哲学人生問答 17歳の特別教室

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

哲学人生問答 17歳の特別教室

  • 著者名:岸見一郎【著】
  • 価格 ¥1,353(本体¥1,230)
  • 講談社(2019/10発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065173824

ファイル: /

内容説明

「いじってくる相手との距離の取り方がわかりません」「給料とやりがい、どちらで仕事を選べば幸福になれますか」「ありのままの自分を受け入れられません」「嫌いな人との付き合いが避けられない時、どうしたらいいでしょうか」「自殺しようとしている人を止めるのは善でしょうか、悪でしょうか」現役高校生と哲学者が熱くたたかわせた、本気の人生問答。「生きていくこと」「幸福になること」についての高校生からの人生相談に、哲学者の岸見一郎さんが先人の知恵を生かして真摯に答えます。大人前夜のきみたちへ。学校では教えてくれない本物の知恵を伝える白熱授業。「17歳の特別教室」シリーズ第4弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mukimi

97
アドラー心理学を世に広めた筆者による高校生との人生問答。アドラー心理学は色々なことに開眼させてくれた一方解せない部分もあり、自分の思考の癖に気付かされる。それは特に教育論の分野で強い。親の期待に応えるための受験勉強は思考停止だからやりたいことは自分で考えろと高校生にいうのはやはり放任と感じてしまう…思考停止で勉強したから今の仕事に就けているのだし凡ゆる誘惑を謝絶した親には感謝している。だがもし受験で失敗していたら親を憎んでいたのかもしれない。あの思考停止時代を取り返すべくもっともっと自分の頭で考えねば。2021/03/20

にゃおんある

37
備忘録。不惑の年齢は過ぎたけど哲学がないと前に進まない。とはいえ今は哲学書を読むほどエネルギーが欠けているのでこの本を読むー 次に何ができるか考えることから出発することが大切。焦らない。自分に無理強いをさせることは、二階に行くのに梯子をかけずに行ようなもの。どのように梯子をかけるか考える、本当に二階に行くことが大切なのかも考える、何かの型にハマった生き方をする必要はない。著者は受験のときに哲学の授業を学んだ。担任から母親に辞めるよう勧められ、父親からも後押しされるが、母は著者の選択すべてを頑なに肯定した。2020/04/13

tenori

25
「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」の岸見一郎さんが母校・京都洛南高校で行った特別授業を生徒とのQ&A方式でまとめた本。どことなく説教じみた感じを受けてしまうのは、質問をする生徒側が率直かつ高度な感性をぶつけてくるからか。タイトルには「17歳の特別教室」とあるが、その世代の年齢層が抱える悩みに向き合うと言う意味では、むしろ親世代にこそ刺さる内容かもしれない。2020/03/19

mana

18
ギリシア哲学、アドラー心理学が専門の岸見先生が、洛南高校で行った講義をもとに書かれた本。口語で説明される文が苦手なので好みではなかったが、「人の評価は気にしない」「嫌われることを恐れない」「自分の人生を生きる」というメッセージはとても伝わってきた。高校生や大学生だけでなく、大人の方にもおすすめ。2020/06/23

かずぼん

17
岸見一郎という名前はどこかで見たことがある、程度の認識だったが、読み始めると、あの『嫌われる勇気』の著者だったことを知るという情けなさ。このシリーズの他の書とは多少異なり、洛南高校という進学校(著者の母校でもある)の生徒たちの質問に答える形を採っている。質問は高校生ならではの人間関係の悩み、進路の悩み等が圧倒的に多い。それゆえに、言い方は違うが、今は、未来のためにあるという考えではなく、今のためにあるという考えに立つこと、今は仮の人生ではなく、今が人生であるという趣旨の事が繰り返し述べられている。納得。2020/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14573320

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。