/03/28

ひさか

33
小説現代2020年4月しゃも鍋、に書き下ろしの鰻鍋、黒豚鍋、鱧鍋、豆腐鍋を加えて、2020年11月講談社から刊行。5つの連作短編。サヨさんのお料理の出し方は、同じ作者の鴨川食堂と似てるなーと思いました。幕末の京都を舞台にして、歴史で活躍した人物たちをこっそりと登場させたり、京都妙見さん巡りを忍ばせたりのお話サービスが面白い。割烹形式のお店をデザインしたサヨさんの次の展開が気にかかります。2021/01/06

tetsubun1000mg

30
柏井壽さんの新作は凝った作りとなっている。 現代の噺家が台本のネタ探しに古本屋で見つけた「小鍋茶屋の大福帳」を読み込んで面白さを知って紹介するという設定。 茶屋を切り盛りするサヨの店を訪れる「珍客」に毎回驚かされる。 幕末の偉人たちが偽名ながらもっともらしい風体で登場するのが面白い。 薩摩藩で体の大きなあの人は、薩摩言葉バリバリでの会話が本場と同じで良く調べてあり驚くほどの再現度です。 京都の妙見さんめぐりも面白そうだし、石像が歩いてきて話し出すなんて愉快すぎる。 料理もありTVドラマ化されそうな感じだ。2021/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16863844

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。