角川書店単行本<br> 暴虎の牙

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

角川書店単行本
暴虎の牙

  • 著者名:柚月裕子【著者】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • KADOKAWA(2020/03発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041088975

ファイル: /

内容説明

広島のマル暴刑事・大上章吾の前に現れた、最凶の敵。愚連隊「呉寅会」を率いる沖虎彦の暴走を、大上とその愛弟子である日岡は止められるのか? 著者の人気を決定づけた警察小説『孤狼の血』シリーズ、ついに完結!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

545
新型コロナウィルス対策購入シリーズ第九弾、柚月 裕子は、新作中心に読んでいる作家です。『孤狼の血』シリーズも読み続けて三部作完結編です。大上死すとも、その精神が生きていました。令和の時代には、広島ヤクザは絶滅危惧種です。本書で「塒(ねぐら)」という字を覚えました。 https://kadobun.jp/special/korou/2020/04/20

ウッディ

465
ヤクザでシャブ中の父への憎しみを心に秘め、呉虎会の頭としてチンピラや暴力団を襲撃する沖虎彦、それを温かく見守る暴対刑事の大上、出所後、暴走する沖を追う日岡、時を経て前2作の主人公二人が出てくる前半と後半に分かれていました。愛する妻と息子を失った事故、パナマ帽の秘密など孤狼の血でその魅力の虜になってしまったガミさんの過去のエピソードが明らかになります。反社会勢力にも、不良刑事にも、それぞれの正義はあり、正義のために筋を通す姿は格好良い。読後に広島弁が口に出てしまうのは、前作と同じでした。面白かった。2020/08/22

テクパパザンビア

311
面白かった。ガミさんが役所広司、日高が松坂桃李になっていて映画のシナリオを読んでるようだった。S 57年とH 16年の設定が良いですね。2020/04/29

うっちー

279
前作の感想でも書きましたが柚月さんは女性ですよね❓2020/06/28

修一郎

273
孤狼の血シリーズ完結編!血が滾る感覚を味わえる極上の一冊です。興奮しっぱなしで大満足です。大神さんと日岡の世代の隔たりがこんな風につながって嬉し限り。繋いだ愚連隊沖虎彦が強烈でまた魅力的だ。ヤクザを恨みに思い潰してやろうと大暴れする暴虎に対して彼を守るべく飄々と立ち回る大上と,大上のイズムを受け継ぐ日岡なのだ。孤狼シリーズ,3部で完結だそう。日岡が暴れるところをもうちょっと見ていたかったという気持はあるけども,時代も区切りだし,これで完結でいいかな。山本周五郎賞,ゼヒ取ってほしい。2020/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15389678

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす