大家さんと僕 これから

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader

大家さんと僕 これから

  • 著者名:矢部太郎【著】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • 新潮社(2019/07発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784103512134

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

季節はめぐり、初めての単行本が大ヒットとなった僕は、トホホな芸人から一躍時の人に。忙しい毎日を送る一方、大家さんとの楽しい日々には少しの翳りが見えてきた。僕の生活にも大きな変化があり、別れが近づくなか、大家さんの想いを確かに受け取り「これから」の未来へ歩き出す僕。美しい感動の物語、堂々完結。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

294
前作に続き、穏やかでホッコリなお話。大家さんの気遣いと冷静さ、矢部さんの思いやりと動揺、喜びと切なさを感じさせてくれます。…雨の日に、一本の傘で家に帰る姿は心惹かれます。…昔は調べたいものがあったら本屋さんに行って、今ほど本もないから見つからなくて、電車で上野の図書館に行ったのよ。大家さんの一言に心が揺れ動きます。…急いだ登りでは見えなかった景色を、ゆっくりと景色を楽しみながら下っているんだ。慌ただしい生活の中で大切なことを教えてくれます。…とても嬉しかったわ。矢部さん、これからが長いわよ。元気でいてね。2021/07/13

本読みたぬき

293
前作より老いと死に正面から向き合っていてせつない。戦争、離婚を経験し、子供のいない大家さんだけど、人生の最後に年下の彼氏と半同棲(?)して素敵な漫画になり、沢山の人に愛された大家さんは幸せだったのだろう。樹木希林主演で映画が観たかったな。大家さんと希林さんに合掌。2019/08/05

修一郎

288
続編は,大家さんとの別れを間に挟んでの連載で,入院の様子やその後が描かれています。身内同然となった矢部さんと大家さんとの穏やかでほのぼのとした生活ぶりです。続編を描くきっかけになった先輩もまんまそっくりに御登場なのですぐわかります。事実そのままではないですが,大家さんとの記憶のかけらを繋いで創りあげた素敵なエピソードの数々でした。大家さんらしい伊勢丹愛,戦争中の想いも満載。矢部さん,続いてお父さんのお話を描いているそう,それも読みます。2020/09/01

ちいこ

280
最終話を描いている矢部さんをテレビカメラで追いかけていた深夜番組を偶然観ていた時から、発売されるのを待っていました。温かい気持ちがたくさん詰め込まれた素敵な本でした。2019/07/26

Die-Go

263
図書館本。コンビ芸人カラテカの1人矢部太郎が住まう部屋の一階には大家さんが住んでいる。その大家さんと矢部太郎との交流を矢部が描く。ほっこり、優しくなる物語。★★★★☆2019/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14068763

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす