ワイルドサイドをほっつき歩け ――ハマータウンのおっさんたち

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,485
  • Kinoppy
  • Reader

ワイルドサイドをほっつき歩け ――ハマータウンのおっさんたち


ファイル: /

内容説明

EU離脱、競争激化社会、緊縮財政などの大問題に立ち上がり、人生という長い旅路を行く中高年への祝福に満ちたエッセイ21編。第2章は著者による、現代英国の世代、階級、酒事情ついての解説編。/「世界でいちばん愛すべきおっさんたち(&おばさんたち)が、ここにいる。あんたら、最高すぎるんだけど……」高橋源一郎(小説家)/「イギリスの市井の人の魅力を引き立てるブレイディさんの愛と観察眼と筆力に心を丸ごと持っていかれた。一編一編が人情に満ちた極上のドラマ!」ヤマザキマリ(漫画家/随筆家)/「高みからレッテル貼ってるだけじゃわからない、厄介で愛おしい人生たち!」ライムスター宇多丸(ラッパー/ラジオパーソナリティ)

目次

はじめに おっさんだって生きている
第1章 This Is England 2018~2019
1 刺青と平和
2 木枯らしに抱かれて
3 ブライトンの夢──Fairytale of Brighton
4 二〇一八年のワーキング・クラス・ヒーロー
5 ワン・ステップ・ビヨンド
6 現実に みつかれながら
7 ノー・サレンダー
8 ノー・マン、ノー・クライ
9 ウーバーとブラックキャブとブレアの亡霊
10 いつも人生のブライト・サイドを見よう
11 漕げよカヌーを
12 燃えよサイモン
13 ゼア・ジェネレーション、ベイビー
14 Killing Me Softly──俺たちのNHS
15 君が僕を知っている
16 ときめきトゥナイト
17 Hear Me Roar──この雄叫びを聞け
18 悲しくてやりきれない
19 ベイビー・メイビー
20 「グラン・トリノ」を聴きながら
21 PRAISE YOU──長い、長い道をともに
第2章【解説編】現代英国の世代、階級、そしてやっぱり酒事情
Ⅰ 英国の世代にはどんなものがあるのか
Ⅱ 英国の階級はいまどういうことになっているのか
Ⅲ 最後はだいじなだいじな酒の話
あとがき 風雪ながれUKを生き延びること