新聞記者・桐生悠々 忖度ニッポンを「嗤う」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy

新聞記者・桐生悠々 忖度ニッポンを「嗤う」

  • 著者名:黒崎正己【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • (株)現代書館(2020/10発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784768458662

ファイル: /

内容説明

抵抗のジャーナリストが鳴らす令和への警鐘!

明治末から昭和初期にかけてファシズム批判を展開し、信濃毎日新聞主筆時代に書いた社説「関東防空大演習を嗤(わら)ふ」が陸軍の猛反発を招いたことで知られる石川県出身のジャーナリスト・桐生悠々の評伝。本文中の俳優・中村敦夫氏発言「彼が警告していることは、まさに今ね、びしびしと現代社会に当てはまるようなことを言ってんですよ。要するに、全然人類社会は進歩していないじゃないか。桐生悠々は未来、未来と言っているけど、未来は今ですよ」。本書を一読すると、悉くその先見性に驚かされる。

【著者】
黒崎正己
北陸朝日放送(HAB、本社・金沢市)報道担当部長。50歳。2018年に放送されたドキュメンタリー番組「言わねばならないこと 新聞人・桐生悠々の警鐘」の担当ディレクター。同番組は、第1回「むのたけじ地域・民衆ジャーナリズム賞」大賞を受賞。

目次

プロローグ――桐生悠々を描かねばならなかった理由
第1章 「無冠の帝王」桐生悠々の背景
第2章 関東防空大演習を「嗤う」
第3章 「だから、言ったではないか」
第4章 言わねばならないこと
第5章 あのころの「未来」
第6章 騙されてはいけない
第7章 「反骨」の系譜
エピローグ――私とあなたの責任

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kawa

27
戦前、我が郷土のマスコミの雄・信濃毎日新聞社記者として、「関東防空大演習を嗤う」を著し軍部から睨まれその職を追われた桐生悠々。彼の気骨の著作人生を追いながら、昨今の安倍一強内閣の姿勢とマスコミの対決をリポート。桐生という方を知れたことは良かったが、「関東~」と北朝鮮からの「弾道ミサイル想定避難訓練」を同列に論じるのにはやや違和感。権力側もマスコミもその政策や報道を通じて支持者を増やすことは(例え、それが煽りであっても)、ゲームのルールのうちだし、お互い大いにやり合うことが健全な社会だと思う。(コメントへ)2020/10/03

ロビン

19
北陸朝日放送の報道記者が、明治末から昭和初期にかけて反権力の言論戦を展開した気骨の新聞人・桐生悠々を取り上げた本。2017年に安倍政権下で行われた「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」に対する疑問を感じた著者は、桐生悠々の軍部批判「関東防空大演習を嗤う」を思い起こしたという。現代よりも遥かに厳しい統制下で権力を批判した悠々の生涯や言論人としての戦いを本人の文章を引用しつつ紹介しており、熱い内容。犠牲を伴う義務を、ただ一人であっても遂行するー「言わなければならないこと」を言う勇気を悠々から分けてもらいたい。2021/08/25

おにぎり

19
2021年石川県輪島で行われた弾道ミサイルの避難訓練。 実効性も意味もない訓練を桐生悠々ならどう『嗤う』のか。 防空演習の物議を醸した記事のみならず、「日本はどれだけ強いか」「見通しのきかぬ時局とその結果」「あさましい国家とこれに巣喰う人間」と論評記事が悉く発禁され、辞職に追い込まれた悠々。第二次大戦の最大の過ちはメディアが国民を戦争に先導した報道をしたこと。北朝鮮や中国に怖がって軍備拡大すれば社会教育福祉を削り、→ 2021/06/20

Steppenwolf

3
Eこのコロナウィルス蔓延の最中に本書を読み終えた。桐生悠々の時代に反戦的発言をした勇気は,まさしく言わねばならないことを書いたということである。私なんぞはハンドルネームを使ってこのサイトで本の感想を書いていてかなり自分を抑えて書くことがある。特に時の政権に関連するときである。せめて本書に登場する望月記者を応援ぐらいさせてもらう。この本でも感想は私を含めて11名とは。これは忖度故か。2020/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14282264

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。