『これだけは知っておきたい「税金」のしくみとルール改訂新版6版』

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

『これだけは知っておきたい「税金」のしくみとルール改訂新版6版』

  • 著者名:梅田.泰宏
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • フォレスト出版(2020/06発売)
  • もうすぐ七夕!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/5)
  • ポイント 275pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

■令和2年税制改正、完全対応!

本書は、読者のみなさまの厚い支持をいただき
累計10万部を超えるロングセラーとなった
『これだけは知っておきたい「税金」のしくみとルール』の
2020年度(令和2年)の税制改正に完全対応した最新版です。

(令和2年度のおもな改定内容)
・オープンイノベーション促進税制が開始
・5G設備の導入に期間限定で優遇措置が講じられる
・企業版ふるさと納税の控除が拡大
・未婚のひとり親も寡婦控除の対象になる
・ベビーシッターなどの利用料が消費税非課税に
・NISAの新制度が創設
・低未利用地売却益の税負担が軽減
・土地を相続した人に申告が義務付けられる
・所得税の基礎控除引き上げ
・住宅ローン控除の特例が改正
・相続に「配偶者居住権」が認められるように
※その他、各種のデータや話題も最新のものに更新しています。

■暮らしに大きな影響を及ぼす税金を知らないと・・・?
毎日の生活から人生の大きな節目まで、
税金は私たちの生活に密着しています。
それなのに、意外と税金のことってわかっていません。

「勝手に取られるものだし、どうしようもないよ……」
そう感じるあなたの気持ちもわかります。
サラリーマンであれば、所得税や住民税は給料から天引きされているので
どうしようもない、と思ってしまいます。
消費税だって、物を買えば当然のように取られます。

テレビやニュースの「増税、増税」の騒ぎに嫌気を感じながらも、
どこか諦めの気持ちで見ているだけではないでしょうか?

■しかし、税金を負担するのはまぎれもなく、私たち国民です。
「よく知らないけど、取られるからしかたなく払う」
そんな姿勢で本当にいいのでしょうか?

税金を知ることは世の中の流れを知ること!
税金は、私たちの生活に密接に関わっています。
税金は「景気の調整」や「政策の手段」という役割を担っているため、
政府が税金を操作することで景気を抑制・刺激したり、
政策に沿うように私たちの行動をコントロールしているのです。

・副収入や寄付があったとき、医療費がかさんだとき……どうすればいいの?
・配偶者・扶養・医療費など…… どんな所得控除が受けられるの?
・車を買いたいけど、どんな税金がかかるの?
・独立開業、転職のときの税金は?
・マイホームを購入予定だけど、どんな税金がかかるの?

「税金は社会人の常識」です。

■税金に関する疑問のすべてが本書でクリアになります!
「豊富な図表」と「わかりやすい解説」で、一度読んだだけで、
税金の基礎知識がスッキリと頭に入っていきます。
文章を読むのに疲れたときは、左ページの図だけを見てもらってもかまいません。

この1冊さえあれば、あなたはもう、ビジネスでもプライベートでも、
税金で困ることや、知らなくて恥をかくこともなくなるでしょう。

■目次
第1章 まず、税金のことを、大まかに知っておこう!
第2章 個人の「所得」に関わる税金とは?
第3章 会社が納める税金とは?
第4章 遺産相続や贈与に関わる税金とは?
第5章 まだまだある! 仕事と生活に関わる税金