Dr.コトー診療所 愛蔵版 2

個数:1
  • Kinoppy
  • 特価

Dr.コトー診療所 愛蔵版 2


ファイル: /

内容説明

TVドラマ(フジテレビ系、主演:吉岡秀隆)になって社会現象を巻き起こした離島医療をテーマにした名作「Dr.コトー診療所」。その原点である漫画版を今一度読み返そう!(2004年 第49回小学館漫画賞一般部門受賞作品)。

東京から来た週刊トポス記者・巽 謙司は、3年前に、自身の妹が交通事故に遭った際、救急医だったコトーの不手際で殺されたことを恨みに思っていた。そして、この離島でまだ医者をやっているコトーを追い出そうと島の住民にこの事実を教え、「コートは殺人者だ」と言いふらした。それを信じた島民たちは、コトーに退島を命じ、あと3日で島を出ることになってしまう。そんな時、大雨が降って、巽と村の子供4人が車ごと土砂崩れに巻き込まれてしまう。幸い、子供4人は助かったが、巽とクニオ君が車内に閉じ込められた。スキをみてレスキューが救助をしたが、クニオ君は腹部に傘が刺さり、巽は右脚骨折、さらに頭部にも怪我を負っていた。コトーは巽が硬膜外血腫という重傷で緊急手術が必要であることを見抜く。しかも、クニオ君のお腹の傘も手術で抜かなければならなかった。医療施設の乏しい離島でいっぺんに2つの手術をこなさなければならないコトー。果たして、このダブル手術は成功するのか? そして、巽のコトーへの恨みは消えるのか?

<目次>
●第2巻
KARTE.11「Dr.コトー、狙われる。」
KARTE.12「Dr.コトー、追いつめられる。」
KARTE.13「Dr.コトー、命をはる。」
KARTE.14「Dr.コトー、見ぬく。」
KARTE.15「Dr.コトー、泣く。」
KARTE.16「Dr.コトー、患う。」
KARTE.17「Dr.コトー、倒れる。」
KARTE.18「Dr.コトー、復活する。」
KARTE.19「Dr.コトー、任せる。」
KARTE.20「Dr.コトー、捜す。」
KARTE.21「Dr.コトー、あやす。」

初出:週刊ヤングサンデー(小学館)2000年40~52号