まんが 超訳『論語と算盤』

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

まんが 超訳『論語と算盤』


ファイル: /

内容説明

もし逆境に立たされたサラリーマンが渋沢栄一『論語と算盤』を読んだら!? 近代日本経済の父・渋沢栄一の名著を現代におきかえ、一番身近で一番読みやすいスタイルに再構成。どんな状況でも運命を切り開き、人生を成功に導く教えが漫画でスラスラわかる! 逆境に立ったときこそ考えるべきこととは何か、やるべきこととは何か。大ベストセラー『現代語訳 論語と算盤』の訳者・守屋淳監修、渋沢栄一の玄孫・渋澤健解説。

目次

まんが 超訳『論語と算盤』によせて
プロローグ 出会い
第1章 僕の「本分」って何だろう? ―処世と信条―
第2章 大きな志と小さな志 ―立志と学問―
第3章 「智、情、意」3つのバランス -常識と習慣―
第4章 できることをコツコツと ―仁義と富貴―
第5章 「ワクワクすること」の強さ ―理想と迷信―
第6章 「行動」を通して自分を磨く ―人格と修養―
第7章 私利私欲より社会の利益 ―算盤と権利―
第8章 「武士道」で「信用」を得る ―実業と士道―
第9章 不安な時期にこそすべきこと ―教育と情誼―
第10章 人事を尽くして天命を待つ ―成敗と運命―
エピローグ 成功とは結局…
解説 今、なぜ渋沢栄一なのか?
渋沢栄一と竹田和平