週刊文春 電子版<br> 週刊文春 2020年10月22日号

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

週刊文春 電子版
週刊文春 2020年10月22日号


ファイル: /

内容説明

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

目次

■■■二階幹事長 親密企業がカジノ隣接地3千坪を買っていた■■■
田中角栄を抜き、歴代最長となった二階俊博・自民党幹事長。
3年間で「政策活動費」27億円を受け取り、
二階派の集金力もうなぎ上りだ。二階が旗振り役となって進める
地元・和歌山県へのカジノ誘致。その隣接地を保有するのは、
彼の40年来の有力後援企業だった。

■■■遺される妻が困らない夫婦でやるべき準備15■■■
長年連れ添った夫婦にも、必ず別れる時が訪れる。
遺された妻は夫の死後の手続きに追われ、生活も一変……。
だが、そのときに向けて、夫婦が二人とも元気なうちから
15の準備をしておけば、妻は大変な苦労をせずに
安心して暮らせるのだ。必須の備えを徹底解説!

■■「能年玲奈はなぜ消えたのか」判決確定 本誌はこう考える■■
十月七日、女優・能年玲奈(27、現・のん)の記事を巡る本誌と
芸能事務所レプロエンタテインメント(以下レプロ)との名誉毀損訴訟で、
最高裁が本誌の上告を退けた。本誌に対する損害賠償額約一億一千万円の求めに対し、
計四百四十万円の支払いを命じた東京高裁の判決が確定した。

●学術会議「ウソ情報」がバレて菅首相「国会答弁」猛特訓
●防衛省への118万返納を止めた菅側近議員の言い訳
●GoToトラベル事務局は仕事ナシでも「日当4万円」
●“サラリーマン球団社長”が名指しする阪神「本当の戦犯」
●「エール」二階堂ふみ 慶応7年生で卒業が…
●読売新聞エース記者が韓国で逮捕されていた
●芦田愛菜が「徹子の部屋」NGなのはナゼ
●舘ひろしに新事務所設立を決意させた渡哲也の一言
●売れっ子フワちゃん は中学時代から先生呼び捨て
●囲碁仲邑菫 母が明かす9時間睡眠、TVなし、ネットは…
●出演者選定に注文、お付きスタッフも加藤綾子 が女帝化している
●秋篠宮「立皇嗣の礼」に立ちはだかる眞子さま小室さんとの毎日TV電話
●阿川佐和子のこの人に会いたい 塩田武士(作家)

グラビア
●原色美女図鑑 森 七菜 撮影・丸谷嘉長
●爆笑問題・田中裕二 復帰ライブに密着撮
●気仙沼に生きる漁師たち 海の男は美しい!

好評連載
伊集院静/桑田佳祐/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/能町みね子/柚月裕子/貴志祐介/土屋賢二/出口治明/柳家喬太郎/益田ミリ/東畑開人/東海林さだお/平松洋子

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です