教養としてのコンピューターサイエンス講義 - 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,860
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

教養としてのコンピューターサイエンス講義 - 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識

  • ISBN:9784822288730

ファイル: /

内容説明

デジタル時代で活躍するための「教養」をこの1冊で身につけよう!
プリンストン大学の一般人向け「コンピューターサイエンス」の講義が1冊に。デジタル社会をよりよく生きるための知識を伝説の計算機科学者がやさしくお伝えします。

本書は、私たちの世界(デジタル社会)が、どのように動いているのか、なぜそのしくみになっているのかをもっとも明快かつ簡潔に説明しています。地球上の誰もが読むべきです。
エリック・シュミット、グーグル元CEO、アルファベットテクニカルアドバイザー

コンピューターのハードウェアの基礎からソフトウェア、インターネットからIoT、さらは著作権やプライバシー問題まで、抑えておくべき「デジタル時代の教養」はすべて網羅され、しかもその「広さ」と内容の「深さ」のバランスが良い。
坂村健、IINIAD(東洋大学情報連携学部)学部長、東京大学名誉教授

著者は、伝説的な計算機科学者であるブライアン・カーニハン先生。プログラミング言語の歴史的名著『プログラミング言語C』(通称: K&R本)を書いた人でもあります。そう聞くと「本書は難しいかも」と思われるかもしれませんが、心配はいりません。カーニハン先生がプリンストン大学で一般人向けに行っている講義に基づいているので、理系ではない人にとっても分かりやすく平易に書いてあります。
グーグル元CEO(エリック・シュミット氏)が「地球上の誰もが読むべきだ」と激賞する1冊で、コンピューターとネットの仕組みをさっくり学び、デジタル社会をもっともっと楽しみましょう。

目次

第0章はじめに
第1部ハードウェア
第1章コンピューターの中には何があるのだろう?
第2章ビット、バイト、そして情報の表現
第3章CPUの内部
ハードウェアのまとめ

第2部ソフトウェア
第4章アルゴリズム
第5章プログラミングとプログラミング言語
第6章ソフトウェアシステム
第7章プログラミングを学ぶ
ソフトウェアのまとめ

第3部コミュニケーション
第8章ネットワーク
第9章インターネット
第10章ワールド・ワイド・ウェブ
第11章データと情報
第12章プライバシーとセキュリティ
第13章まとめ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かなた

18
例えで言うなら、ITパスポートの参考書を細かく書いた本です。めちゃくちゃわかりすいかとどうかは個人的には、微妙。2020/02/23

RingWondeRing

7
コンピュータの根本的な構造って、コンピュータが生まれた時から全然変わってないので、少し知っておくとずっとなんとな〜く分かり続けることができて勉強しがいある。特にネットワークは一回わかるとずーっとわかるので便利。プログラミングに関してはローコード開発がどんどこ発展していったら勘所さえ外さなければ(リテラシーさえあれば)誰でも組める時代になるだろうからまさに教養として順次・分岐・反復を知っとくと今後楽しいはず。大阪、長堀の市営駐車場の精算機のロジックには一見バグのような仕様があって面白いよ。2020/08/12

roughfractus02

6
コンピュータの歴史とともに歩んできた著者が、専門知識としてでなく「教養」としてこの分野を講義形式で紹介する理由は、ウェアラブル化して無意識になり、IoT化して環境となるこれらツールが、複雑なリスクと共にあるからだろう。著者はそれらリスクをシステム自身の構造的脆弱性(現状のIoTデバイス等)と、利用者のプライバシーを犠牲にして成り立つ利便性(音声理解、画像認識、言語翻訳等)として示す。利用者の属する世界の法とこのシステムがリンクすることを実感してもらうため、開発の歴史背景と共に説明する点に本書の特徴がある。2020/04/22

結城

3
完読!!!(←フォント100くらいで表示してね) 小難しい題名にも関わらず最初から最後まで わかりやすく丁寧な文章で書かれた、まさにコンピューター科学の基礎知識。「私、文系だからわかんない」と思うそこのあなた、大丈夫です。高校三年間の数学の試験での最高得点が27点だったという私でも読めました。対数も累乗も全然思い出せなかったけど読めました。とにかくこれ一冊読んでおけばもう恥ずかしい思いはしなくて済みます。大丈夫です。コンピューターいけます!2021/01/20

こたろう

3
コンピュータを扱う分野に携わっていない人向けに、最低限のコンピュータに関する知識を解説した本。あのカーニハンが書いた本(これもCSに興味がないと知らないかも知れないが…) あくまで概要レベルの内容なので、コンピュータを仕事にしてる人は、当然知っていないとマズいレベルの内容になっている。少なくとも、国を動かす地位にいる人は、最低限この本にかかれている内容ぐらいは、知っていないと、これからの時代、やっていけないと思う。カーニハンも、本書のまえがき部分で、次の大統領へ〜という内容を書いている。2020/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15361452

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。