幻冬舎単行本<br> 死という最後の未来

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎単行本
死という最後の未来


ファイル: /

内容説明

歳はひとつ違い、家も近所で、昔からの友人。だが会う機会は多くはなかったという石原氏と曽野氏。そんなふたりが「人は死んだらどうなるのか」「目に見えない何か、はある」「コロナは単なる惨禍か警告か」「悲しみは人生を深くしてくれる」等々、老いや死、人生について語り合う。老境のふたりにとっての孤独や絶望、諦観や悲しみ、そして希望とは。