誰でもできる! G Suite活用ガイド  関連ハードウェアを使いこなす

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

誰でもできる! G Suite活用ガイド 関連ハードウェアを使いこなす


ファイル: /

内容説明

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は『誰でもできる! G Suite導入ガイド』の姉妹書です。G Suiteを効率よく利用するために用意された、Googleが開発したノードPCであるChromebook、ビデオ会議ソリューションツールG Suite Meeting Solutions、デジタルホワイトボードJamboardの3製品についての使用方法について説明しています。
本書のメインで解説しているのが、Chromebookです。ChromebookはGoogleのChrome OSを搭載したノートPCで、管理が容易で、安価に購入できます。米国の文教市場(K-12、日本でいう高校3年生までの期間)で約6割という圧倒的なOSシェアを持っており、この流れを受けて日本国内でも文教市場を主ターゲットとして、数社のパソコンメーカーが発売中です。また、Chrome OSは軽量であるのが特徴で、電源投入から起動まで数秒です。OSのアップデートは利用中にバックグラウンドで自動実行され、次回起動時には更新後のOSに切り替わります。わざわざアップデートのために、作業を中断する必要がないのです。
企業での利用も始まっており、ChromebookからリモートのWindows環境にアクセスし、あたかもWindows PCのように業務アプリを利用する「シンクライアント」として導入されている例もあります。ChromebookでリモートからWindowsに接続した場合、接続先のWindows環境はクラウド上で集中的に管理されており、業務で扱うデータがクラウドの外に出ることがありません。Chromebook本体には一切データが残らないため、紛失・盗難時のリスクが大幅に下がるという点が評価されています。数年前から、スマホやタブレットのOSであるAndroid用のアプリがChrome OSでも動作するようになったことも評価されています。

目次

はじめに

Chaopter 1 ChromebookとChrome OSの使い方

<ハードウェア編>

<Chrome OSの基本操作編>

<アプリ/拡張機能の追加/削除編>

<標準で利用できるアプリ/拡張機能編>

<おすすめのアプリ/拡張機能編>

<設定変更・カスタマイズ編>


Chaopter 2 Jamboardで情報共有を改革しよう

Chaopter 3 G Suite Meeting Solutionsで会議を改革しよう

Chaopter 4 Chromeデバイスの管理

付録 導入事例

索引