マイナビ出版ファン文庫<br> 百鬼あやかし診療所

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

マイナビ出版ファン文庫
百鬼あやかし診療所

  • ISBN:9784839969905

ファイル: /

内容説明

12歳のときに事故で両親を亡くした主人公の梨花。
その後親戚中をたらい回しにされ、各家庭で「厄介者」として不遇な扱いを受けていた。
ある日、遠い親戚の友人だという百鬼(なきり)に引きとられ、
百鬼が東京の神楽坂で経営する『百鬼あやかし診療所』でお手伝いをすることに――。

不思議な診療所を舞台に巻き起こる人間とあやかしのほのかな恋愛物語。

■著者
長尾彩子(ながお・あやこ)
東京都出身。「にわか姫の懸想」で、2010年度ノベル大賞受賞。
代表作に『千早あやかし派遣會社』がある。

■カバーイラスト
hagi

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はつばあば

46
表紙の絵も見ずただただ読んでいると、どこからか「古城」が聴こえて雰囲気が盛り上がった(笑)。狐の神様がツンデレで・・こういう可愛いツンデレさんは我が家の猫しかいない(#^^#)。2019/12/11

あゆみ

22
★★★★☆ 『千早あやかし派遣會社』シリーズが好きなので、千早、由莉、豆大福の登場が何より嬉しい!「大切に手をかけて育ててやった蝶の翅を毟るのは愉しいからな。俺は極上の快楽を得るためならば、手間と時間を惜しまない主義」と言いながら憎い巫女姫の生まれ変わりである由莉を過保護に溺愛する青依が、5年前封印から目覚め弱っていた時に助けてくれたのが梨花だと終盤梨花の背中の傷を診るまで気づかなかった、というのが解せない。いずれ復讐すると言いながらも恩人なので溺愛しているツンデレという設定の方が納得いく。→2020/02/21

Kana

18
好きな作家さんの作品。千早あやかし派遣會社の由莉と千早と豆大福が出てきて嬉しくなった。主人公の梨花を後見人として引き取った青依のツンデレぶりが面白い。うさぎの張子の白玉団子も可愛い。梨花と青依がどうなっていくのか楽しみ。2020/03/26

にゃうぴょん

16
千早あやかし派遣會社の千早、由莉、豆大福に会えて懐かしくまたその後が見たいなと思います。青依と梨花のツンデレからの激甘に続きが楽しみです。2019/12/16

りりす

3
莉莉斯さん。ホントーに長尾彩子先生だったとわ。。。アーア。残念。アンチのふりだけでないヘンな小細工するから。年齢詐称の自白すぐ消しとか。。Twitter。5ちゃんねる。読書メーター。yahoo質問。amazon。頭冷やしてネットから離れたら。&悪口イヤガラセしてきたオレンジ編集部や作家さんたちに謝り反省するのを奨めますです。。。いつか長尾先生がまごころをとり戻しますように。2019/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14571500

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。