角川書店単行本<br> 流浪の大地

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川書店単行本
流浪の大地

  • 著者名:本城雅人【著者】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • KADOKAWA(2020/02発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 450pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

この国に、未来はあるか。

統合型リゾート(IR)をめぐる、情報操作と機密漏洩。黒く塗りつぶされた資料の真実とは。
『ミッドナイト・ジャーナル』『傍流の記者』の著者が放つ、渾身の国家謀略サスペンス。
熱き仕事人たちの誇りを賭けた物語。


大手ゼネコン鬼塚建設の新井は、国内外で数々の工事を成功させてきたが、2年前の談合事件以降、現場を外され閑職に追いやられていた。そんななか、日本初の統合型リゾート(IR)の工事責任者を任され、汚名返上のチャンスと意気込む新井だったが、かつての部下、根元からの不穏な電話に不安を覚える。同じ頃、中央新聞の那智は、伝説の調査報道記者と呼ばれ病に倒れた叔父が残した謎の建設工事資料の解明に取り組んでいた。次第に明らかになるゼネコンの闇と、政財界を巻き込む大きな陰謀。国家プロジェクトとなったIR建設をめぐり、新たな事件が起ころうとしていた――。


「カジノ」「IR」が話題になり始めた頃から、どんな問題が我々の未来に待っているのか、ずっと考えてきました。構想から5年をかけて書き上げた自信作です。
――本城雅人