魯肉飯のさえずり

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,815
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

魯肉飯のさえずり

  • 著者名:温又柔【著】
  • 価格 ¥1,815(本体¥1,650)
  • 中央公論新社(2020/08発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 400pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784120053276

ファイル: /

内容説明

ママがずっと、わたしの恥部だった――

就活に失敗し、逃げるように結婚を選んだ桃嘉。
優しい台湾人の母に祝福されるも、理想だった夫に
一つ一つ〈大切なもの〉をふみにじられていく。
「もしも、あたしが日本人ならと思う」

台湾と日本のはざまで母娘の痛みがこだまする長篇小説

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

旅するランナー

242
台北に1年住んでいたことがあり、台湾の方々の情の深さ、日本人への優しさをしみじみ思い出します。この小説は、台湾人の母と、日本人の父の間に生まれた娘との愛情と優しさに満ちた関係が描かれます。「誰よりもあなたがあなた自身のことを一番思いやってあげなくては。自分自身をないがしろにしながら人様のことを大事にしようだなんて、そんなことできっこないよ」など心に響く言葉がさえずられます。フラッシュバックするような言葉の数々に、しっとりした趣きがあります。誰かの親であったり誰かの子であったりする人に共感を与える物語です。2020/12/10

まーくん

141
台北で日本人と出会い結婚、東京に暮らす台湾人の母・雪穂、東京で生まれ育っ娘・桃嘉。二人の視点で交互に語られる母娘の愛情と苦悩。雪穂の台湾語混じりの中国語。娘に十分気持ちを伝えられない日本語。周囲の友達に注視される母の中国語に萎縮する桃嘉。悩みを抱えた桃嘉は台北近郊・淡水の母の実家を訪ね、祖母や伯母たちと過ごす間、魯肉飯の味と共に、家族の日本語、中国語、台湾語が関わる歴史を知る。「ことばがつうじるからって、なにもかもわかりあえるわけじゃない」わかりあうということは、もっと深い感情から紡がれるものに違いない。2021/04/25

みどどどーーーん(みどり虫)

132
読み友さんのレビューで読みたい本登録したことを忘れてて、別な読み友さんのおかげで思い出して読んだという、読み友さん・読メありがとう!な一冊(前置き長っ)。とても良かった。はじめの方こそ桃嘉に対して辛く切ない気持ちになったけれど、その心情描写に引き込まれ、雪穂の章では何度も胸が熱くなった。母親としての想いは国に関係なく同じ。この娘と母に心の中で声援を送り続けながら読んだ。彼女達の周りの大切な人達も魅力的で特に茂吉がすてき。読めて本当に良かった。私はサンピィパではないけれど、ロバプンたくさんたくさん食べたい。2021/10/16

buchipanda3

124
サンピィパ、プイプイ、プイエ、ふふっ、読んでいるうちに台湾の言葉が頭に残っていた。台湾育ちの母親・雪穂と日本生まれの娘・桃嘉との家族の繋がりを描いた物語。母親と娘の言語のすれ違いは歯がゆい苦しみと疎外感を生んでしまう。でも言葉が通じるから心もとは限らない。桃嘉とその夫の関係はまさに。心の結び付きは互いの尊重と受容、そして好きであることから。母と娘、祖母と母親の慈しみに満ちた会話にジンとなった。台湾料理が美味しそう。魯肉飯のご飯何杯でもにお腹が鳴る。笑みがこぼれそうに食べる姿が何よりも大切なものに見えた。2020/10/13

fwhd8325

118
男と女の話ではなく、家族の物語でした。以前、台湾や中国の映画が好きで、公開される作品を追いかけていたことがありました。そこに描かれる家族の姿に、私自身の子供の頃を重ねていたこともありました。どんなことがあっても、家族は強い。それは、お互いが大切に思い、信頼しているから成し得るのだと思う。男、日本の男はこのようなイメージなのだろうか。だとしたら情けないように感じるけれど、それも現実かもしれない。後半になると涙が流れて止まらなかった。当たり前のような凄く優しい物語だと思いました。2021/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16288640

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。