おれたちを齧るな! わしらは怪しい雑魚釣り隊

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

おれたちを齧るな! わしらは怪しい雑魚釣り隊

  • 著者名:椎名誠【著】
  • 価格 ¥1,485(本体¥1,350)
  • 小学館(2019/11発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

まだまだわしらはバカなのだ!

伝説の「あやしい探検隊」結成から、既に50年以上の月日が経った。
その正統後継団体として発足した「雑魚釣り隊」は、今も週刊誌連載を主戦場に、毎月、日本全国のどこかの海や川、沼や水たまりに集まり、竿を出しては雄叫びをあげている。

シリーズ第7弾となる今作では、誰が一番うまい魚を釣ってくるのかを競う「第1回雑魚釣りステークス」が開かれたのを皮切りに、冬の館山ではカワハギの肝をたくさん食べる痛風肝試しに挑戦。夏の東京湾では干潟でアナジャコたちと手にハサミ握り合う激闘を繰り広げた。

そして、クライマックスは能登半島の超特級キャンプ場で繰り広げられた酒と幻の高級魚にまみれた大宴会! なんと、その一部始終は地元テレビ局の特番で放映されてしまったという。はたして苦情は殺到しなかったのか?

依然、進化も成長もしないおバカな男たちの行状記。とくとご覧あれ。