中公文庫<br> 楠木正成(下)

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

中公文庫
楠木正成(下)

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 中央公論新社(2019/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784122042186

ファイル: /

内容説明

正成は巧みな用兵により幕府の大軍を翻弄。ついに京を奪還し倒幕は成る。しかし……。悪党・楠木正成の峻烈な生き様を迫力の筆致で描く、渾身の歴史巨篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みやこ

73
わかってる。わかってるけど悔し泣き。←顕家が都に駆けてきた場面で。朝廷と新田の馬鹿さ加減には怒りしかない。諦念しかなかった正成。父に裏切られた大塔宮。彼らが追い求めたものが、築こうとしたものが幻だったと気づいた時の無力感が半端ない。自分のことだけを考えていたのならもっと穏やかに暮らせただろう。だが、彼らは考えた。この国の在り様を。未来を。その結果がこれ?と理不尽に震える。時代を俯瞰していた尊氏。今回初めて尊氏の人となりをかっこいいと思った。最後の尊氏と正成の邂逅がとても好き。そして読後には虚しいため息。→2019/03/21

sakap1173

34
本作においては、湊川の戦い、桜井の別れといった有名な正成の最後までは描かれていません。しかし、余韻を残すエンディング。北方謙三先生らしいかもしれませんね。 次も北方先生の南北朝ものを続けて読むか、しばし歴史物から離れて別のジャンルにするか、どうしようか検討中です。2021/04/01

T2y@

23
楠木正成も勿論だが、正成との対話から描かれる尊氏像も、人間的魅力が際立つ英傑として描かれている。 この辺は北方先生やはりうまい。 南北朝時代は、自らの知識が浅いこともあるが、戦国・幕末と並んで、もっと深く知るべき時代であると直感した。2014/07/19

くみ

22
大塔宮様と鎌倉幕府倒幕を「公家と悪党で!」と意気込んでいたものの、最終局面で「武士」の足利尊氏参戦で見果てぬ夢に。私の勉強不足で「悪党」と「武士」の違いがイマイチ分かってないので、正成の落胆が染み込むように理解してあげられない、、ごめん。大塔宮様とは利で結びついてたはずが最後には情に変わり燃え尽きた正成。大塔宮様死後、本人の希望通りに河内の山中で過ごさせてあげたかったなあ。。尊氏は弱くも強くもある人物として描かれますが、それがとても魅力的に思えました。年明けから新鮮な一冊。ご紹介ありがとうございました!2018/01/07

TheWho

21
下巻に入り後醍醐天皇と護良親王に呼応して楠木正成が挙兵する。そして笠置山の陥落、吉野、赤坂城などの攻防、そして千早城の戦いを軸に各地の悪党の蜂起と六波羅との攻防など、悪党軍と護良親王の奮戦を語られている。正成は、既成の武士の時代を崩壊させる事が悪党の生き残る道と確信し、はからずも後醍醐天皇を担ぐ事により新しい時代を創る壮大な夢にかけた人間として描かれている。決して滅私暴行の忠臣としての正成とは違い、己の夢にかけた骨太な魅力ある人として描かれている。従来の正成を覆す魅力的な人物を語る面白い歴史物語です。2014/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/534276

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす