週刊文春 電子版<br> 週刊文春 2020年9月17日号

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

週刊文春 電子版
週刊文春 2020年9月17日号


ファイル: /

内容説明

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

目次

■■■菅義偉「美談の裏側」集団就職はフェイクだった■■■
「イチゴ畑から日本の頂点へ(米ウォール・ストリート・ジャーナル紙)」。
菅義偉官房長官が出馬会見で語った立身出世物語は多くの人の心を掴み、世論調査の支持率も急上昇している。
だが、その「美談」は真実なのか?
総力取材で“新総理”の半生を辿ってみると――。

●岸田文雄に美人妻へのプロポーズを聞いたら仰天答弁 ●石破茂 進次郎 河野太郎ざんねんな人気者の敗因事典 ●NHK前田会長「岩田記者を出すな」指令疑惑を直撃

■■■「半沢直樹」を10倍楽しむ7つの秘密■■■
七年ぶりに始まった新シリーズ。前作の「倍返しだ!」に続き、「施されたら施し返す、恩返しです」「おしまいDEATH!」など名言も毎回炸裂、視聴率も右肩上がりだ。
九月末の最終回に向けて、これを知っていればドラマを10倍楽しめる、7つの秘密を総力取材!

■■「8割おじさん」西浦教授に直撃110分■■
「いまは野球で例えるならば、二回表の新型コロナウイルスの攻撃が終わり、二回裏に入ったところです」
こう語るのは、“8割おじさん”こと西浦博・京都大学教授(43)だ。
第二波襲来を予測していた西浦氏は、現在の状況をどうみているのか。
百十分にわたって小誌のインタビューに答えた。

■■高松2人娘をBMWに15時間“放置死”社長夫人・PTA役員の母「ウソ人生」■■
後部座席に横たわるワンピース姿の姉妹。
その唇は青紫色に変色し、つぶらな瞳は光を失いつつあった。
「子供たちが熱中症なんです」
救急隊員が到着すると乱れ髪の女は酒臭い息を吐き出し、唇を震わせていたという。
死の直前まで子供たちの手に握られていた人形は、十五時間以上にわたり藻掻き苦しんだ二つの小さな命を無言で見つめていた――。

■■コロナより怖い誤嚥で死なないために■■
もちろんコロナは怖い。日本での累計死者は約千四百人。
だが、その怖さばかりに気を取られ、年間死者が三十倍にもなる危険への備えが疎かになってはならない。
若大将を襲った「誤嚥」とは何か。それが引き起こす誤嚥性肺炎とは。
識者が原因から対策までを解く。

●泥酔騒動田中圭が酒を呑めなかった過去 ●「うるさいおばちゃん」伊藤健太郎が育ての親と決別した ●貴景勝嫁取りで“金星”「大関二世会」が狙うアノ力士 ●横浜小4女児誘拐38歳犯人はワイセツ保育士だった ●案里激ヤセ、女性秘書は涙 河井前法相裁判の修羅場
●阿川佐和子のこの人に会いたい 伊集院静(作家)

グラビア
●原色美女図鑑 蒔田彩珠 撮影・松岡一哲
●食べるな、木けん!

好評連載
伊集院静/桑田佳祐/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/能町みね子/柚月裕子/貴志祐介/土屋賢二/出口治明/柳家喬太郎/益田ミリ/東畑開人/東海林さだお/平松洋子

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です